アートのコラム

アートリップ

開花
サハンド・ヘサミヤン作(奈良市)

江戸時代末期から明治時代にかけての風情が残る、奈良市の旧市街「ならまち」。町家の間を抜けていくと、巨大なこまのような物体が現れる。

私のイチオシコレクション

ランプワーク KOBEとんぼ玉ミュージアム

当館は、ランプワークで作られた国内外作家のガラス作品約2千点を所蔵しています。

気になる一品

鎌倉市鏑木清方記念美術館

歌舞伎の登場人物などを題材にした日本画が並ぶ「物語に魅せられて 清方の芝居絵を中心に」展を開催中(2月25日まで)の鎌倉市鏑木清方記念美術館。

美博ノート

「セーヌ河畔」

ヤマザキマザック美術館の創立者、故・山崎照幸氏は、画家の木村忠太(1917~87)を高く評価し、油彩の大作3点を購入した。

目利きのイチオシコレクション

漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

江戸時代まで漆芸は、寺院や大名の注文を受け、職人が分業で制作していましたが、明治になると、作り手が自ら発想し、全工程を手がける作家活動が盛んになります。

アートのイベント 一覧を見る

展覧会

佐藤久美子 水彩スケッチ画展

主に風景を描く画家。

展覧会

籔内佐斗司展

奈良県の公式マスコットキャラクター「せんとくん」を考案した彫刻家。

展覧会

和紙の不思議

ポーランド人作家3人が美濃和紙などで作った作品を展示。

アートのプレゼント

展覧会招待

リサ・ラーソン展 創作と出会いをめぐる旅

温かみのある動物のモチーフで知られるスウェーデンの陶芸家、リサ・ラーソンの初期から近年までの作品約200点を展示。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。