オトコの別腹

桜井誠さん
「総本家 黒田家」の草木饅頭(まんじゅう)

「総本家 黒田家」の草木饅頭(まんじゅう)

「総本家 黒田家」の草木饅頭(まんじゅう)

  • 「総本家 黒田家」の草木饅頭(まんじゅう)
  • 桜井誠さん

 DNAに刷り込まれている、という感覚で、1口食べると、ああ、これこれって。僕の懐かしい味なんです。

 草木饅頭は福岡県大牟田市のお菓子なんですけど、うちの母親の実家がここにあって、帰省する度に食べていました。いつも家に置いてあるんです。だから子供ながら、これがここの、おじいちゃんの家の定番なんだ、という意識があり、多い時には1日に10個くらい食べていました。素朴な味なんですけど、あまり他にはないんです。食べやすいサイズで、薄皮で、中が白あんなのは珍しいのかな。

 僕は普段、甘いものはほとんど食べないのですが、草木饅頭に付随する子供の頃の思い出が、ストーリーとして自分の中にあるので、他のお菓子よりも思い入れがあるんです。だから、これだけは食べちゃうんです。

 今は福岡に行く度、必ずお土産として買って帰っています。うちの子に「僕が小さい頃、よく食べていたんだよ」と言ったりもして。「ふーん」くらいの反応ですけどね。それでもパクパクと、よく食べています。

 

◆草木本店 福岡県大牟田市草木1036(TEL0944・51・5555)。
 10個入り、454円(店頭価格)。
 午前7時半~午後8時。
 同市内に直営店が2店舗あるほか、福岡空港などでも販売。インターネット販売も。


 さくらい・まこと Dragon Ashのドラマー。
 料理好きが高じてレシピ本を出版。5月31日にCDアルバム「MAJESTIC」を発売。6月8日から全国ライブツアーを開催する。

(2017年5月19日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「チョコレートショップ」の博多の石畳

小久保裕紀さん
「チョコレートショップ」の博多の石畳

20年くらい前かな。僕の誕生日に、知人がこのケーキにデコレーションを施してプレゼントしてくれたんです。

「岸澤屋」の黒豆甘煮

豊竹呂太夫さん
「岸澤屋」の黒豆甘煮

僕、普段は甘いもの食べないんですよ。でもこれだけは別。軟らかくて爽やか。有名な丹波の黒豆ですよ。

「スジャータ」のプレミアムアイスクリーム(バニラ)

森村泰昌さん
「スジャータ」の
プレミアムアイスクリーム(バニラ)

東京での仕事を終え、新幹線で大阪の自宅へ帰る途中、小腹のすいた時間帯にぴったりなのがアイスクリームです。

「やまり菓子舗」の芋ようかん

奥山清行さん
「やまり菓子舗」の芋ようかん

母と妹も芋ようかんが好きで、昔から各地に行くたびにお土産にすると喜んでくれて。なかでも、このようかんは飛び抜けておいしいんです。

新着コラム 一覧を見る
「京うどん 葵(あおい)」の葵うどん

おんなのイケ麺(めん)

杉本彩さん
「京うどん 葵(あおい)」の葵うどん

出会ったのは15年以上前でしょうか。以前は東京都世田谷区に住んでいて、行動範囲だったんですね。別の区に引っ越して、京都と東京を行き来する生活になった今でも足を運ぶぐらい大好きなお店です。

バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

目利きのイチオシコレクション

バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

パリから南東へ約60キロメートルの、風光明媚(めいび)なフォンテーヌブローの森。1820年代から19世紀半ば、森に近いバルビゾン村に滞在・移住して、自然や農村を描いた画家たちがいました。

直島パヴィリオン 藤本壮介作(香川県直島町)

アートリップ

直島パヴィリオン 
藤本壮介作(香川県直島町)

「本船はまもなく、宮浦港に入港いたします」。船内アナウンスに顔を上げた。

「ハレドール」

美博ノート

「ハレドール」

白い地に輝く金彩や細やかな絵柄、美しいフォルムが特徴の、ナカヤマの洋食器。14年前に本格的な生産を終えたため、「幻のナカヤマ」とも呼ばれる。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)
6月1日からはがき代が52円から62円に、往復はがき代が104円から124円になりますのでご注意下さい。