おんなのイケ麺(めん)

青木涼子さん
「広島お好み焼 鯉々」の
鯉々(こいこい)焼き

「広島お好み焼 鯉々」の鯉々(こいこい)焼き

「広島お好み焼 鯉々」の鯉々(こいこい)焼き

  • 「広島お好み焼 鯉々」の鯉々(こいこい)焼き
  • 青木涼子さん

 九州の大分出身で、広島風お好み焼きにはまったく縁がなかったんです。7年くらい前、作曲家の細川俊夫さんの演奏会を聴きに広島に行って、はまりました。

 かた焼きそばとかぱりぱりした麺が好きなんです。ここのはお好み焼き用で、外は固くて中はもちもち。焼きたてを鉄板でキープして、焦げていくのを食べられるのがうれしいですね。

 「鯉々焼き」は、キャベツなどの具それぞれに味付けがしてあって、大葉やイカ天が入っているのが特徴。たくさんのネギと目玉焼きがのっているのもおいしいです。

 私は作曲家と共に、能の「謡(うたい)」と現代音楽で新しい試みを行っています。アートとして受け入れてもらえるのは、ヨーロッパ。そのため海外の公演が多くなると、現地でみそ汁やお好み焼きのソースなどが恋しくなります。

 普段は糖質、特に麺は、好きだけど避けていたんですが、このお好み焼きは麺じゃないと思っているんです。だって、おいしいものは作品づくりへのモチベーションにもなりますからね。

 

◆東京都中央区銀座1の6の10の広島ブランドショップTAU2階(TEL03・5579・9962)。
 1300円。
 午前11時~午後9時(8時半ラストオーダー)。
 無休。


 あおき・りょうこ 能×現代音楽アーティスト。
 パリ(12月1日)、独ケルン(3日)で細川俊夫作曲、平田オリザ台本の室内オペラを世界初演の予定。

(2017年7月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
「鶏そば そると」のそるとそば

恒松祐里さん
「鶏そば そると」のそるとそば

「鶏そば そると」は下北沢で何を食べるか迷ったら「ここ」というラーメン屋さん。高校生の頃、友達とカラオケで何時間も歌った帰りに、よくおなかを満たしに通いました。

「R レストラン&バー」のラグーパスタ

浜口京子さん
「R レストラン&バー」のラグーパスタ

アテネ五輪の頃、地元浅草の友達から教えてもらったお店です。当時は全ての時間がレスリング、プレッシャーとたたかう毎日でした。そんな時、その人から気持ちをゆるめることの大切さを教えてもらったんです。

「四国屋」の肉きざみうどん

三島有紀子さん
「四国屋」の肉きざみうどん

20年近く前、仕事帰りのタクシーから「四国」と名の付くうどん屋を見かけて気になっていたところ、ここは大ファンである忌野清志郎さんの行きつけのお店と聞いて、通い始めました。

「伊吹家」の天ぷらうどん

くるみさん
「伊吹家」の天ぷらうどん

私、何でもおいしく食べちゃうタイプで、実は「違い」がよく分からないんです。でもこのお店は特別で、だしが他のお店とは違うって、はっきり分かります。

新着コラム 一覧を見る
日本刀【下】 土浦市立博物館

目利きのイチオシコレクション

日本刀【下】 土浦市立博物館

茨城県の土浦市立博物館では毎年秋、土浦藩主土屋家ゆかりの刀剣を公開しています。土屋家の歴代当主は、江戸幕府の老中や奏者番(そうしゃばん)を務めました。

マッテルモン 荒井良二作(大分市生石(いくし))

アートリップ

マッテルモン 
荒井良二作(大分市生石(いくし))

穏やかな波が打ち寄せる大分港。晴れ渡った青空に、真っ赤な門がそびえ立つ。高さ約10メートル、幅15メートル。その上には、丸いオブジェがちょこんと腰かけ、大海原を眺めている。

エドガー・ドガ「美術館にて」

美博ノート

エドガー・ドガ「美術館にて」

芸術の都パリ。19世紀後半になると、女性が画家やモデルなど表現者として活躍し始める。

根津美術館

気になる一品

根津美術館

寺社の御朱印集めが大人気。根津美術館で開催中の企画展「ほとけを支える」に合わせて、ミュージアムショップにも「燕子花図(かきつばたず) 御朱印帳」が登場した。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。