気になる一品

東京都美術館

 旅をコンセプトに、ロシアの国立美術館所蔵の近代風景画65点を紹介する「プーシキン美術館展」(7月8日まで)。12面体の色鮮やかなパッケージが目をひく「旅するフランスビスケット」(2枚入り8袋、500円)は、モネやセザンヌらが描いたフランスの各地を示すマップ付き。箱の各面にあしらった作品と照らし合わせると感慨もひとしお。ほどよい塩気のビスケットと併せて、旅の気分を味わおう!

◆東京都台東区上野公園8の36。午前9時半~午後5時半((金)は8時まで。入館は30分前まで)。1600円。(月)休み。問い合わせは03・5777・8600。

(2018年6月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「気になる一品」の新着記事 一覧を見る
大分県立美術館

大分県立美術館

美術家のミヤケマイさん、県内の和菓子店とコラボし、美術館のショップで販売中の「さいコロがし」。

世田谷文学館

世田谷文学館

放浪の作家・林芙美子の言葉を、原稿、書簡などで紹介する「貧乏コンチクショウ」展(7月1日まで)では、「コンチクショウ手帖」を販売中。

東京ステーションギャラリー

東京ステーションギャラリー

大正ロマンを代表する画家竹久夢二(1884~1934)の全貌に500点超の展示品で迫る「夢二繚乱」(7月1日まで)。ショップでは、代表作をパッケージに使用した入浴剤が人気。

江戸東京博物館

江戸東京博物館

季節の変わり目で、体調を崩しやすいこのごろ。江戸時代も、子どもの流行病予防と治癒への強い願いがあった。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

6月15日 注目グッズ
「目隠しセキュリティテープ 白」など

大切な書類をコピーやファクスするために、個人情報を一時的に隠したいときにおすすめなのが「目隠しセキュリティテープ 白(コピー・FAX用)」。

根古屋(ねごや)窯@栃木・益子町

街の十八番

根古屋(ねごや)窯@栃木・益子町

ぽってりとした素朴な風合いが魅力の益子焼。最古の窯元である根古屋窯は、人里から少し離れた山のふもとにある。

佐々木充彦さん(漫画家)「羊たちの沈黙」(1991年)

私の描くグッとムービー

佐々木充彦さん(漫画家)
「羊たちの沈黙」(1991年)

連続殺人犯を追うFBI実習生クラリスと、猟奇殺人鬼で元精神科医のレクター博士の奇妙な交流を描いた物語です。実は続編の「ハンニバル」を先に劇場で見て、何が面白いのか訳が分からなかったんですよ。

「パティシェ イナムラ ショウゾウ」の上野の山のモンブラン

オトコの別腹

中村歌昇さん
「パティシェ イナムラ ショウゾウ」の上野の山のモンブラン

モンブランといえばこれ、というくらい僕の「鉄板」です。高校生くらいの時に実家が上野の方に引っ越したので、誕生日ケーキに母がよく買ってきてくれました。高校生の頃から、10年くらい毎年これでした。

☆新コラム☆

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。