気になる一品

国立新美術館

 16~20世紀初頭の欧州の絵画や彫刻が並ぶ国立新美術館の「ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年」(4日~3月16日)では、「キューブパズル」(1760円、1辺5.5センチ)を販売する。

 1970年代にハンガリーの建築学者が六面体の立体パズルを考案したことにちなんで制作した。

 6面は、シニェイ・メルシェ・パール「紫のドレスの婦人」など5作品と展覧会ロゴで構成。絵をそろえるためなら根気よく完成を目指せそうだ。

 ◆東京都港区六本木7の22の2。午前10時~午後6時((金)(土)は8時まで。入館は30分前まで)。1700円。2月11日を除く(火)、12月25日~1月6日、2月12日休み。問い合わせは03・5777・8600。

(2019年12月3日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「気になる一品」の新着記事 一覧を見る
JICA横浜 海外移住資料館

JICA横浜 海外移住資料館

明治~昭和期に海外へ移住した日系人の歴史や暮らしを紹介する海外移住資料館。3階のポートテラスカフェでは、日系人の食文化を体験できる「コラボレーションセット」(900円)を提供。

大田区立勝海舟記念館

大田区立勝海舟記念館

幕末明治期の旧幕臣で、軍艦「咸臨丸」で渡米したことで知られる勝海舟。晩年別荘を構えた東京都大田区の洗足池に勝海舟記念館が今年9月、開館した。

五島美術館

五島美術館

日本と東洋の古美術を中心に紹介する五島美術館では、所蔵品を模した20センチ四方弱の「リアルモチーフタオル」(写真、全3種、各1100円)を販売中だ。

横浜美術館

横浜美術館

印象派の名品などを紹介する「ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」(来年1月13日まで)を開催中の横浜美術館。

新着コラム 一覧を見る
「蕎麦切 森の」の胡麻だれそば

おんなのイケ麺(めん)

山田真歩さん
「蕎麦切 森の」の胡麻だれそば

おそばが好きなんです。仕事でいろいろなところに行きますが、行った先ではまずそば屋を調べますね。

屋内広場sola 石上純也作(神奈川県厚木市)

アートリップ

屋内広場sola
石上純也作(神奈川県厚木市)

モクモクと広がる雲のような形の壁が目前に迫った。

青銅器 根津美術館

私のイチオシコレクション

青銅器 根津美術館

中国の殷周時代(紀元前17~同3世紀ごろ)、祭祀儀礼に使う青銅器が盛んにつくられました。神格化された動物や渦巻きなどの文様が細部まであしらわれているのが特徴です。

「宇治茶御用道中図景」

美博ノート

「宇治茶御用道中図景」

江戸時代、将軍家用の茶を京都・宇治から江戸城へ行列を組んで運ぶ行事があった。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。