飲料

国産の梅100%の梅酒

「本格梅酒 百年梅酒」を持つ梅大使の渡辺莉沙さん=写真左=と浅倉千夏さん=同右

「本格梅酒 百年梅酒」を持つ梅大使の渡辺莉沙さん=写真左=と浅倉千夏さん=同右

  • 「本格梅酒 百年梅酒」を持つ梅大使の渡辺莉沙さん=写真左=と浅倉千夏さん=同右
  • 千波湖の水面を彩る花火=2016年撮影
  • 山車巡行(8月4日)は「叩(たた)き合い」が見どころ=2018年撮影

 7月20日(土)、8月3日(土)、4日(日)、水戸市内の各所で「水戸黄門まつり」を開催。59回目の今年は祭りが大幅にリニューアルされることを記念し、実行委が明利(めいり)酒類の「本格梅酒 百年梅酒」(720ミリリットル、1543円)を10人に。

 国産の青梅「白加賀」の粒の大きさや熟度がそろった物だけを熟成。仕上げにブランデーとハチミツで香りと甘さを加えた。豊かな香りと厚みのある味わいが楽しめるという。

 「水戸黄門まつり」の主なリニューアル点は次の通り。

 ▼20日午後7時半、水戸偕楽園花火大会。「全国花火競技大会」(大曲の花火)で内閣総理大臣賞を受賞した経歴がある野村花火工業が、新作を含め過去最多の7000発の花火を打ち上げる(荒天時は8月24日(土)に延期)。

 ▼3日午後7時半、水戸黄門提灯(ちょうちん)行列。「水府提灯」で知られる水戸の提灯を持った「水戸黄門一行」や山車の明かりが市街地を照らす。一般参加も可(参加費500円で小型提灯をプレゼント。提灯を持参した場合は無料。なるべく事前予約を)。

 ▼4日午後4時、ふるさと神輿(みこし)渡御。「ふるさとに元気をふりまく絆のシンボル」として、高さ約4メートルの大神輿を新たに制作。約500人の担ぎ手が勇壮に練り歩く。

 同祭りのイメージソングは「和楽器バンド」のボーカルで、同市出身の鈴華ゆう子さんが制作した。

 https://www.youtube.com/watch?v=R1QkiduWJyM

 水戸黄門まつり http://www.mitokoumon.com/koumon

 問い合わせは、実行委(TEL029・224・0441)。

当選発表は発送をもって代えさせて頂きます。

2019年7月31日16時締め切り

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。