オトコの別腹

森山開次さん
「季(とき)の葩(は)」の満福deシュー

「季(とき)の葩(は)」の満福deシュー

「季(とき)の葩(は)」の満福deシュー

  • 「季(とき)の葩(は)」の満福deシュー
  • 森山開次さん

 食べなさそうといわれるのですが、実は甘いものは大好きです。ここは家の近所を散策中に見つけたお店です。家族で食べる時や稽古場への差し入れによく買うのが、このシュークリーム。皮はパイ生地が重ねてあってサクサク、中にはぎっしりクリームが詰まっていてボリューム満点です。クリームの甘さが口の中で広がって、ぜいたくな気持ちになりますね。

 スイーツは、亡くなった母との思い出が多いんです。小さい頃からお菓子はすべて母の手作りで、ヨモギの葉を摘んで草餅を作ったり、誕生日のケーキのデコレーションを一緒にしたり。いま、舞台の演出もしていますが、もの作りという意味では、母の影響が大きいです。

 お菓子作りは仕込みに時間がかかるけれど、食べるのは一瞬。ダンスの公演も同じです。いつも頭のどこかで作品作りのアンテナを張っているので、オン・オフの切り替えが難しい。だから、夕食後の家族とのスイーツタイムは、体も心もほどいて緩めて、ほっとできる大事な時間ですね。

 

◆東京都世田谷区砧1の13の3(TEL03・3415・9098)。
 190円。
 午前9時~午後8時。
 系列店の「ヴォアラ」「アルパジョン」でも販売。
 無休。


 もりやま・かいじ ダンサー・振付家。
 5月19日~27日、東京・初台の新国立劇場小劇場で、演出・振り付けも担当するダンス公演「サーカス」を上演。

(2018年4月20日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「みはし」の白玉クリームあんみつ

神田松之丞さん
「みはし」の白玉クリームあんみつ

僕の人生って、常に甘味とともにあったんですよ。とにかく甘い物が好きで、小さい頃から母親が何かしらのおやつを用意してくれた。でも唯一、あんみつには死ぬほど興味がなかったんです。

「ブルボン」のルマンド

沖田修一さん
「ブルボン」のルマンド

「滝を見にいく」という映画を撮影したとき、セリフにルマンドを登場させたんです。映画は、7人のおばちゃんが山で迷うっていう話だったので、おばちゃんのリュックに入っていそうなお菓子を想像してみて、浮かんだのがルマンドでした。

「パレスホテル東京 ザ パレス ラウンジ」のマロンシャンティイ

中村鶴松さん
「パレスホテル東京 ザ パレス ラウンジ」のマロンシャンティイ

このケーキを食べるために、七之助さんが連れて行ってくれました。僕の23歳の誕生日だった稽古の帰りで、誕生日ケーキの意味もあったのかな。

「カフェラジオプラント」のレアチーズケーキ

山村浩二さん
「カフェラジオプラント」のレアチーズケーキ

初めて食べた時、びっくりしました。フローズンケーキのようにひんやりとしていて甘すぎず、油っぽくない。大粒のブルーベリーは、シャーベットのような食感。

新着コラム 一覧を見る
「ヒナゲシの活(い)けられた花瓶」

美博ノート

「ヒナゲシの活(い)けられた花瓶」

風景画を愛好したモーリス・ド・ヴラマンク(1876~1958)だが、静物画も繰り返し描き続けている。

Locus of Time 3 田辺武作(山口県宇部市)

アートリップ

Locus of Time 3 
田辺武作(山口県宇部市)

山口宇部空港に接し、青々とした芝生が広がるふれあい公園。子どもが走って行く先に、不思議な赤い彫刻があった。

ドイツ表現主義 高知県立美術館

私のイチオシコレクション

ドイツ表現主義 高知県立美術館

20世紀初頭のヨーロッパでは産業化への反発が高まっていました。そんな中、ドイツで自然回帰や南国への憧れを抱き、自身の「主観」を大事にする芸術集団が結成されます。これがドイツ表現主義美術の始まりです。

東京ステーションギャラリー

気になる一品

東京ステーションギャラリー

大正ロマンを代表する画家竹久夢二(1884~1934)の全貌に500点超の展示品で迫る「夢二繚乱」(7月1日まで)。ショップでは、代表作をパッケージに使用した入浴剤が人気。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。