アートのコラム

アートリップ

OROCHI 
澄川喜一作(島根県益田市)

飛行機が萩・石見空港に近づくと、赤褐色の石州瓦の屋根が点在する益田市内の町並みが見えてきた。ひときわ目を引いたのが、建物すべてが石州瓦で覆われた文化施設、島根県芸術文化センター「グラントワ」だ。

私のイチオシコレクション

現代グラフィック 
CCGA現代グラフィックアートセンター

当館は1995年、大日本印刷が本業に近い分野で文化活動を行う目的で、設立しました。ポスターや版画など約2万点を所蔵しています。

気になる一品

国立科学博物館

博物館漫画「へんなものみっけ!」の作者、早良(さわら)朋さんが国立科学博物館で開催中の「大哺乳類展2」のために描き下ろしたチーターの「チー太」とマッコウクジラの「まっ子」がぬいぐるみになった。

美博ノート

「愛し合う妖精」

東アフリカでは「シェタニ」という神話や伝説上の妖精が広く知られており、マコンデの人々はこれをモチーフにした彫刻を多く制作している。

目利きのイチオシコレクション

漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

江戸時代まで漆芸は、寺院や大名の注文を受け、職人が分業で制作していましたが、明治になると、作り手が自ら発想し、全工程を手がける作家活動が盛んになります。

アートのイベント 一覧を見る

展覧会

ひかりのいろ 諏訪薫+河村尚江

諏訪は、アクセサリー約100点を出品。美濃友禅を手がける河村は、ストールなどを展示。

展覧会

松山広視展

何も描かれていない真っ白な「地」と、濃淡や質感を表した「図」の関係性

展覧会

TAKAKO HAMANAKA 
Jewelry

イタリア・フィレンツェで技術を学んだ山口県出身のジュエリー作家、濱中孝子の約100点を展示。

アートのプレゼント

展覧会招待

女・おんな・オンナ 
浮世絵にみる女のくらし

美人画や着物、化粧道具、春画など136件から、江戸時代に生きた女性たちの暮らしの様子を探る。

広告

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。