おんなのイケ麺(めん)

青木涼子さん
「広島お好み焼 鯉々」の
鯉々(こいこい)焼き

「広島お好み焼 鯉々」の鯉々(こいこい)焼き

「広島お好み焼 鯉々」の鯉々(こいこい)焼き

  • 「広島お好み焼 鯉々」の鯉々(こいこい)焼き
  • 青木涼子さん

 九州の大分出身で、広島風お好み焼きにはまったく縁がなかったんです。7年くらい前、作曲家の細川俊夫さんの演奏会を聴きに広島に行って、はまりました。

 かた焼きそばとかぱりぱりした麺が好きなんです。ここのはお好み焼き用で、外は固くて中はもちもち。焼きたてを鉄板でキープして、焦げていくのを食べられるのがうれしいですね。

 「鯉々焼き」は、キャベツなどの具それぞれに味付けがしてあって、大葉やイカ天が入っているのが特徴。たくさんのネギと目玉焼きがのっているのもおいしいです。

 私は作曲家と共に、能の「謡(うたい)」と現代音楽で新しい試みを行っています。アートとして受け入れてもらえるのは、ヨーロッパ。そのため海外の公演が多くなると、現地でみそ汁やお好み焼きのソースなどが恋しくなります。

 普段は糖質、特に麺は、好きだけど避けていたんですが、このお好み焼きは麺じゃないと思っているんです。だって、おいしいものは作品づくりへのモチベーションにもなりますからね。

 

◆東京都中央区銀座1の6の10の広島ブランドショップTAU2階(TEL03・5579・9962)。
 1300円。
 午前11時~午後9時(8時半ラストオーダー)。
 無休。


 あおき・りょうこ 能×現代音楽アーティスト。
 パリ(12月1日)、独ケルン(3日)で細川俊夫作曲、平田オリザ台本の室内オペラを世界初演の予定。

(2017年7月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
「江の島 遊覧亭」のざる磯めん

秀島史香さん
「江の島 遊覧亭」のざる磯めん

神奈川県の江の島にある、大正元年創業のお店。定番のサザエやシラスの丼はもちろん、隠れた一品としてぜひお薦めしたいのが、ざる磯めんです。

「おか泉」のぶっかけ

栗原友さん
「おか泉」のぶっかけ

3年ほど前のある日、大量のうどんがわが家に届きました。日頃からお世話になっている、クリエイティブディレクターの梶原由景さんからの贈り物。讃岐うどんの名店、おか泉さんのぶっかけうどんでした。

「イタリアン・バル マルテ」のうにのグチュグチュスパゲッティ

もえのあずきさん
「イタリアン・バル マルテ」の
うにのグチュグチュスパゲッティ

一番好きな食べ物はウニです。このパスタはウニがどーんとのっていて、初めて見たときは思わず拍手しちゃいました。考えた人、作った人の「ウニ愛」が伝わってくるんです。

「ダイニズテーブル」の五目あんかけ焼きそば

水沢エレナさん
「ダイニズテーブル」の五目あんかけ焼きそば

出会いは3年ほど前です。両面を軽く焼いた麺に、オーソドックスでシンプルな味付けの餡(あん)がとろり。野菜が豊富で栄養バランスがいいところも気に入りました。

新着コラム 一覧を見る
歌川広重「名所江戸百景 浅草田圃酉(たんぼとり)の町詣(もうで)」

美博ノート

歌川広重「名所江戸百景 浅草田圃酉(たんぼとり)の町詣(もうで)」

日本では平安時代から愛玩動物としてかわいがられていた猫。本展では、江戸から明治にかけて活躍した浮世絵師が、猫を題材にした浮世絵100点を紹介する。

未来都市銀河地球鉄道 山本長実(おさみ)作(岩手県花巻市)

アートリップ

未来都市銀河地球鉄道 
山本長実(おさみ)作(岩手県花巻市)

闇の中に、青く輝く「銀河の世界」が広がる。7月初旬の午後8時ごろ。岩手県・花巻駅前の坂を下ると、道路脇にその壁画はあった。

近代西洋ガラス工芸【中】 飛騨高山美術館

目利きのイチオシコレクション

近代西洋ガラス工芸【中】 飛騨高山美術館

エミール・ガレと同時期に活躍したのが、仏のドーム兄弟です。ガレの活躍に影響された2人は、父親のガラス工場を継ぐと、新しい技法で芸術的な作品を数多く生み出しました。

弥生美術館

気になる一品

弥生美術館

大正時代の恋愛事件を資料で紹介する「命短し恋せよ乙女」展が9月24日まで開催。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。