オトコの別腹

奥山清行さん
「やまり菓子舗」の芋ようかん

「やまり菓子舗」の芋ようかん

「やまり菓子舗」の芋ようかん

  • 「やまり菓子舗」の芋ようかん
  • 奥山清行さん

 母と妹も芋ようかんが好きで、昔から各地に行くたびにお土産にすると喜んでくれて。なかでも、このようかんは飛び抜けておいしいんです。

 素材はベニアズマ芋と塩と赤ザラメ。でんぷんで固めていて、ほろっとしながら、ねっとりつながっている。一見素朴であっさりしているんだけど、口に入れると芋の甘みがほぐれて出てきます。香ばしい皮も入っていて、それもおいしさの秘密ですね。

 地元山形の白鷹町にある、最上川近くのお店のものです。店主は僕と同じく車好き。彼が一人で芋の選定から製造、企画までやっている。秋限定の栗蒸しようかんも絶品です。

 国内外を飛び回りながら、週に1度は山形へ帰ります。やっぱり地元で食べるのが一番おいしい。好きな煎茶も一緒に。ほっと一息できますね。

 5月1日から運行を開始する豪華列車「四季島」では、各地の地場産業を取り込んで、コンセプトから内装、外装、料理など、すべてをデザインしました。僕の集大成です。いつかこの芋ようかんも四季島で出したいですね。

 

◆山形県白鷹町荒砥甲1213(TEL0238・85・2146)。
 1本950円。
 午前8時~午後6時。無休。
 オンラインショップで注文可。


 おくやま・きよゆき 工業デザイナー。
 アメリカとイタリアで25年間生活。自動車やオートバイ、鉄道などのデザインを手掛ける。2007年から、KEN OKUYAMA DESIGN代表。

(2017年4月21日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「リリエンベルグ」のもものケーキ

平泉成さん
「リリエンベルグ」のもものケーキ

この店に通って、もう29年になりますかね。娘が生まれたときくらいにちょうど開店して。それ以来、誕生日、結婚記念日だとか母の日、父の日、クリスマスとか、家族のイベントのときにいつもそばにいてくれたのがリリエンベルグのケーキです。

「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」のマンゴープリン

成河さん
「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」の
マンゴープリン

父の影響で、食への時間とお金は惜しみません。3千円のとんかつを食べるために2時間半並ぶのも平気。日頃は普通の食生活ですが、贅沢感や特別感のあるものも好きなんです。

「鳴門鯛焼(たいやき)本舗」の天然たいやき

みうらじゅんさん
「鳴門鯛焼(たいやき)本舗」の天然たいやき

どうやら甘党だったらしい――。オトコは好き嫌いの基準を童貞期までに決めちゃってるところがあるので、大概間違ってるんですね。だから“アイ・ドント・ビリーブ・ミー”がポリシー。

「パティスリーアンプリル」のピュイ・ダ・ム-ル

前田知洋さん
「パティスリーアンプリル」の
ピュイ・ダ・ム-ル

マジックショーでは、アシスタントをつけず、裏方も務めるので一人二役をこなします。脳を2倍使っているからか、甘い物でのエネルギー補給が不可欠。差し入れでいただくのもほとんどスイーツです。

新着コラム 一覧を見る
歌川広重「名所江戸百景 浅草田圃酉(たんぼとり)の町詣(もうで)」

美博ノート

歌川広重「名所江戸百景 浅草田圃酉(たんぼとり)の町詣(もうで)」

日本では平安時代から愛玩動物としてかわいがられていた猫。本展では、江戸から明治にかけて活躍した浮世絵師が、猫を題材にした浮世絵100点を紹介する。

未来都市銀河地球鉄道 山本長実(おさみ)作(岩手県花巻市)

アートリップ

未来都市銀河地球鉄道 
山本長実(おさみ)作(岩手県花巻市)

闇の中に、青く輝く「銀河の世界」が広がる。7月初旬の午後8時ごろ。岩手県・花巻駅前の坂を下ると、道路脇にその壁画はあった。

近代西洋ガラス工芸【中】 飛騨高山美術館

目利きのイチオシコレクション

近代西洋ガラス工芸【中】 飛騨高山美術館

エミール・ガレと同時期に活躍したのが、仏のドーム兄弟です。ガレの活躍に影響された2人は、父親のガラス工場を継ぐと、新しい技法で芸術的な作品を数多く生み出しました。

弥生美術館

気になる一品

弥生美術館

大正時代の恋愛事件を資料で紹介する「命短し恋せよ乙女」展が9月24日まで開催。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。