アート・展覧会 (東京都)

翔(と)ぶ鳥展

 1月17日(金)~2月1日(土)、午前11時~午後7時、東京・銀座1の8の17の3階、銀座一穂堂(問い合わせは03・5159・0599)。

 工芸や絵画など様々な分野の、若手を中心とした26作家による展示。

 漆芸家の池田晃将(てるまさ)は、数字をモチーフにしたデザインを螺鈿(らでん)で施した「百千明星玉棗(なつめ)」=写真=を出品。

 植物をテーマに撮影する写真家の鞆岡(ともおか)隆史は、スタジオ内で撮影した青竹の写真を、陶磁器作家の新里明士(あきお)は色鮮やかな磁器を並べる。

 計100点。

 (月)休み。

(2020年1月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。