ひとえきがたり

青海川(おうみがわ)駅(新潟県、JR信越線)

誰かがつなぐ旅のノート

青海川駅

夏の夕日が日本海に沈む。闇に包まれ始めた駅を列車が通過していった

  • 青海川駅
  • 地図

 降り立つとふわりと潮の香りがした。ホームのすぐ下に波が迫る。「日本海にいちばん近い」駅だ。「やっぱりここが日本一の絶景」。駅を見下ろす高台で地酒屋を営む片山静江さん(64)は笑う。独り占めするのはもったいないと、2階をギャラリーとして開放した。訪れた人に観光ガイドをすることもあるそうだ。

 1日あたり数えるほどの乗降客しかいない無人駅だが、景色の美しさに魅了された人たちが全国から訪れる。そんな旅人を、待合室に置かれた1冊のノートが待つ。気ままに旅情をつづる自由帳だ。

 最初にノートを置いたのは稲田賢(たかし)さん(43)。1993年に初めて訪れ海と空の青さや駅の静かさにひかれた。98年にノートを置いてからは当時住んでいた埼玉県本庄市から月に一度は通い、ノートを交換したり、古いノートの書き込みをワープロで清書して駅に戻したりした。

 近くには「恋人岬」があり、93年には駅が恋愛ドラマ「高校教師」のロケにも使われた。「心の駅になりました」「またきっと2人で来ます」。稲田さんのノートにも連名の書き込みが目立つ。

 約1年で7冊になったところで稲田さんは福岡県に引っ越し、ノートの管理を続けることができなくなった。ところがいつの間にか、待合室には新しいノートが置かれるようになった。今年5月にも1冊。「次に来る時もあるといいな」。稲田さんのノートに記された誰かの思いを誰かがつないでいる。

 文 相田香織撮影 馬田広亘

 

沿線ぶらり

 JR信越線の直江津駅(新潟県上越市)~柏崎駅(同県柏崎市)間は日本海沿いを走る。なかでも柏崎市内の米山駅から青海川駅を経て柏崎駅に至る区間は福浦八景と呼ばれる美しい海岸線が続く。鯨波・青海川海岸は日本の渚(なぎさ)百選にも選ばれた。恋愛成就スポット恋人岬へは青海川駅から徒歩30分。

 柏崎駅から徒歩20分のみなとまち海浜公園では、7月26日(金)午後7時半から海の大花火大会を開催。越後三大花火に数えられ、海上で打ち上げられる花火は迫力満点。問い合わせはぎおん柏崎まつり協賛会(22・0726)。

 

 
興味津々

 

 

 

  柏崎鯛(たい)茶漬けは今年の「全国ご当地どんぶり選手権」でグランプリ受賞。鯛めしに鯛の香り揚げと鯛のなめろうをのせた「三味一鯛」。駅から徒歩20分の「海鮮自慢の店 福浦」(TEL0257・23・6293)のグランプリ仕様の鯛茶漬け=写真=は1050円。

(2013年7月16日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「ひとえきがたり」の新着記事 一覧を見る
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(熊本県、南阿蘇鉄道高森線)

南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(熊本県、南阿蘇鉄道高森線)

阿蘇山火口丘にある夜峰(よみね)山の裾野に、田園が広がる。その中を走ってきた列車が、十二角形の屋根を持つログハウス風駅舎の前で止まった。

余部(あまるべ)駅(兵庫県、JR山陰線)

余部(あまるべ)駅(兵庫県、JR山陰線)

城崎温泉駅から普通列車で西へ30キロ。トンネルを抜け、余部橋梁(きょうりょう)に差し掛かった瞬間、眼下に青々とした日本海が広がった。

遠野駅(岩手県、JR釜石線)

遠野駅(岩手県、JR釜石線)

田園風景を抜けると、重厚な佇まいの駅舎が現れる。欧州の建築様式を採り入れた瓦屋根の2階建て。1950年建造の駅舎は今取り壊し論争の渦中にある。

広電宮島口駅(広島県、広島電鉄宮島線)

広電宮島口駅(広島県、広島電鉄宮島線)

今年、世界遺産登録20周年を迎える宮島・厳島神社への玄関口。広電の電車を降りた人々が、JR宮島口駅からまっすぐ港へのびる道を歩いてくる人々と駅前ロータリーで合流し、足早にフェリー乗り場へと向かっていく。

新着コラム 一覧を見る
「京うどん 葵(あおい)」の葵うどん

おんなのイケ麺(めん)

杉本彩さん
「京うどん 葵(あおい)」の葵うどん

出会ったのは15年以上前でしょうか。以前は東京都世田谷区に住んでいて、行動範囲だったんですね。別の区に引っ越して、京都と東京を行き来する生活になった今でも足を運ぶぐらい大好きなお店です。

「チョコレートショップ」の博多の石畳

オトコの別腹

小久保裕紀さん
「チョコレートショップ」の博多の石畳

20年くらい前かな。僕の誕生日に、知人がこのケーキにデコレーションを施してプレゼントしてくれたんです。

バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

目利きのイチオシコレクション

バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

パリから南東へ約60キロメートルの、風光明媚(めいび)なフォンテーヌブローの森。1820年代から19世紀半ば、森に近いバルビゾン村に滞在・移住して、自然や農村を描いた画家たちがいました。

直島パヴィリオン 藤本壮介作(香川県直島町)

アートリップ

直島パヴィリオン 
藤本壮介作(香川県直島町)

「本船はまもなく、宮浦港に入港いたします」。船内アナウンスに顔を上げた。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)
6月1日からはがき代が52円から62円に、往復はがき代が104円から124円になりますのでご注意下さい。