オトコの別腹
「平塚亭つるおか」の焼きだんご

伊東四朗さん
「平塚亭つるおか」の焼きだんご

2017/09/01 更新

もう十数年やっているドラマ「おかしな刑事」の劇中で必ず登場していますね。この団子をほおばりながら、娘役の羽田美智子さんと事件をあれこれ推察し合ったり、どっちが払うかって一揉(も)めしたり。

「古見屋羊羹」の高瀬舟羊羹

金原瑞人さん
「古見屋羊羹」の高瀬舟羊羹

2017/08/25 更新

出身の岡山の銘菓なので、小さい頃からそばにあったのですが、特別意識することもありませんでした。初めて意識したのは、東京で働くようになり、帰省してお土産はどうしようかと考えたとき。

「ジョトォ」のカスタニエモンブラン

アキラ100%さん
「ジョトォ」のカスタニエモンブラン

2017/08/04 更新

食べた瞬間「うめー」って言いながら、妻と2人で感動したのを覚えています。見た目が大きくてクリームたっぷりなのに、洋酒が利いているせいか甘すぎない。「大人のモンブラン」だなあって。

「みどりや」の笹子餅

三遊亭小遊三さん
「みどりや」の笹子餅

2017/07/28 更新

「あんこ」とかけて「いい女」ととく。その心は「すぐ手を出す」。そのくらい、あんこは好きですね。

「リリエンベルグ」のもものケーキ

平泉成さん
「リリエンベルグ」のもものケーキ

2017/07/21 更新

この店に通って、もう29年になりますかね。娘が生まれたときくらいにちょうど開店して。それ以来、誕生日、結婚記念日だとか母の日、父の日、クリスマスとか、家族のイベントのときにいつもそばにいてくれたのがリリエンベルグのケーキです。

「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」のマンゴープリン

成河さん
「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」の
マンゴープリン

2017/07/14 更新

父の影響で、食への時間とお金は惜しみません。3千円のとんかつを食べるために2時間半並ぶのも平気。日頃は普通の食生活ですが、贅沢感や特別感のあるものも好きなんです。

「鳴門鯛焼(たいやき)本舗」の天然たいやき

みうらじゅんさん
「鳴門鯛焼(たいやき)本舗」の天然たいやき

2017/07/07 更新

どうやら甘党だったらしい――。オトコは好き嫌いの基準を童貞期までに決めちゃってるところがあるので、大概間違ってるんですね。だから“アイ・ドント・ビリーブ・ミー”がポリシー。

「パティスリーアンプリル」のピュイ・ダ・ム-ル

前田知洋さん
「パティスリーアンプリル」の
ピュイ・ダ・ム-ル

2017/06/30 更新

マジックショーでは、アシスタントをつけず、裏方も務めるので一人二役をこなします。脳を2倍使っているからか、甘い物でのエネルギー補給が不可欠。差し入れでいただくのもほとんどスイーツです。

「隆泰商行」の山査子餅(さんざしもち)

石井光太さん
「隆泰商行」の山査子餅(さんざしもち)

2017/06/23 更新

五つか六つの時でしょうか。ばあちゃんが横浜の中華街に行って、お土産として買ってきたんです。外国のお菓子って悪夢みたいに甘ったるいってイメージしかなかったのに、これはさっぱりとしてフルーツみたい。味が上品で、香りもいい。

「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のプラリネ

山下洋輔さん
「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のプラリネ

2017/06/16 更新

10年前に、めいが勤めているパリの本店で、おすすめをお土産に買ったんです。一緒に仕事をした孫娘くらいの年の後輩に贈りました。

広告
お知らせ(更新情報)

2018年カレンダープレゼント

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。