美博ノート

「茶席起図 蓮華庵」

茶 岩瀬文庫資料にみる茶のさまざま(西尾市岩瀬文庫)

幕末~明治ごろ

幕末~明治ごろ

 近世の茶室の造りを今に伝えるのは、折り畳み式の立体見取り図「起図」だ。現在の設計図と建築模型を合わせたようなもので、図の中には寸法や素材、意匠なども書き込まれている。

 岩瀬文庫所蔵の「茶席起図」は、杉製の箱の中に45点収められている。千利休や小堀遠州といった茶人が考案した茶室のほか、付随する生け垣や雪隠(便所)なども含まれる。「後世に記録として作られたのではないかと思います」と学芸員の青木眞美さん。

 本作はその一つで、江戸千家の流祖・川上不白(1719~1807)が1755年に建てた茶室・蓮華庵。江戸の神田明神(東京都千代田区)境内にあった。直径45センチほどの床柱は鎌倉・建長寺の山門の古材を使い、床の間横に利休の肖像をまつる持仏堂を設けていたことがわかる。

(2019年12月3日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「宇治茶御用道中図景」

「宇治茶御用道中図景」

江戸時代、将軍家用の茶を京都・宇治から江戸城へ行列を組んで運ぶ行事があった。

神農図

「神農図」

嗜好品の代表格である「茶」。日本の茶祖とされる鎌倉時代の禅僧・栄西が、中国・宋から茶の種をもたらしたと言われる。本展では、薬としての茶の効用を記した本草書、江戸時代の茶道書や名物茶器の図譜、茶人を題材にした滑稽譚など41点で茶をめぐる文化を紹介する。

「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

人々の感情を揺さぶる生々しい表現で名声を博したイタリアの画家カラバッジョは、斬首をモチーフにした作品が多い。ついには本作で自身の生首を描いた。

「法悦のマグダラのマリア」

「法悦のマグダラのマリア」

イタリア絵画の巨匠カラバッジョ(1571~1610)は、作品も人生も劇的なことで知られる。気性が荒く暴力事件を何度も起こした末、1606年に1人の男を刺殺。

新着コラム 一覧を見る
「蕎麦切 森の」の胡麻だれそば

おんなのイケ麺(めん)

山田真歩さん
「蕎麦切 森の」の胡麻だれそば

おそばが好きなんです。仕事でいろいろなところに行きますが、行った先ではまずそば屋を調べますね。

JICA横浜 海外移住資料館

気になる一品

JICA横浜 海外移住資料館

明治~昭和期に海外へ移住した日系人の歴史や暮らしを紹介する海外移住資料館。3階のポートテラスカフェでは、日系人の食文化を体験できる「コラボレーションセット」(900円)を提供。

屋内広場sola 石上純也作(神奈川県厚木市)

アートリップ

屋内広場sola
石上純也作(神奈川県厚木市)

モクモクと広がる雲のような形の壁が目前に迫った。

青銅器 根津美術館

私のイチオシコレクション

青銅器 根津美術館

中国の殷周時代(紀元前17~同3世紀ごろ)、祭祀儀礼に使う青銅器が盛んにつくられました。神格化された動物や渦巻きなどの文様が細部まであしらわれているのが特徴です。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。