オトコの別腹

鎌田實さん
「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風

「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風

「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風

  • 「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風
  • 鎌田實さん

 鮮やかな赤色に目が奪われましたね。ディナーでワゴンにずらっと並ぶデザートも魅力的だけど、イチゴが旬の時しか食べられないからメニューにあると必ず注文します。「カルメンの季節が来たな」ってね。

 無理に痩せようとせず「ちょい太でいい」と思っている僕にとって、何カ月かに一度の「キャンティ」での食事は「ハレの日」。前菜からデザートまで、好きな物を選んで、食べる量も調整できるのがうれしいんです。

 ポートワインやリキュールを使ったソースは、イチゴの果肉感が残っていて、その口当たりがとてもいいんですよ。バニラアイスの甘さとソースの酸味とのバランスもちょうど良く、いつもレギュラーサイズのハーフを頼みます。カルメンで締めると、食事全体の満足感が高まりますね。

 10年ほど前から、イラクへ医療支援に行っています。現地では甘党の人が多く、お菓子の屋台をよく見かけます。彼らにとっても、スイーツを食べている時は、少しだけ特別な時間なんじゃないかな。

 

◆飯倉片町本店 東京都港区麻布台3の1の7の地下1階(TEL03・3583・7546)。
 時価(2千円程度、4月末までの季節限定)。
 午前11時半~午後10時(ラストオーダー)。
 不定休。西麻布店でも。


 かまた・みのる 諏訪中央病院名誉院長・作家。
 NPO法人「日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)」代表。近著に「検査なんか嫌いだ」(集英社)など。

(2017年4月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「クリスピー・クリーム・ドーナツ」のオリジナル・グレーズド

増田修一朗さん
「クリスピー・クリーム・ドーナツ」の
オリジナル・グレーズド

15年前、アメリカに語学留学をしていたときに店に連れて行ってもらったのが最初です。行列に並んでいると、焼きたてを配ってくれるんですよね。まず、アツアツのドーナツに衝撃。そして軟らかい!

「トロワシャンブル」のチーズケーキ・レア

島田大介さん
「トロワシャンブル」のチーズケーキ・レア

昭和55年創業の下北沢の喫茶店です。20代の頃はバンド仲間や芝居をやっている友だちと、安い居酒屋で飲んだ後に行くこともありました。その後一度離れた街でしたが、事務所を構えたことがきっかけでまた通うようになったんです。

「大判焼き しゃるむ」の小倉あん

木根尚登さん
「大判焼 しゃるむ」の小倉あん

店主は、この街の名物おじさん。ちっさいお店で、暑い日も寒い日も365日、1人で焼いている。怖い顔でね。いい人だと思うんですけど。ここに越してきた約30年前、仕事の帰り道に行列を見て買ったのが懐かしい。

「木野養蜂場」の蜂蜜

中原丈雄さん
「木野養蜂場」の蜂蜜

僕は熊本県人吉市出身ですが、20年ほど前、親が県内の球磨郡湯前(ゆのまえ)町に移り住みました。ある時、その家に行ったらこのハチミツがあったんですよ。近くの養蜂場のだって言うから、母と一緒に行ってみたんです。

新着コラム 一覧を見る
「天下一品」のこってり

おんなのイケ麺(めん)

滝沢カレンさん
「天下一品」のこってり

高校3年生の時、学校帰りに友だちと寄り道して入った天下一品さんで、この「こってり」を食べてから、ラーメン愛が花開きました。

志賀理江子「予感と夢」

美博ノート

志賀理江子「予感と夢」

1組4作家の作品から、家族や土地など身近な関係性の中に潜む「現代の物語」を読み解く本展。

書【下】 台東区立書道博物館

目利きのイチオシコレクション

書【下】 台東区立書道博物館

書聖・王羲之(おうぎし)を学ばずして大成した書家はいません。書・画・篆刻(てんこく)の大家、呉昌碩(1844~1927)もその一人。

高炉モニュメント 倉田光吾郎作(千葉市中央区)

アートリップ

高炉モニュメント 
倉田光吾郎作(千葉市中央区)

サッカー少年たちの声が飛び交う公園の一角に、不思議な鉄の物体が。高さは約12メートル。赤茶けた胴体にパイプが張り巡らされている。ジブリ映画の一場面に出てきそうだ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。