気になる一品

山種美術館

 近現代の日本画を中心に、1800点以上を所蔵する同館。ショップでは、名画に登場する動物などをモチーフにした「山種美術館オリジナルはんこ」(各648円)を販売中。速水御舟(ぎょしゅう)の屛風(びょうぶ)から黒猫やウサギ、柴田是真(ぜしん)の漆絵から歌うカエルなど、展示内容や季節に合わせて作られた全13種類。西山翠嶂(すいしょう)の日本画から抜き出した子犬の絵柄は、戌(いぬ)年の今年にぴったり。手紙やメモのワンポイントにいかが?

◆東京都渋谷区広尾3の12の36。午前10時~午後5時(入館は30分前まで)。(月)((祝)の場合は翌日)休み。問い合わせは03・5777・8600。

(2018年1月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「気になる一品」の新着記事 一覧を見る
国立歴史民俗博物館

国立歴史民俗博物館

国立歴史民俗博物館が所蔵する「洛中洛外図屏風(びょうぶ) 歴博甲本」(重要文化財)。

サントリー美術館

サントリー美術館

1月28日まで開催の展覧会「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」。食器セットやつぼなどで、セーブル磁器の歴史を展観する。

長崎県美術館

長崎県美術館

長崎ゆかりの作家やスペイン美術など約6500点を収蔵する長崎県美術館。ショップでは紙製の「1/100建築模型用添景(てんけい)セット 長崎県美術館編」を販売中。

国立科学博物館

国立科学博物館

ミステリアスな魅力満載の「古代アンデス文明展」。グッズ売り場で、手のひらサイズの「フェイスポーチ アルパカ」を見つけた。もこもこしていて、これからの季節、気持ちをほっこり温めてくれそう。

新着コラム 一覧を見る
小森邦衛「真塗円盆(しんぬりまるぼん)」

美博ノート

小森邦衛「真塗円盆(しんぬりまるぼん)」

漆黒とは、艶(つや)めく黒色のことをいう。漆塗りの本作「真塗丸盆」は、まさに漆黒の奥深さが味わえる一品。

エコール・ド・パリ【下】 北海道立近代美術館

目利きのイチオシコレクション

エコール・ド・パリ【下】 北海道立近代美術館

エコール・ド・パリの画家の多くは、第1次世界大戦前後に故郷を離れ、各国から集まった異邦人でユダヤ系が中心です。戦争に翻弄(ほんろう)されながらも、自己の表現を探究しました。

太陽の橋 福田繁雄作(福岡県北九州市)

アートリップ

太陽の橋 
福田繁雄作(福岡県北九州市)

小倉駅から小倉城に向かって大通りを歩いていくと、突然色とりどりに彩られた橋が現れた。

ブームの卵

ブームの卵

1月12日 注目グッズ
「ママの手 ラップ用アーム」など

「ママの手 ラップ用アーム」(幅13.5×奥行き5×高さ16センチメートル、3個入り)は、料理の形を崩すことなくラップ保存できるキッチングッズ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。