アートのコラム

アートリップ

究竟頂
杉本博司作(東京都港区)

最新ファッションに身を包んだ人々が行き交う東京・表参道。

私のイチオシコレクション

棟方志功 棟方志功記念館

青森県出身の版画家・棟方志功(1903~75)。自身が生み出す版画を「板画」、肉筆画を「倭画」と呼び、他にも油絵や書を手がけました。

気になる一品

東京芸術大学大学美術館

18世紀以降の日本画の系譜に迫る「円山応挙から近代京都画壇へ」が、東京・上野の東京芸術大学大学美術館で開催中(29日まで)。

美博ノート

「諸国名所百景 肥前五島鯨漁の図」

捕鯨が盛んだった長崎県の五島列島での漁の様子を、二代歌川広重が描いた本作。

目利きのイチオシコレクション

漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

江戸時代まで漆芸は、寺院や大名の注文を受け、職人が分業で制作していましたが、明治になると、作り手が自ら発想し、全工程を手がける作家活動が盛んになります。

アートのイベント 一覧を見る

展覧会

鄭琪満(チョン・ギマン)作陶展

福岡県古賀市を拠点に、唐津焼の一種の朝鮮唐津を手がける陶芸家。

展覧会

小早川秋聲(しゅうせい)
無限のひろがりと寂(しず)けさと

従軍画家としても知られる日本画家・小早川秋聲の回顧展。

展覧会

frankincense(フランキンセンス) 器作品展

粉引の皿やカップなど約100点を並べる

アートのプレゼント

展覧会招待

チェコ・デザイン100年の旅

19世紀末から現代までの家具や食器、玩具など約250点でチェコのデザインの歴史をたどる。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。