オトコの別腹

「御菓子 山中」のまっちゃちょこ濃い茶【改】

為末大さん
「御菓子 山中」のまっちゃちょこ濃い茶【改】

2017/10/27 更新

子どもの時から和菓子が好きで、選手時代も遠征にはチューブ入りようかんを持って行っていました。この生チョコは遠い親戚の和菓子屋さんが作っていて、和菓子に近いんです。

「nico」のバターミルクワッフル

古舘佑太郎さん
「nico」のバターミルクワッフル

2017/10/20 更新

NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」で、あんこが大嫌いな和菓子屋の一人息子を演じました。でも僕自身は、甘い物がめちゃくちゃ好きです。撮影中は、目の前にあるのに食べられない役だから、悔しくてキーってなっていました。

「良寛堂」の笹(ささ)団子

中沢新一さん
「良寛堂」の笹(ささ)団子

2017/10/13 更新

母が新潟の生まれで、実家近くに店がありました。今も古風な作り方で、味が変わりませんね。ヨモギを練り込んだ生地が、最近の軟らかな笹団子と違って、しゃきしゃきと歯で切れるんです。それが笹の香りと見事に合う。

「フジバンビ」の黒糖ドーナツ棒

阿部祐二さん
「フジバンビ」の黒糖ドーナツ棒

2017/10/06 更新

このおいしさは事件ですよ。名前はドーナツなのに、見た目はまるでかりんとう。でも食べると硬すぎずやわらかすぎず、しっとり。黒糖の蜜がじわーっと染みています。甘さもほどよく、コクがあって、口の中でとろける感じが最高。

「ファミリーマート」の北海道産小豆のこしあんまん(ごま風味)

村上虹郎さん
「ファミリーマート」の
北海道産小豆のこしあんまん(ごま風味)

2017/09/29 更新

「こしあんまん」は稽古場や撮影現場に行く前に買って、すぐかぶりつきます。「あっつ」て、言うくらい温かいのですが、温かい甘い食べ物っていうところがいい。

「名曲喫茶 でんえん」のミルクセーキ

タブレット純さん
「名曲喫茶 でんえん」のミルクセーキ

2017/09/22 更新

初めて行ったのは中学生だったから、30年ほど前です。中古レコードを集めるようになって、休みの日はいつも古本屋や中古レコード屋巡りをしていて。その時にこのお店を知りました。

「伊香保温泉 清芳亭」の湯の花饅頭

堀部圭亮さん
「伊香保温泉 清芳亭」の湯の花饅頭

2017/09/15 更新

群馬は母親の出身地です。お盆やお彼岸に親戚のところへ遊びに行くと、この湯の花饅頭(まんじゅう)を用意してくれています。

「ランタン・ルージュ」のほうじ茶プリン

干場義雅さん
「ランタン・ルージュ」のほうじ茶プリン

2017/09/08 更新

編集の仕事を通して様々な情報を伝えているのは、読者に喜んでほしいから。レストラン選びもそうで、大切な人を誘う時、僕が自信を持っておすすめしたいお店に、あえてどこに行くか伝えずに連れていくんです。

「平塚亭つるおか」の焼きだんご

伊東四朗さん
「平塚亭つるおか」の焼きだんご

2017/09/01 更新

もう十数年やっているドラマ「おかしな刑事」の劇中で必ず登場していますね。この団子をほおばりながら、娘役の羽田美智子さんと事件をあれこれ推察し合ったり、どっちが払うかって一揉(も)めしたり。

「古見屋羊羹」の高瀬舟羊羹

金原瑞人さん
「古見屋羊羹」の高瀬舟羊羹

2017/08/25 更新

出身の岡山の銘菓なので、小さい頃からそばにあったのですが、特別意識することもありませんでした。初めて意識したのは、東京で働くようになり、帰省してお土産はどうしようかと考えたとき。

広告

☆新コラム☆

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。