オトコの別腹

島田大介さん
「トロワシャンブル」のチーズケーキ・レア

「トロワシャンブル」のチーズケーキ・レア

「トロワシャンブル」のチーズケーキ・レア

  • 「トロワシャンブル」のチーズケーキ・レア
  • 島田大介さん

 昭和55年創業の下北沢の喫茶店です。20代の頃はバンド仲間や芝居をやっている友だちと、安い居酒屋で飲んだ後に行くこともありました。その後一度離れた街でしたが、事務所を構えたことがきっかけでまた通うようになったんです。

 チーズケーキのセットがお決まり。土台の生地にはクッキーなど5、6種類以上の素材を使っているそうで、ほのかな塩気がたまりません。朝食で頼むことの多いシナモントーストも絶品で、これもちょっと塩気があるところが好みです。飲み物はいつも「ニレ」という苦みが強いコーヒーにミルク。

 甘い物が好きになったのはコーヒーに合うから。カフェに多いエスプレッソではなく、深煎りのドリップを求めて昔ながらの純喫茶によく行きます。やっぱり落ち着く味なんですよね。

 仕事で考え事がしたいときなど一人でここへ来ます。店内の広さや、人の話し声や気配、寡黙なマスター、すべて合わさってちょうどいいバランス。でも、最近行き過ぎてるかな。ちょっと煮詰まってるのかもしれません。

 

◆東京都世田谷区代沢5の36の14の2階(TEL03・3419・6943)。
 400円、セットは850円。
 午前9時半~午後11時。


 しまだ・だいすけ 映像作家・写真家・映画監督。
 ミュージッククリップやCMなどを多数演出。小松菜奈主演の短編映画「ただいま。」(2013年)監督。

(2018年2月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「みはし」の白玉クリームあんみつ

神田松之丞さん
「みはし」の白玉クリームあんみつ

僕の人生って、常に甘味とともにあったんですよ。とにかく甘い物が好きで、小さい頃から母親が何かしらのおやつを用意してくれた。でも唯一、あんみつには死ぬほど興味がなかったんです。

「ブルボン」のルマンド

沖田修一さん
「ブルボン」のルマンド

「滝を見にいく」という映画を撮影したとき、セリフにルマンドを登場させたんです。映画は、7人のおばちゃんが山で迷うっていう話だったので、おばちゃんのリュックに入っていそうなお菓子を想像してみて、浮かんだのがルマンドでした。

「パレスホテル東京 ザ パレス ラウンジ」のマロンシャンティイ

中村鶴松さん
「パレスホテル東京 ザ パレス ラウンジ」のマロンシャンティイ

このケーキを食べるために、七之助さんが連れて行ってくれました。僕の23歳の誕生日だった稽古の帰りで、誕生日ケーキの意味もあったのかな。

「季(とき)の葩(は)」の満福deシュー

森山開次さん
「季(とき)の葩(は)」の満福deシュー

食べなさそうといわれるのですが、実は甘いものは大好きです。ここは家の近所を散策中に見つけたお店です。

新着コラム 一覧を見る
「ヒナゲシの活(い)けられた花瓶」

美博ノート

「ヒナゲシの活(い)けられた花瓶」

風景画を愛好したモーリス・ド・ヴラマンク(1876~1958)だが、静物画も繰り返し描き続けている。

Locus of Time 3 田辺武作(山口県宇部市)

アートリップ

Locus of Time 3 
田辺武作(山口県宇部市)

山口宇部空港に接し、青々とした芝生が広がるふれあい公園。子どもが走って行く先に、不思議な赤い彫刻があった。

ドイツ表現主義 高知県立美術館

私のイチオシコレクション

ドイツ表現主義 高知県立美術館

20世紀初頭のヨーロッパでは産業化への反発が高まっていました。そんな中、ドイツで自然回帰や南国への憧れを抱き、自身の「主観」を大事にする芸術集団が結成されます。これがドイツ表現主義美術の始まりです。

東京ステーションギャラリー

気になる一品

東京ステーションギャラリー

大正ロマンを代表する画家竹久夢二(1884~1934)の全貌に500点超の展示品で迫る「夢二繚乱」(7月1日まで)。ショップでは、代表作をパッケージに使用した入浴剤が人気。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。