美博ノート

「鮭」

日常を綴る 宮脇綾子展(清須市はるひ美術館)

「鮭」

1977年

 主婦として3人の子を育てながら、身の回りの古布でアップリケ作品を制作した宮脇綾子(1905~95)。本展では、昨年遺族から同館に寄贈された15作品を含む約50点と資料で、彼女の初期から晩年までをたどる。

 藍染めの布で作られた、1本の新巻鮭(あらまきざけ)。よく見ると、エラやヒレ、腹の部分などで細かく布を変えているのがわかる。にぶく光る瞳は、金糸が入った布で表現した。造形の緻密(ちみつ)さに対して、どこかかわいらしい。「綾子さんは見逃してしまいがちなモチーフの魅力を見つけるのが上手。愛情を持って見つめていたからでしょう」と奥村綾乃学芸員。

 彼女は新巻鮭を何度もモチーフにした。「かつて新巻鮭は年末年始の風物詩でした。1年を迎える節目に制作して、心を新たにしていたそうです」

(2017年11月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
志賀理江子「予感と夢」

志賀理江子「予感と夢」

1組4作家の作品から、家族や土地など身近な関係性の中に潜む「現代の物語」を読み解く本展。

「夕顔」

「夕顔」

志村ふくみ(93)は1997年、「源氏物語」を題材に連作を始める。親交のあった陶芸家・富本憲吉の助言で文学を学び、源氏物語の美意識に刺激を受けたのがきっかけだった。

「雪輪屛風(ゆきわびょうぶ)」

「雪輪屛風(ゆきわびょうぶ)」

1968年、滋賀・近江八幡から京都・嵯峨野へ移り住んだ志村ふくみ(93)は、母の豊(とよ)から独立。その後は、精力的に創作活動をしながら、世界各地を旅して、表現の幅を広げた。

「霧」

「霧」

植物染料にこだわり紬織(つむぎおり)を芸術の域に高めた染織家・志村ふくみ(93)。初期から2003年までの70点を2期で紹介する。

新着コラム 一覧を見る
「天下一品」のこってり

おんなのイケ麺(めん)

滝沢カレンさん
「天下一品」のこってり

高校3年生の時、学校帰りに友だちと寄り道して入った天下一品さんで、この「こってり」を食べてから、ラーメン愛が花開きました。

「クリスピー・クリーム・ドーナツ」のオリジナル・グレーズド

オトコの別腹

増田修一朗さん
「クリスピー・クリーム・ドーナツ」の
オリジナル・グレーズド

15年前、アメリカに語学留学をしていたときに店に連れて行ってもらったのが最初です。行列に並んでいると、焼きたてを配ってくれるんですよね。まず、アツアツのドーナツに衝撃。そして軟らかい!

書【下】 台東区立書道博物館

目利きのイチオシコレクション

書【下】 台東区立書道博物館

書聖・王羲之(おうぎし)を学ばずして大成した書家はいません。書・画・篆刻(てんこく)の大家、呉昌碩(1844~1927)もその一人。

高炉モニュメント 倉田光吾郎作(千葉市中央区)

アートリップ

高炉モニュメント 
倉田光吾郎作(千葉市中央区)

サッカー少年たちの声が飛び交う公園の一角に、不思議な鉄の物体が。高さは約12メートル。赤茶けた胴体にパイプが張り巡らされている。ジブリ映画の一場面に出てきそうだ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。