目利きのイチオシコレクション

日本刀【上】 久能山東照宮博物館

家康の愛刀に思いはせる

【上】重要文化財 太刀 切付銘 妙純傳(みょうじゅんでん)持 ソハヤノツルキ/ウツスナリ 無銘 伝三池光世作 【下】革柄蠟色鞘打刀(かわつかろいろさやうちがたな)拵

㊤重要文化財 太刀 切付銘 妙純傳(みょうじゅんでん)持 ソハヤノツルキ/ウツスナリ 無銘 伝三池光世作
㊦革柄蠟色鞘打刀(かわつかろいろさやうちがたな)拵

  • 【上】重要文化財 太刀 切付銘 妙純傳(みょうじゅんでん)持 ソハヤノツルキ/ウツスナリ 無銘 伝三池光世作 【下】革柄蠟色鞘打刀(かわつかろいろさやうちがたな)拵
  • 【上】重要文化財 脇指 無銘 伝相州行光作 【下】黒鮫柄黒漆鞘(くろさめつかくろうるしさや)小さ刀拵

 刀身の曲線美、刃文の模様、拵(こしらえ)の装飾――名刀を前にするとハッと息をのみます。見た目もさることながら、天皇家や戦国大名など時の権力者が持ち、受け継がれた日本刀は、歴史の流れと深く関わっています。その点も、人々を魅了する理由の一つです。

 久能山東照宮は、徳川家康を祀(まつ)った神社。その境内にある博物館は、家康が生前身の回りに置いた貴重な品々がまとまって収蔵されています。

 紹介するのは、鎌倉時代の筑後の刀工・三池光世(みいけみつよ)作と伝わる、家康が愛した太刀(たち)。家康が臨終の際に「この太刀の切っ先を、西に向けて置くように」と命じたそうです。大坂の陣に勝ち天下統一を果たした家康も、西国にいる豊臣秀吉の遺臣たちが気になったのでしょう。

 付随の拵は家康の趣向が満載。黒一色に金の装飾というのは、当時の武士の間で最も品格が高いとされていた身だしなみです。柄(つか)に巻いた革の間から、波とカワガラスの形の目貫(めぬき)がのぞき、鐔(つば)のすぐ上の、髪をなでつけるための笄(こうがい)は、龍の意匠が華やかです。

 鎌倉時代の相模国の刀工、行光(ゆきみつ)の脇指(わきざし)も、付随の拵と一緒に展示されます。今回の三池と行光は大小のそろい物。脇指の拵だけに鐔がないのは珍しいですが、帯に指すのに邪魔にならなそう。その他、貞宗(さだむね)の脇指も併せて、家康が確実に腰につけていた3点がそろいます。どうぞお見逃しなく。

(聞き手・笹木菜々子)


 どんなコレクション?

 徳川家康を祀った久能山東照宮に伝わる宝物を保存・管理している。1611年に家康がスペイン国王から贈られた洋時計、所持した刀剣、徳川家歴代将軍の具足、弓矢や軍配を始めとする調度品など、所蔵品は2千点を超える。常設展示を中心に、年数回の展示替えを行いながら、徳川家にまつわる名品を展示している。開館は1965年。今回紹介した刀身2点と拵2点は、いずれも9月17日~10月9日に展示予定。

《久能山東照宮博物館》 静岡市駿河区根古屋390(TEL054・237・2437)。午前9時~午後5時(入館は15分前まで)。400円、小中学生150円。原則無休。

渡邉妙子さん

佐野美術館 館長 渡邉妙子

 わたなべ・たえこ 1937年生まれ。慶応義塾大学通信教育課程卒業。日本刀研究家・本間順治氏のもとで学び、現在は日本美術刀剣保存協会の評議員を務める。静岡県文化奨励賞など受賞歴も多数。著書に「日本刀は素敵」「名刀と日本人」ほか。

(2017年9月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「目利きのイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
茶道具【上】 MOA美術館

茶道具【上】 MOA美術館

一服の茶を通じて、人の心と心を通わす茶の湯。亭主は掛け物や花など折々の趣向を凝らして茶室を設(しつら)え、茶碗(ちゃわん)から茶杓(ちゃしゃく)まで道具を組み、客をもてなします。MOA美術館の創設者・岡田茂吉氏も茶を嗜(たしな)みました。

西アジア美術【下】 岡山市立オリエント美術館

西アジア美術【下】 岡山市立オリエント美術館

西アジアでは、イスラム教が広まった7世紀以降、海上交易が盛んになるとともに、現在のイランなどで様々な王朝が栄え、優れた美術品が生まれました。前回紹介した東洋学者・江上波夫が収集に関わった岡山市立オリエント美術館では、西アジアを中心とするオリエント地域の作品を体系的に見ることができます。

西アジア美術【上】 横浜ユーラシア文化館

西アジア美術【上】 横浜ユーラシア文化館

近年、異文化交流が盛んです。その源をたどると、東アジアから欧州まで続く交易路・シルクロードにつながるかもしれませんね。その中継地点ともいえる、アフガニスタンからトルコまでの西アジアは、7世紀以降にイスラム教が広まり、東西文化と融合しながら、独特の美術が形成されました。

アイヌ民族のアート【下】 国立歴史民俗博物館

アイヌ民族のアート【下】 国立歴史民俗博物館

アイヌ民族の伝統文化を紹介する博物館が多いなか、現代のアートに触れることができるのが、国立歴史民俗博物館です。同館では、観光や消費文化によって変容していく民俗の現在にスポットを当てた展示を行っています。

新着コラム 一覧を見る
「色紙日記」

美博ノート

「色紙日記」

宮脇綾子(1905~95)は67年から69年まで毎日色紙に日記をしたためた。本展ではそのうちの32点が並ぶ。

Animal 2012-01B 三沢厚彦作(東京都千代田区)

アートリップ

Animal 2012-01B 
三沢厚彦作(東京都千代田区)

高級ブランド店やオフィスビルが立ち並ぶ東京・丸の内仲通り。大きな白トラが、四つ足を踏ん張って歩道に立つ。近寄って金色の瞳をのぞき込むと、次の瞬間襲いかかってくるようで、ドキリとした。

三菱一号館美術館

気になる一品

三菱一号館美術館

ロートレックらの版画やポスターなどが並ぶ「パリ・グラフィック」展。ショップでは、ロートレック作品の一部をほぼ原寸大でプリントしたポーチを販売中だ。

人形町志乃多寿司(しのだずし)總本店@人形町

街の十八番

人形町志乃多寿司(しのだずし)總本店@人形町

創業は1877(明治10)年。広島藩の江戸詰藩士だった初代吉益(よします)啓蔵が明治維新を機に、いなり寿司の屋台に転業。「明治座など芝居小屋周辺には飲食の屋台が並んでいたそうです」と5代目の吉益敬容(たかひろ)さん(46)。

お知らせ(更新情報)

2018年カレンダープレゼント

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。