オトコの別腹

干場義雅さん
「ランタン・ルージュ」のほうじ茶プリン

「ランタン・ルージュ」のほうじ茶プリン

「ランタン・ルージュ」のほうじ茶プリン

  • 「ランタン・ルージュ」のほうじ茶プリン
  • 干場義雅さん

 編集の仕事を通して様々な情報を伝えているのは、読者に喜んでほしいから。レストラン選びもそうで、大切な人を誘う時、僕が自信を持っておすすめしたいお店に、あえてどこに行くか伝えずに連れていくんです。そういったサプライズが好きですね。

 このお店もその一つ。料理は気取らないフレンチで、良いワインをそろえています。大満足の食事の最後にいつも食べるのは、このプリン。食べた瞬間にほうじ茶のすごく香ばしい香りが広がって、気絶しそうになります。甘さが控えめで、ほのかな苦みがあるのもいい。僕はデザートワインを注文しておいて、途中で一緒に食べてもらうんです。ワインの甘さと豊かな香りが舌の上で混ざり合って、なんとも言えない魅力を放ったスイーツへと変わるんですよ。

 大切な人を「この日の夜は空けておいてね」と誘って、僕と同じような流れで喜ばせてほしいですね。インターネットで検索するとお店の情報が得られるこの時代、新鮮な気持ちで楽しめると思います。

 

◆東京都中野区中野5の36の3の2階(TEL03・3388・3802)。
 500円。
 午後5時半~翌午前0時(ラストオーダー)。
 (月)休み。


 ほしば・よしまさ ファッションディレクター。
 講談社のウェブマガジン「FORZA(フォルツァ) STYLE」編集長。著書に「一流に学ぶ色気と着こなし」(宝島社)など。

(2017年9月8日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「伊香保温泉 清芳亭」の湯の花饅頭

堀部圭亮さん
「伊香保温泉 清芳亭」の湯の花饅頭

群馬は母親の出身地です。お盆やお彼岸に親戚のところへ遊びに行くと、この湯の花饅頭(まんじゅう)を用意してくれています。

「平塚亭つるおか」の焼きだんご

伊東四朗さん
「平塚亭つるおか」の焼きだんご

もう十数年やっているドラマ「おかしな刑事」の劇中で必ず登場していますね。この団子をほおばりながら、娘役の羽田美智子さんと事件をあれこれ推察し合ったり、どっちが払うかって一揉(も)めしたり。

「古見屋羊羹」の高瀬舟羊羹

金原瑞人さん
「古見屋羊羹」の高瀬舟羊羹

出身の岡山の銘菓なので、小さい頃からそばにあったのですが、特別意識することもありませんでした。初めて意識したのは、東京で働くようになり、帰省してお土産はどうしようかと考えたとき。

「ジョトォ」のカスタニエモンブラン

アキラ100%さん
「ジョトォ」のカスタニエモンブラン

食べた瞬間「うめー」って言いながら、妻と2人で感動したのを覚えています。見た目が大きくてクリームたっぷりなのに、洋酒が利いているせいか甘すぎない。「大人のモンブラン」だなあって。

新着コラム 一覧を見る
日本刀【下】 土浦市立博物館

目利きのイチオシコレクション

日本刀【下】 土浦市立博物館

茨城県の土浦市立博物館では毎年秋、土浦藩主土屋家ゆかりの刀剣を公開しています。土屋家の歴代当主は、江戸幕府の老中や奏者番(そうしゃばん)を務めました。

マッテルモン 荒井良二作(大分市生石(いくし))

アートリップ

マッテルモン 
荒井良二作(大分市生石(いくし))

穏やかな波が打ち寄せる大分港。晴れ渡った青空に、真っ赤な門がそびえ立つ。高さ約10メートル、幅15メートル。その上には、丸いオブジェがちょこんと腰かけ、大海原を眺めている。

エドガー・ドガ「美術館にて」

美博ノート

エドガー・ドガ「美術館にて」

芸術の都パリ。19世紀後半になると、女性が画家やモデルなど表現者として活躍し始める。

根津美術館

気になる一品

根津美術館

寺社の御朱印集めが大人気。根津美術館で開催中の企画展「ほとけを支える」に合わせて、ミュージアムショップにも「燕子花図(かきつばたず) 御朱印帳」が登場した。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。