気になる一品

国立新美術館

 「ピエール・ボナール展」(12月17日まで)で、「いげ皿」(小~大の3種、写真は中1944円)を販売中だ。19~20世紀のナビ派の画家ボナールは、「日本かぶれのナビ」とも呼ばれる。それがうかがえる「白い水玉模様の服を着た女性」=写真左端=をイメージした。縁のギザギザが特徴のいげ皿は、同時代の有田などで、西洋の印判技術を参考にして生産されていた。東西の美の融合を味わえる一枚だ。

◆東京都港区六本木7の22の2。午前10時~午後6時((金)(土)は8時まで。入館は30分前まで)。1600円。(火)休み。問い合わせは03・5777・8600。

(2018年10月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「気になる一品」の新着記事 一覧を見る
上野の森美術館

上野の森美術館

17世紀オランダの画家を紹介する「フェルメール展」。ショップでは、ガラス瓶をキャンバスに「大人の塗り絵」が楽しめる「コロリアージュボトル」が人気。

水戸芸術館

水戸芸術館

現代美術ギャラリーをはじめとした複合文化施設の水戸芸術館。そのシンボルタワーを作れる「オリジナルクリアファイル」が人気だ。

目黒寄生虫館

目黒寄生虫館

寄生虫の標本や関連資料約300点を展示する目黒寄生虫館。ショップでは、寄生虫をカラフルにデザインした「3連キーホルダー」を販売中。

横浜市歴史博物館

横浜市歴史博物館

原始から現代の暮らしを紹介する横浜市歴史博物館。ショップでは、脱力系のキュートさが漂う「手づくり 顔面把手(とって)」を販売する。

新着コラム 一覧を見る
達仏(たつぶつ) 西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

アートリップ

達仏(たつぶつ) 
西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

生きた木々の枝や幹に直接彫られた50センチほどの仏像群が、差し込む光で金色に輝く。木の葉が風にざわめき、穏やかな仏の顔にアリが伝う。

画家のパレット 笠間日動美術館

私のイチオシコレクション

画家のパレット 笠間日動美術館

当館は、洋画商で日動画廊創業者の長谷川仁(1897~1976)が、ゆかりの画家から譲り受けたパレットを展示するため、72年に開館しました。

ブームの卵

ブームの卵

10月12日 注目グッズ
「CHOCONT sheet」など

秋の行楽シーズンが到来。ハイキングや山登りなどでちょっとひと休みしたいときってあるよね。

きびがら工房@栃木・鹿沼

街の十八番

きびがら工房@栃木・鹿沼

緑豊かな住宅地にある、自宅兼工房の庭先。大きなざるの中で、十二支の人形たちが風に当たる。ほうきの材料、ホウキモロコシの茎を編んで作る郷土玩具「きびがら細工」だ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。