おんなのイケ麺(めん)

水崎綾女さん
「香川一福 神田店」のカレーうどん

「香川一福 神田店」のカレーうどん

「香川一福 神田店」のカレーうどん

  • 「香川一福 神田店」のカレーうどん
  • 水崎綾女さん

 関西育ちのうどん派です。ここのはなんでもおいしい。定番の「かけうどん」は透き通ったおつゆで、一緒に行く姉たちと「うどんはこうじゃなきゃね」と絶賛しています。

 でも、今回は私の中の常識を覆した「カレーうどん」をおすすめします。初め、どろっとしたルーがかかったこの見た目に一瞬ひるみました。でも、和牛と野菜からとったフォンドボーがよく利いてる。おわんに入った透明のだし汁を自分でかけて濃さを調整できるところも好きなんです。麺はコシを残しつつ、絶妙の柔らかさで私好み。肉と温玉をいつもトッピングします。

 阪神・淡路大震災で被災してから、「残りの人生、こだわって栄養とるぞ」って決めたんです。おいしいものがあると聞いたらどこへでも飛んで行きますよ。

 そんな私が、映画「光」の撮影中は食事がのどを通りませんでした。視覚障害者に向けた音声ガイドを制作する女性「美佐子」を生きようと、必死でした。久しぶりに口にしたのも、やっぱりうどんでしたね。

 

◆東京都千代田区内神田1の18の11(TEL03・5577・3644)。
 小サイズ680円(トッピングは肉250円、温泉卵80円)。
 午前11時~午後8時(麺がなくなり次第終了)。
 (日)と第1(月)休み。


 みさき・あやめ 俳優。
 5月27日公開の河瀬直美監督の最新作「光」に出演。同作はカンヌ国際映画祭の長編コンペ部門に選出。

(2017年5月19日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
「京うどん 葵(あおい)」の葵うどん

杉本彩さん
「京うどん 葵(あおい)」の葵うどん

出会ったのは15年以上前でしょうか。以前は東京都世田谷区に住んでいて、行動範囲だったんですね。別の区に引っ越して、京都と東京を行き来する生活になった今でも足を運ぶぐらい大好きなお店です。

「でくの坊」のちゃーしゅうめん

蜂飼耳さん
「でくの坊」のちゃーしゅうめん

小田急線の町田駅からよく行く古本屋さんまでの一本道にあるお店です。

「元祖 めんたい煮こみつけ麺」のめんたい煮こみつけ麺セット

ベッキーさん
「元祖 めんたい煮こみつけ麺」の
めんたい煮こみつけ麺セット

私のオフの楽しみは、行列のできるラーメン店に並ぶこと。1時間くらい並んでも平気です。

「オッティ」のしらすとブロッコリーとフルーツトマトのガーリックオイル パクチーのせ

有森也実さん
「オッティ」のしらすとブロッコリーとフルーツトマトのガーリックオイル パクチーのせ

パクチーをのせたパスタって珍しくないですか?ここはパスタの具材の組み合わせが独創的でおもしろいイタリアンのお店です。

新着コラム 一覧を見る
「チョコレートショップ」の博多の石畳

オトコの別腹

小久保裕紀さん
「チョコレートショップ」の博多の石畳

20年くらい前かな。僕の誕生日に、知人がこのケーキにデコレーションを施してプレゼントしてくれたんです。

バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

目利きのイチオシコレクション

バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

パリから南東へ約60キロメートルの、風光明媚(めいび)なフォンテーヌブローの森。1820年代から19世紀半ば、森に近いバルビゾン村に滞在・移住して、自然や農村を描いた画家たちがいました。

直島パヴィリオン 藤本壮介作(香川県直島町)

アートリップ

直島パヴィリオン 
藤本壮介作(香川県直島町)

「本船はまもなく、宮浦港に入港いたします」。船内アナウンスに顔を上げた。

「ハレドール」

美博ノート

「ハレドール」

白い地に輝く金彩や細やかな絵柄、美しいフォルムが特徴の、ナカヤマの洋食器。14年前に本格的な生産を終えたため、「幻のナカヤマ」とも呼ばれる。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)
6月1日からはがき代が52円から62円に、往復はがき代が104円から124円になりますのでご注意下さい。