アンテナショップ@東京

かごしま遊楽館

有楽町で「鹿児島」を味わう

有楽町駅日比谷口から徒歩約5分、日比谷駅A4出口からすぐの同館。近くに東京宝塚劇場や日比谷シャンテがあり、観劇などの帰りに立ち寄る人も多い

有楽町駅日比谷口から徒歩約5分、日比谷駅A4出口からすぐの同館。近くに東京宝塚劇場や日比谷シャンテがあり、観劇などの帰りに立ち寄る人も多い

  • 有楽町駅日比谷口から徒歩約5分、日比谷駅A4出口からすぐの同館。近くに東京宝塚劇場や日比谷シャンテがあり、観劇などの帰りに立ち寄る人も多い
  • 日比谷シャンテ側入り口から入ってすぐのところには、イベント販売コーナーや人気のさつま揚げコーナーがある。約10種のさつま揚げのなかには、鹿児島から空輸で直送されるものも
  • 3階にある工芸品などの展示・販売コーナーには薩摩切子や薩摩焼などが並ぶ。奥にはイベントスペースがあり、様々な催しが開かれる

 東京・有楽町の晴海通りの近く。ゴジラ像と国内外の映画スターら75人の手形で知られる「合歓(ねむ)の広場」の真向かいのビルの1~3階にある。1995年にオープンした。遊楽(ゆうらく)館の名称は、有楽町をもじって名付けられた。

 十数人のスタッフの半数は鹿児島出身。郷土色豊かな雰囲気を懐かしんでリピーターになる人も多いという。

 1階の「さつまいもの館」には、特産品約800種類が並んでいる。日比谷シャンテ側の入り口を入ってすぐのところには、できたてのさつま揚げを提供するコーナーがある。奥に進むと棚一面に約100種の芋焼酎や黒糖焼酎がずらり。不定期に開催される試飲会できき酒ができる楽しみも。また、1階には県の観光案内コーナーもあり、各地の観光パンフレットや情報誌が手に入り、気軽に旅行の相談もできる。

 2階はレストラン「遊食豚彩(ゆうしょくとんさい)いちにいさん」。黒豚のしゃぶしゃぶやカツオのたたき、キビナゴを使った郷土料理などのメニューが人気で、昼間は周辺のサラリーマンでにぎわう。

 3階には、工芸品や郷土玩具、化粧品など約1千種類を展示・販売する「鹿児島ブランドショップ 東京店」がある。薩摩切子や大島紬など、職人技が光る伝統工芸品が目を引く。「さつまいもの館」で選んだ焼酎を、この薩摩切子や薩摩錫器(すずき)に注いで飲めば、自宅でも鹿児島にいる気分になれるかも。奥のイベントスペースでは年20回ほどの頻度で、生産者による伝統工芸品の展示・販売など様々な催しを企画している。県内の職人が制作を実演する企画などもある。

 2018年のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」のメイン舞台でもある鹿児島。その魅力をいちはやく有楽町で感じてみてはいかがだろうか。

(大野紗弥佳)

プレゼント

鹿児島特産品4点セット★鹿児島特産品4点セットを
 5人にプレゼント!

※応募には朝日マリオン・コムの会員登録が必要です。以下の応募ページから会員登録を行って、ご応募ください。

→終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

 

マリオン編集部員おすすめの5品

陽出(ひいず)る國(くに)の黒いダイヤ

【1】陽出(ひいず)る國(くに)の黒いダイヤ
 (朝日酒造、120グラム、594円)

 農薬や除草剤、化学肥料不使用のサトウキビだけからとった黒糖。
 旬の時期にしか販売しない一品で、甘くやわらかい食感が特長だ。
 焼酎の原料にもなっている。
 鹿児島では定番のおやつで、茶うけにするという。

 

有機安納(あんのう)芋ジャム

【2】有機安納(あんのう)芋ジャム
 (かごしま有機生産組合、150グラム、810円)

 種子島の安納地区で有機栽培されたサツマイモ「安納芋」を原料にした手作りジャム。
 ねっとりとした甘さで、蜜芋と呼ばれるもののひとつ。
 そのままパンに塗って食べるのがおすすめ。

 

特上煎茶霧島茶

【3】特上煎茶霧島茶
 (ヘンタ製茶、40グラム、778円)

 緑茶の生産高が静岡県に次いで全国第2位の鹿児島県。
 急須で注いだときに色が良く、甘みのあるお茶である。
 JR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」が鹿児島県内を走っている時のティータイム用のお茶に出されている。

 

きびなごオイル漬「オリーブオイル&バジル」

【4】きびなごオイル漬「オリーブオイル&バジル」
 (島興、80グラム、700円)

 甑島(こしきしま)産のキビナゴを、イタリアン風味に仕上げた加工品。
 頭と尾を切り、骨まで軟らかく調理したためそのままでも食べられる。パスタやピザに入れるなどのアレンジや、焼酎やワインなどのつまみにも。

 

黒豚しゃぶ

【5】黒豚しゃぶ
 (遊食豚彩いちにいさん、3200円)

 黒豚をそばつゆで食べるオリジナルメニュー。
 サツマイモで育てた黒豚は独特のうまみと甘みが増すという。地元の生じょうゆとザラメなどを使用したそばつゆに特製のゆずこしょうと、菱刈産の金山ネギの薬味がさらにおいしさを引き立てる。

 

ショップデータ

かごしま遊楽館

東京都千代田区有楽町1の6の4、千代田ビル1~3階(有楽町駅、日比谷駅)
【さつまいもの館 1階】
 TEL:03・3580・8821
 営業時間:午前10時~午後8時、土日祝日は7時まで
【観光案内コーナー 1階】
 TEL:03・3506・9174
 営業時間:午前10時~午後6時
【レストラン 遊食豚彩いちにいさん 2階】
 TEL:03・3501・3123
 営業時間:午前11時半~午後10時、日祝は9時半まで
【鹿児島ブランドショップ 東京店 3階】
 TEL:03・3506・9171
 営業時間:午前10時~午後6時
URL:https://www.pref.kagoshima.jp/yurakukan/

 さつまいもの館 お客様担当 久保清久さん

久保清久さん 鹿児島は遠いので、なかなか足を運ぶ機会は少ないと思います。なので、東京の有楽町にある当館へ気軽に来ていただけたらと思います。そして、少しでも「鹿児島」を感じていただけたらうれしいです。旬の特産品や伝統工芸品など、魅力的な品物をたくさんご用意してお待ちしております。

(2017年4月17日掲載。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アンテナショップ@東京」の新着記事 一覧を見る
京都館

京都館

サラリーマンや旅行者でにぎわうJR東京駅。八重洲中央口からまっすぐに延びる八重洲通りと外堀通りの交差点の角に京都市のアンテナショップ「京都館」がある。

わかやま紀州館

わかやま紀州館

有楽町駅からすぐの東京交通会館はアンテナショップの名所で、日本各地の物産や観光情報を手に入れられる。その地下1階にある「わかやま紀州館」の店先には、和歌山県の旬の農産物がずらり。人々が足を止めて品定めする。

銀座NAGANO

銀座NAGANO

東京・銀座5丁目、すずらん通り沿いに、木目のファサード(建物の正面)が印象的な建物がある。入り口付近には新鮮な野菜や果物が並び、カウンターではグラスワインを楽しむ人の姿。ここが長野県のアンテナショップだとわかるまでに少し時間がかかりそうだ。

茨城マルシェ

茨城マルシェ

JR有楽町駅から徒歩約3分の首都高速高架下に、赤いオーニング(建物入り口の日よけ)と看板が目に入る。ついのぞいてみたくなるガラス張りのお店だ。

新着コラム 一覧を見る
Animal 2012-01B 三沢厚彦作(東京都千代田区)

アートリップ

Animal 2012-01B 
三沢厚彦作(東京都千代田区)

高級ブランド店やオフィスビルが立ち並ぶ東京・丸の内仲通り。大きな白トラが、四つ足を踏ん張って歩道に立つ。近寄って金色の瞳をのぞき込むと、次の瞬間襲いかかってくるようで、ドキリとした。

茶道具【上】 MOA美術館

目利きのイチオシコレクション

茶道具【上】 MOA美術館

一服の茶を通じて、人の心と心を通わす茶の湯。亭主は掛け物や花など折々の趣向を凝らして茶室を設(しつら)え、茶碗(ちゃわん)から茶杓(ちゃしゃく)まで道具を組み、客をもてなします。MOA美術館の創設者・岡田茂吉氏も茶を嗜(たしな)みました。

三菱一号館美術館

気になる一品

三菱一号館美術館

ロートレックらの版画やポスターなどが並ぶ「パリ・グラフィック」展。ショップでは、ロートレック作品の一部をほぼ原寸大でプリントしたポーチを販売中だ。

人形町志乃多寿司(しのだずし)總本店@人形町

街の十八番

人形町志乃多寿司(しのだずし)總本店@人形町

創業は1877(明治10)年。広島藩の江戸詰藩士だった初代吉益(よします)啓蔵が明治維新を機に、いなり寿司の屋台に転業。「明治座など芝居小屋周辺には飲食の屋台が並んでいたそうです」と5代目の吉益敬容(たかひろ)さん(46)。

お知らせ(更新情報)

2018年カレンダープレゼント

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。