オトコの別腹

奥山清行さん
「やまり菓子舗」の芋ようかん

「やまり菓子舗」の芋ようかん

「やまり菓子舗」の芋ようかん

  • 「やまり菓子舗」の芋ようかん
  • 奥山清行さん

 母と妹も芋ようかんが好きで、昔から各地に行くたびにお土産にすると喜んでくれて。なかでも、このようかんは飛び抜けておいしいんです。

 素材はベニアズマ芋と塩と赤ザラメ。でんぷんで固めていて、ほろっとしながら、ねっとりつながっている。一見素朴であっさりしているんだけど、口に入れると芋の甘みがほぐれて出てきます。香ばしい皮も入っていて、それもおいしさの秘密ですね。

 地元山形の白鷹町にある、最上川近くのお店のものです。店主は僕と同じく車好き。彼が一人で芋の選定から製造、企画までやっている。秋限定の栗蒸しようかんも絶品です。

 国内外を飛び回りながら、週に1度は山形へ帰ります。やっぱり地元で食べるのが一番おいしい。好きな煎茶も一緒に。ほっと一息できますね。

 5月1日から運行を開始する豪華列車「四季島」では、各地の地場産業を取り込んで、コンセプトから内装、外装、料理など、すべてをデザインしました。僕の集大成です。いつかこの芋ようかんも四季島で出したいですね。

 

◆山形県白鷹町荒砥甲1213(TEL0238・85・2146)。
 1本950円。
 午前8時~午後6時。無休。
 オンラインショップで注文可。


 おくやま・きよゆき 工業デザイナー。
 アメリカとイタリアで25年間生活。自動車やオートバイ、鉄道などのデザインを手掛ける。2007年から、KEN OKUYAMA DESIGN代表。

(2017年4月21日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「ラ・テール」の大地のプリン「ウ・オ・レ」

横田龍儀さん
「ラ・テール」の大地のプリン「ウ・オ・レ」

東京で一人暮らしを始めてから、毎日のように甘い物を買って、お風呂上がりに食べています。さっぱりして、襟を正して食べる。そんな感覚です。

「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風

鎌田實さん
「キャンティ」のアイスクリーム カルメン風

鮮やかな赤色に目が奪われましたね。ディナーでワゴンにずらっと並ぶデザートも魅力的だけど、イチゴが旬の時しか食べられないからメニューにあると必ず注文します。「カルメンの季節が来たな」ってね。

「フジパン」の大福みたいなホイップあんぱん

矢本悠馬さん
「フジパン」の大福みたいなホイップあんぱん

粒あんとホイップクリーム、和と洋をパンに入れる発想に驚いたな。ホイップは苦手だったけど、これはクリーミーでおいしい。

「明治」のガルボミニ ポケットパック

安井順平さん
「明治」のガルボミニ ポケットパック

どちらかというと、ポテトチップスとか、しょっぱいお菓子をよく食べますね。でも、舞台の稽古中は急に甘い物を摂取したくなるんです。

新着コラム 一覧を見る
谷川晃一さん(画家) 「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年)

私の描くグッとムービー

谷川晃一さん(画家)
「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年)

レンタルDVDで見て気に入り、DVDを購入した一本です。1960年代初頭の米テキサス州。14歳の孤独な少年ウォルターは、夏休みに2人の大伯父、ハブとガースの元に預けられます。

富田染工芸@新宿

街の十八番

富田染工芸@新宿

神田川沿いでは、江戸時代から染色産業が栄え、新宿区の落合・中井地区の地場産業として根付いた。

ブームの卵

ブームの卵

4月21日 注目グッズ
「トビイシ ステッピングストーン」など

宅配便やお客さんが来た時、玄関で靴を履くのってもどかしい……。そんなあなたは、「トビイシ ステッピングストーン」(直径15×高さ2.5センチメートル、1944円)を使ってみては?

「オッティ」のしらすとブロッコリーとフルーツトマトのガーリックオイル パクチーのせ

おんなのイケ麺(めん)

有森也実さん
「オッティ」のしらすとブロッコリーとフルーツトマトのガーリックオイル パクチーのせ

パクチーをのせたパスタって珍しくないですか?ここはパスタの具材の組み合わせが独創的でおもしろいイタリアンのお店です。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)

【携帯(フィーチャーフォン)サイト終了のお知らせ】

→詳しくはこちら