オトコの別腹

鎌田實さん
「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風

「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風

「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風

  • 「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風
  • 鎌田實さん

 鮮やかな赤色に目が奪われましたね。ディナーでワゴンにずらっと並ぶデザートも魅力的だけど、イチゴが旬の時しか食べられないからメニューにあると必ず注文します。「カルメンの季節が来たな」ってね。

 無理に痩せようとせず「ちょい太でいい」と思っている僕にとって、何カ月かに一度の「キャンティ」での食事は「ハレの日」。前菜からデザートまで、好きな物を選んで、食べる量も調整できるのがうれしいんです。

 ポートワインやリキュールを使ったソースは、イチゴの果肉感が残っていて、その口当たりがとてもいいんですよ。バニラアイスの甘さとソースの酸味とのバランスもちょうど良く、いつもレギュラーサイズのハーフを頼みます。カルメンで締めると、食事全体の満足感が高まりますね。

 10年ほど前から、イラクへ医療支援に行っています。現地では甘党の人が多く、お菓子の屋台をよく見かけます。彼らにとっても、スイーツを食べている時は、少しだけ特別な時間なんじゃないかな。

 

◆飯倉片町本店 東京都港区麻布台3の1の7の地下1階(TEL03・3583・7546)。
 時価(2千円程度、4月末までの季節限定)。
 午前11時半~午後10時(ラストオーダー)。
 不定休。西麻布店でも。


 かまた・みのる 諏訪中央病院名誉院長・作家。
 NPO法人「日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)」代表。近著に「検査なんか嫌いだ」(集英社)など。

(2017年4月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「チョコレートショップ」の博多の石畳

小久保裕紀さん
「チョコレートショップ」の博多の石畳

20年くらい前かな。僕の誕生日に、知人がこのケーキにデコレーションを施してプレゼントしてくれたんです。

「総本家 黒田家」の草木饅頭(まんじゅう)

桜井誠さん
「総本家 黒田家」の草木饅頭(まんじゅう)

DNAに刷り込まれている、という感覚で、1口食べると、ああ、これこれって。僕の懐かしい味なんです。

「岸澤屋」の黒豆甘煮

豊竹呂太夫さん
「岸澤屋」の黒豆甘煮

僕、普段は甘いもの食べないんですよ。でもこれだけは別。軟らかくて爽やか。有名な丹波の黒豆ですよ。

「スジャータ」のプレミアムアイスクリーム(バニラ)

森村泰昌さん
「スジャータ」の
プレミアムアイスクリーム(バニラ)

東京での仕事を終え、新幹線で大阪の自宅へ帰る途中、小腹のすいた時間帯にぴったりなのがアイスクリームです。

新着コラム 一覧を見る
「京うどん 葵(あおい)」の葵うどん

おんなのイケ麺(めん)

杉本彩さん
「京うどん 葵(あおい)」の葵うどん

出会ったのは15年以上前でしょうか。以前は東京都世田谷区に住んでいて、行動範囲だったんですね。別の区に引っ越して、京都と東京を行き来する生活になった今でも足を運ぶぐらい大好きなお店です。

バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

目利きのイチオシコレクション

バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

パリから南東へ約60キロメートルの、風光明媚(めいび)なフォンテーヌブローの森。1820年代から19世紀半ば、森に近いバルビゾン村に滞在・移住して、自然や農村を描いた画家たちがいました。

直島パヴィリオン 藤本壮介作(香川県直島町)

アートリップ

直島パヴィリオン 
藤本壮介作(香川県直島町)

「本船はまもなく、宮浦港に入港いたします」。船内アナウンスに顔を上げた。

「ハレドール」

美博ノート

「ハレドール」

白い地に輝く金彩や細やかな絵柄、美しいフォルムが特徴の、ナカヤマの洋食器。14年前に本格的な生産を終えたため、「幻のナカヤマ」とも呼ばれる。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)
6月1日からはがき代が52円から62円に、往復はがき代が104円から124円になりますのでご注意下さい。