アート・展覧会 (東京都)

アキラトアリキノアラタナアリタ 現代陶芸としての有田焼

 2月3日(土)までの正午~午後7時、東京都江東区白河4丁目のKANA KAWANISHI GALLERY(清澄白河駅、問い合わせは03・5843・9128)。

 藤元明とオランダ出身のアリキ・ファンデルクライス、2人のアーティストによる展示。有田焼の窯元に眠っていた素地を活用して新たな表現を試みる。

 藤元の「Conservation」=写真左=は、独自の絵付けを施した急須を重ね合わせた立体作品。アリキの「Whirls」=同右=は、回転させた皿にエアブラシで呉須(ごす)を吹きかけた。

 計約70点。

 (日)(月)休み。

(2018年1月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。