オトコの別腹

奥山清行さん
「やまり菓子舗」の芋ようかん

「やまり菓子舗」の芋ようかん

「やまり菓子舗」の芋ようかん

  • 「やまり菓子舗」の芋ようかん
  • 奥山清行さん

 母と妹も芋ようかんが好きで、昔から各地に行くたびにお土産にすると喜んでくれて。なかでも、このようかんは飛び抜けておいしいんです。

 素材はベニアズマ芋と塩と赤ザラメ。でんぷんで固めていて、ほろっとしながら、ねっとりつながっている。一見素朴であっさりしているんだけど、口に入れると芋の甘みがほぐれて出てきます。香ばしい皮も入っていて、それもおいしさの秘密ですね。

 地元山形の白鷹町にある、最上川近くのお店のものです。店主は僕と同じく車好き。彼が一人で芋の選定から製造、企画までやっている。秋限定の栗蒸しようかんも絶品です。

 国内外を飛び回りながら、週に1度は山形へ帰ります。やっぱり地元で食べるのが一番おいしい。好きな煎茶も一緒に。ほっと一息できますね。

 5月1日から運行を開始する豪華列車「四季島」では、各地の地場産業を取り込んで、コンセプトから内装、外装、料理など、すべてをデザインしました。僕の集大成です。いつかこの芋ようかんも四季島で出したいですね。

 

◆山形県白鷹町荒砥甲1213(TEL0238・85・2146)。
 1本950円。
 午前8時~午後6時。無休。
 オンラインショップで注文可。


 おくやま・きよゆき 工業デザイナー。
 アメリカとイタリアで25年間生活。自動車やオートバイ、鉄道などのデザインを手掛ける。2007年から、KEN OKUYAMA DESIGN代表。

(2017年4月21日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「パレスホテル東京 ザ パレス ラウンジ」のマロンシャンティイ

中村鶴松さん
「パレスホテル東京 ザ パレス ラウンジ」のマロンシャンティイ

このケーキを食べるために、七之助さんが連れて行ってくれました。僕の23歳の誕生日だった稽古の帰りで、誕生日ケーキの意味もあったのかな。

「季(とき)の葩(は)」の満福deシュー

森山開次さん
「季(とき)の葩(は)」の満福deシュー

食べなさそうといわれるのですが、実は甘いものは大好きです。ここは家の近所を散策中に見つけたお店です。

「カフェラジオプラント」のレアチーズケーキ

山村浩二さん
「カフェラジオプラント」のレアチーズケーキ

初めて食べた時、びっくりしました。フローズンケーキのようにひんやりとしていて甘すぎず、油っぽくない。大粒のブルーベリーは、シャーベットのような食感。

「ながしま」の豆大福

古今亭文菊さん
「ながしま」の豆大福

つらかった前座時代に、こっそり食べてました。赤エンドウ豆の入ったもちっとした皮には少し塩気があって、あんこが甘すぎず、さらっとした味。

新着コラム 一覧を見る
「香港麺 新記」のチャーシューつゆなし麺(香港麺)

おんなのイケ麺(めん)

福原美穂さん
「香港麺 新記」のチャーシューつゆなし麺(香港麺)

歌手活動のために札幌から東京に移り住んだのですが、東京にはアジア料理のお店がたくさんあって、その魅力にすぐ引き込まれました。

絵巻物 五島美術館

私のイチオシコレクション

絵巻物 五島美術館

物語や伝記を詞書(ことばがき)と絵で描いた絵巻物は、平安・鎌倉期に盛んに作られました。1960年開館の五島美術館は、古写経を好んだ実業家・五島慶太のコレクションを核に、書や陶磁など約5千件を所蔵していますが、中でも目玉の一つが国宝「源氏物語絵巻」。

「寿老人」/「南極寿星図」

美博ノート

「寿老人」/「南極寿星図」

今週は「寿老人」を描いた日本画2点を紹介する。寿老人とは、中国の伝説上の人物で、長寿を授ける神ともいわれる。

山梨県立美術館

気になる一品

山梨県立美術館

仏の画家ミレーの作品を数多く所蔵する山梨県立美術館。開館40周年を記念したグッズを販売中だ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。