美博ノート

「ひとりでに編める ウット毛糸」

「ひとりでに編める ウット毛糸」

2018/07/18 更新

レイモン・サヴィニャック(1907~2002)が、仏のウット毛糸から依頼されたのは、ブランドのキャッチフレーズを広告ポスターにすること。

「牛乳石鹸モンサヴォン」

「牛乳石鹸モンサヴォン」

2018/07/11 更新

フランスを代表するポスター作家レイモン・サヴィニャック(1907~2002)。本展は、可愛らしくユーモアあふれる作品約200点を、モチーフや表現方法など10の項目に分けて紹介する。

「きじ馬・きじ車」

「きじ馬・きじ車」

2018/07/04 更新

馬や鳥のような胴体に車輪を付けて転がせるようにした、九州の木製玩具「きじ馬」。「きじ車」と呼ぶ地域もあり、由来は各地で様々だ。

「有馬人形筆」

「有馬人形筆」

2018/06/27 更新

筆先を下にして持つと、筆の尻からひょっこり豆人形が顔を出す。筆を逆さにすると人形は姿を隠してしまう。神戸・有馬温泉に伝わる兵庫県の伝統的工芸品「有馬人形筆」だ。

「神農の虎」

「神農の虎」

2018/06/20 更新

ユニークな表情をした動物の張り子や愛らしい土人形、色鮮やかな凧(たこ)など、日本各地に伝わる郷土玩具。本展では、戦後に作られた所蔵品から約550点が府県別に並ぶ。

「画本虫撰」/「緑色の善良な小市民」

「画本虫撰」/「緑色の善良な小市民」

2018/06/13 更新

静かな水辺の一コマ。身を潜めて獲物を狙うカエルと、視線の先で葉を食べる虫。

「都鄙秋興」

「都鄙秋興」

2018/06/06 更新

縮れた葉、牡丹(ぼたん)のように折り重なった花びら。突然変異が生み出す「変化朝顔」は江戸の文化文政期(1804~30)、熱心な愛好家らの手で広がり、珍重さを競う品評会も催された。

「桜花図巻」

「桜花図巻」

2018/05/30 更新

園芸文化が花開いた江戸時代。戦乱の世が終わり、武士から庶民まで草花をめでる習慣が広まった。

「ヒナゲシの活(い)けられた花瓶」

「ヒナゲシの活(い)けられた花瓶」

2018/05/23 更新

風景画を愛好したモーリス・ド・ヴラマンク(1876~1958)だが、静物画も繰り返し描き続けている。

「冬の村通り」

「冬の村通り」

2018/05/16 更新

モーリス・ド・ヴラマンク(1876~1958)と言えば、重厚な色調で描かれた雪景色や田舎の風景を思い出す人が多いだろう。

広告
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。