オトコの別腹

吉田悟郎さん
「甘藷(かんしょ)生駒」の大学芋 うす切り

「甘藷(かんしょ)生駒」の大学芋 うす切り

「甘藷(かんしょ)生駒」の大学芋 うす切り

  • 「甘藷(かんしょ)生駒」の大学芋 うす切り
  • 吉田悟郎さん

 ジムで一緒のおじさんたちからうわさを聞き、店を見つけました。普通、大学芋っておなかにたまるけど、これは軽い。この薄さが僕にはちょうどいいんです。芋が香ばしく、しっかりした硬い食感。ポテトチップスみたいに食べ出すと止まりません。甘すぎないから、1パック丸ごといけちゃいますね。

 家で急須にお茶をいれて、一緒に味わうのが至福の時間です。気に入ったので、試しに家で作ってみたら、蜜と芋の絡み具合が難しい。これは、芋の中にできた空洞に蜜が入り込んでそこもまたおいしいんです。

 通販のCMのおかげで話題にして頂きましたが、今も宅配便のアルバイトを続けています。いずれは俳優一本でやっていきたいですね。でも甘い物を食べ過ぎると太るので、今はジョギングで長い距離を走った後に食べるように心がけ、カロリーをプラマイゼロにしています。

 

◆東京都大田区北馬込2の27の11(TEL03・3774・2955)。
 1パック300円。
 午前9時~午後7時。
 (水)休み。


 よしだ・ごろう 俳優。
 アマゾンプライムのCMで話題に。3月9日~22日、東京・新宿のSPACE雑遊で舞台「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」に出演予定。

(2017年2月16日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「やまり菓子舗」の芋ようかん

奥山清行さん
「やまり菓子舗」の芋ようかん

母と妹も芋ようかんが好きで、昔から各地に行くたびにお土産にすると喜んでくれて。なかでも、このようかんは飛び抜けておいしいんです。

「ラ・テール」の大地のプリン「ウ・オ・レ」

横田龍儀さん
「ラ・テール」の大地のプリン「ウ・オ・レ」

東京で一人暮らしを始めてから、毎日のように甘い物を買って、お風呂上がりに食べています。さっぱりして、襟を正して食べる。そんな感覚です。

「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風

鎌田實さん
「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風

鮮やかな赤色に目が奪われましたね。ディナーでワゴンにずらっと並ぶデザートも魅力的だけど、イチゴが旬の時しか食べられないからメニューにあると必ず注文します。「カルメンの季節が来たな」ってね。

「フジパン」の大福みたいなホイップあんぱん

矢本悠馬さん
「フジパン」の大福みたいなホイップあんぱん

粒あんとホイップクリーム、和と洋をパンに入れる発想に驚いたな。ホイップは苦手だったけど、これはクリーミーでおいしい。

新着コラム 一覧を見る
光のトンネル・大宇宙 天津恵(あまつけい)作(島根県浜田市)

アートリップ

光のトンネル・大宇宙 
天津恵(あまつけい)作(島根県浜田市)

日本海を望む丘陵から、子どもたちの元気な声が聞こえてきた。その声の先に、高さの異なる色鮮やかなコンクリート製ブロックを並べて構成した「光のトンネル」がある。

「赤阪 旅舎招婦ノ図(りょしゃしょうふのず)」

美博ノート

「赤阪 旅舎招婦ノ図(りょしゃしょうふのず)」

風景が中心の「東海道五拾三次」の中で、室内をテーマにした珍しい作品。赤坂宿(現愛知県豊川市)の旅籠(はたご)、大橋屋が舞台だ。

浮世絵【下】 山口県立萩美術館・浦上記念館

目利きのイチオシコレクション

浮世絵【下】 山口県立萩美術館・浦上記念館

公立美術館では珍しく、浮世絵をコレクションの中心にしているのは、山口県萩市の県立萩美術館・浦上記念館です。菱川師宣(もろのぶ)や月岡芳年(よしとし)ら、江戸前期から幕末・明治期までの代表的な絵師の版画約5500点を収蔵しています。

森アーツセンターギャラリー

気になる一品

森アーツセンターギャラリー

ロシアのエルミタージュ美術館所蔵作品を紹介する「大エルミタージュ美術館展」(6月18日まで)。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)

【携帯(フィーチャーフォン)サイト終了のお知らせ】

→詳しくはこちら