オトコの別腹

鎌田實さん
「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風

「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風

「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風

  • 「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風
  • 鎌田實さん

 鮮やかな赤色に目が奪われましたね。ディナーでワゴンにずらっと並ぶデザートも魅力的だけど、イチゴが旬の時しか食べられないからメニューにあると必ず注文します。「カルメンの季節が来たな」ってね。

 無理に痩せようとせず「ちょい太でいい」と思っている僕にとって、何カ月かに一度の「キャンティ」での食事は「ハレの日」。前菜からデザートまで、好きな物を選んで、食べる量も調整できるのがうれしいんです。

 ポートワインやリキュールを使ったソースは、イチゴの果肉感が残っていて、その口当たりがとてもいいんですよ。バニラアイスの甘さとソースの酸味とのバランスもちょうど良く、いつもレギュラーサイズのハーフを頼みます。カルメンで締めると、食事全体の満足感が高まりますね。

 10年ほど前から、イラクへ医療支援に行っています。現地では甘党の人が多く、お菓子の屋台をよく見かけます。彼らにとっても、スイーツを食べている時は、少しだけ特別な時間なんじゃないかな。

 

◆飯倉片町本店 東京都港区麻布台3の1の7の地下1階(TEL03・3583・7546)。
 時価(2千円程度、4月末までの季節限定)。
 午前11時半~午後10時(ラストオーダー)。
 不定休。西麻布店でも。


 かまた・みのる 諏訪中央病院名誉院長・作家。
 NPO法人「日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)」代表。近著に「検査なんか嫌いだ」(集英社)など。

(2017年4月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「やまり菓子舗」の芋ようかん

奥山清行さん
「やまり菓子舗」の芋ようかん

母と妹も芋ようかんが好きで、昔から各地に行くたびにお土産にすると喜んでくれて。なかでも、このようかんは飛び抜けておいしいんです。

「ラ・テール」の大地のプリン「ウ・オ・レ」

横田龍儀さん
「ラ・テール」の大地のプリン「ウ・オ・レ」

東京で一人暮らしを始めてから、毎日のように甘い物を買って、お風呂上がりに食べています。さっぱりして、襟を正して食べる。そんな感覚です。

「フジパン」の大福みたいなホイップあんぱん

矢本悠馬さん
「フジパン」の大福みたいなホイップあんぱん

粒あんとホイップクリーム、和と洋をパンに入れる発想に驚いたな。ホイップは苦手だったけど、これはクリーミーでおいしい。

「明治」のガルボミニ ポケットパック

安井順平さん
「明治」のガルボミニ ポケットパック

どちらかというと、ポテトチップスとか、しょっぱいお菓子をよく食べますね。でも、舞台の稽古中は急に甘い物を摂取したくなるんです。

新着コラム 一覧を見る
谷川晃一さん(画家) 「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年)

私の描くグッとムービー

谷川晃一さん(画家)
「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年)

レンタルDVDで見て気に入り、DVDを購入した一本です。1960年代初頭の米テキサス州。14歳の孤独な少年ウォルターは、夏休みに2人の大伯父、ハブとガースの元に預けられます。

富田染工芸@新宿

街の十八番

富田染工芸@新宿

神田川沿いでは、江戸時代から染色産業が栄え、新宿区の落合・中井地区の地場産業として根付いた。

ブームの卵

ブームの卵

4月21日 注目グッズ
「トビイシ ステッピングストーン」など

宅配便やお客さんが来た時、玄関で靴を履くのってもどかしい……。そんなあなたは、「トビイシ ステッピングストーン」(直径15×高さ2.5センチメートル、1944円)を使ってみては?

「オッティ」のしらすとブロッコリーとフルーツトマトのガーリックオイル パクチーのせ

おんなのイケ麺(めん)

有森也実さん
「オッティ」のしらすとブロッコリーとフルーツトマトのガーリックオイル パクチーのせ

パクチーをのせたパスタって珍しくないですか?ここはパスタの具材の組み合わせが独創的でおもしろいイタリアンのお店です。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)

【携帯(フィーチャーフォン)サイト終了のお知らせ】

→詳しくはこちら