オトコの別腹

中村太地さん
「ゴディバ」のトリュフ デリース

「ゴディバ」のトリュフ デリース

「ゴディバ」のトリュフ デリース

  • 「ゴディバ」のトリュフ デリース
  • 中村太地さん

 小学校低学年の頃、学校でバレンタインチョコをもらえず寂しく帰宅した僕に母と姉がくれたのが、ゴディバでした。こんなにおいしい物があるんだ!って感動したのを覚えています。以来、チョコといえばゴディバ。

 ゴディバのトリュフは、口に含んだ瞬間に幸せがあふれるというか。濃厚な味わいと、舌触り、香りもいいですね。こちらは今年の夏に発売されたもので、「フランボワーズ ローズ」や「カフェ ラテ」など6種類の味が楽しめます。中でも僕のお気に入りは「テ ノア」。チョコの風味が強く伝わってくる感じが好きですね。

 将棋の対局時、甘いおやつを食べると、頭がすっきりしてよく働く感じがします。特にタイトル戦は朝から晩までかけて戦う、厳しくてつらいもの。おやつの時間は唯一の癒やしです。

 パフェにパンケーキ、ティラミス……。甘い物はふだんからよく食べます。先日も銀座で仕事を終えた後、今春オープンした「ギンザシックス」の甘味処へ。おいしい物のためには一人で並ぶこともいといません。

 

◆全国の百貨店内ゴディバショップや、ゴディバ専門店で販売。
 6個入り2700円~16個入り6912円。
 問い合わせはゴディバ カスタマーサービス(0120・116811)。


 なかむら・たいち 将棋棋士。
 1988年生まれ。10月、自身初のタイトルとなる「王座」を獲得。NHK・Eテレ「将棋フォーカス」((日)午前10時)に司会として出演中。

(2017年12月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「い志い」のみかん大福

栗原英雄さん
「い志い」のみかん大福

実は、あまり甘い物は食べないんです。でもこれは特別。稽古場の差し入れでいただいたのですが、まずその大きさにびっくり。

伊藤一朗さん 「八天堂」のくりーむパン カスタード

伊藤一朗さん
「八天堂」のくりーむパン カスタード

極限の空腹時に、冷蔵庫にあったこれを食べて「うまい!」って思わず叫びました。僕は基本辛党なので奇跡の出会いでした。

「赤城乳業」のBLACK

川崎麻世さん
「赤城乳業」のBLACK

僕は素朴な味が好きなんです。昭和の味っていうのかな。このアイスを初めて食べたのは15歳。小さいとき、よく食べていたアイスバーに似ていたんです。見かけなくなってがっかりしていたから、これだ!って思いました。

「成城アルプス」のフィナンシェ

三浦貴大さん
「成城アルプス」のフィナンシェ

昔から甘い物が大好きで、子どもの頃はスティックシュガーをお皿に出して食べたりしていました。作るのも好きで、4時間かけて粒あんを作ったこともあるんです。

新着コラム 一覧を見る
小森邦衛「真塗円盆(しんぬりまるぼん)」

美博ノート

小森邦衛「真塗円盆(しんぬりまるぼん)」

漆黒とは、艶(つや)めく黒色のことをいう。漆塗りの本作「真塗丸盆」は、まさに漆黒の奥深さが味わえる一品。

エコール・ド・パリ【下】 北海道立近代美術館

目利きのイチオシコレクション

エコール・ド・パリ【下】 北海道立近代美術館

エコール・ド・パリの画家の多くは、第1次世界大戦前後に故郷を離れ、各国から集まった異邦人でユダヤ系が中心です。戦争に翻弄(ほんろう)されながらも、自己の表現を探究しました。

太陽の橋 福田繁雄作(福岡県北九州市)

アートリップ

太陽の橋 
福田繁雄作(福岡県北九州市)

小倉駅から小倉城に向かって大通りを歩いていくと、突然色とりどりに彩られた橋が現れた。

国立歴史民俗博物館

気になる一品

国立歴史民俗博物館

国立歴史民俗博物館が所蔵する「洛中洛外図屏風(びょうぶ) 歴博甲本」(重要文化財)。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。