オトコの別腹

桜井誠さん
「総本家 黒田家」の草木饅頭(まんじゅう)

「総本家 黒田家」の草木饅頭(まんじゅう)

「総本家 黒田家」の草木饅頭(まんじゅう)

  • 「総本家 黒田家」の草木饅頭(まんじゅう)
  • 桜井誠さん

 DNAに刷り込まれている、という感覚で、1口食べると、ああ、これこれって。僕の懐かしい味なんです。

 草木饅頭は福岡県大牟田市のお菓子なんですけど、うちの母親の実家がここにあって、帰省する度に食べていました。いつも家に置いてあるんです。だから子供ながら、これがここの、おじいちゃんの家の定番なんだ、という意識があり、多い時には1日に10個くらい食べていました。素朴な味なんですけど、あまり他にはないんです。食べやすいサイズで、薄皮で、中が白あんなのは珍しいのかな。

 僕は普段、甘いものはほとんど食べないのですが、草木饅頭に付随する子供の頃の思い出が、ストーリーとして自分の中にあるので、他のお菓子よりも思い入れがあるんです。だから、これだけは食べちゃうんです。

 今は福岡に行く度、必ずお土産として買って帰っています。うちの子に「僕が小さい頃、よく食べていたんだよ」と言ったりもして。「ふーん」くらいの反応ですけどね。それでもパクパクと、よく食べています。

 

◆草木本店 福岡県大牟田市草木1036(TEL0944・51・5555)。
 10個入り、454円(店頭価格)。
 午前7時半~午後8時。
 同市内に直営店が2店舗あるほか、福岡空港などでも販売。インターネット販売も。


 さくらい・まこと Dragon Ashのドラマー。
 料理好きが高じてレシピ本を出版。5月31日にCDアルバム「MAJESTIC」を発売。6月8日から全国ライブツアーを開催する。

(2017年5月19日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「パレスホテル東京 ザ パレス ラウンジ」のマロンシャンティイ

中村鶴松さん
「パレスホテル東京 ザ パレス ラウンジ」のマロンシャンティイ

このケーキを食べるために、七之助さんが連れて行ってくれました。僕の23歳の誕生日だった稽古の帰りで、誕生日ケーキの意味もあったのかな。

「季(とき)の葩(は)」の満福deシュー

森山開次さん
「季(とき)の葩(は)」の満福deシュー

食べなさそうといわれるのですが、実は甘いものは大好きです。ここは家の近所を散策中に見つけたお店です。

「カフェラジオプラント」のレアチーズケーキ

山村浩二さん
「カフェラジオプラント」のレアチーズケーキ

初めて食べた時、びっくりしました。フローズンケーキのようにひんやりとしていて甘すぎず、油っぽくない。大粒のブルーベリーは、シャーベットのような食感。

「ながしま」の豆大福

古今亭文菊さん
「ながしま」の豆大福

つらかった前座時代に、こっそり食べてました。赤エンドウ豆の入ったもちっとした皮には少し塩気があって、あんこが甘すぎず、さらっとした味。

新着コラム 一覧を見る
「香港麺 新記」のチャーシューつゆなし麺(香港麺)

おんなのイケ麺(めん)

福原美穂さん
「香港麺 新記」のチャーシューつゆなし麺(香港麺)

歌手活動のために札幌から東京に移り住んだのですが、東京にはアジア料理のお店がたくさんあって、その魅力にすぐ引き込まれました。

絵巻物 五島美術館

私のイチオシコレクション

絵巻物 五島美術館

物語や伝記を詞書(ことばがき)と絵で描いた絵巻物は、平安・鎌倉期に盛んに作られました。1960年開館の五島美術館は、古写経を好んだ実業家・五島慶太のコレクションを核に、書や陶磁など約5千件を所蔵していますが、中でも目玉の一つが国宝「源氏物語絵巻」。

「寿老人」/「南極寿星図」

美博ノート

「寿老人」/「南極寿星図」

今週は「寿老人」を描いた日本画2点を紹介する。寿老人とは、中国の伝説上の人物で、長寿を授ける神ともいわれる。

山梨県立美術館

気になる一品

山梨県立美術館

仏の画家ミレーの作品を数多く所蔵する山梨県立美術館。開館40周年を記念したグッズを販売中だ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。