アートのコラム

アートリップ

光屏風(紅)
吉岡幸雄(さちお)作(千葉県成田市)

手荷物を持った乗客が次々とやって来た。成田空港第2ターミナルビル。外国人や、帰国した日本人が機内から降り立ち、初めて眺める空間に「光屏風」はある。日本の伝統工芸品が並ぶ約500メートルの到着コンコースの両端に、「藍」と「紅」の屏風が2隻飾られている。

私のイチオシコレクション

数理模型 インターメディアテク

数理模型とは、数学の数式で表される領域を石膏などで立体化したもの。19世紀後半~20世紀初頭、主にドイツのマルチン・シリング社が制作し、数学の教材として用いられました。

気になる一品

五島美術館

日本と東洋の古美術を中心に紹介する五島美術館では、所蔵品を模した20センチ四方弱の「リアルモチーフタオル」(写真、全3種、各1100円)を販売中だ。

美博ノート

「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

人々の感情を揺さぶる生々しい表現で名声を博したイタリアの画家カラバッジョは、斬首をモチーフにした作品が多い。ついには本作で自身の生首を描いた。

目利きのイチオシコレクション

漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

江戸時代まで漆芸は、寺院や大名の注文を受け、職人が分業で制作していましたが、明治になると、作り手が自ら発想し、全工程を手がける作家活動が盛んになります。

アートのイベント 一覧を見る

展覧会

可南(かなん) つちびと展
祈りにも似て

動物や人などの陶人形を「つちびと」と名付け、信楽(しがらき)の赤土で制作する作家。

展覧会

土方朋子 たどりゆく

室内での制作に閉塞感を覚え、約10年前から野外で描く日本画家。

展覧会

八田郁子展 ちょうどいい存在感

本や段ボールなど、身近にある物を使ってインスタレーション作品を制作する作家。

アートのプレゼント

展覧会招待

東京ミネラルショー

国内外の約420店が出店し、鉱物や化石、天然石などを展示販売する。北アフリカで約6千万年前の地層から見つかったゾウ類の祖先の化石の特別展示も。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。