美博ノート
村上華岳「牡丹之図」

村上華岳「牡丹之図」

2017/06/21 更新

牡丹(ぼたん)が題材の日本画や油彩画、陶磁器を集めた展示室。大輪の花をピンク色などで華やかに描く作品が並ぶなか、静かな表情をたたえていたのが本作だ。

熊谷守一「千日草」

熊谷守一「千日草」

2017/06/13 更新

多彩な「花」が咲き誇る展示室。その中で、明快な輪郭線とわずかな色で描かれた素朴な絵に目が留まった。

「金腐らし茶器揃」

「金腐らし茶器揃」

2017/06/06 更新

今展は、高級食器メーカー・ナカヤマの洋食器を中心に展示しているが、中には、煎茶器セットも並ぶ。

「菊花御紋章入コーヒー碗皿」

「菊花御紋章入コーヒー碗皿」

2017/05/30 更新

1990年、ナカヤマは宮内庁から、現天皇の即位式に使うコーヒーカップ&ソーサーを受注した。

「ハレドール」

「ハレドール」

2017/05/23 更新

白い地に輝く金彩や細やかな絵柄、美しいフォルムが特徴の、ナカヤマの洋食器。14年前に本格的な生産を終えたため、「幻のナカヤマ」とも呼ばれる。

岸田劉生「鯰(なまず)坊主」

岸田劉生「鯰(なまず)坊主」

2017/05/16 更新

最後の展示室には、一見、抽象表現とは縁遠そうな一枚の油絵があった。岸田劉生(1891~1929)の「鯰坊主」だ。

ゾフィー・トイベル=アルプ「段階的な配置」

ゾフィー・トイベル=アルプ「段階的な配置」

2017/05/09 更新

造形作家の岡﨑乾二郎さん(61)が案内するギャラリートーク。

「幼児教育遊具」

「幼児教育遊具」

2017/05/02 更新

造形作家の岡﨑乾二郎さん(61)が他作家の作品を選び、資料を加えて展示、抽象芸術とは何かを問い直す今展。岡﨑さんのギャラリートークに参加した。

「赤阪 旅舎招婦ノ図(りょしゃしょうふのず)」

「赤阪 旅舎招婦ノ図(りょしゃしょうふのず)」

2017/04/25 更新

風景が中心の「東海道五拾三次」の中で、室内をテーマにした珍しい作品。赤坂宿(現愛知県豊川市)の旅籠(はたご)、大橋屋が舞台だ。

「金谷 大井川遠岸」

「金谷 大井川遠岸」

2017/04/18 更新

江戸時代に開かれた五街道の中で、もっとも人の行き来が多かった東海道。その道中、最大の難所といえば、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と馬子唄(うた)にうたわれた大井川だ。

広告
マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)
6月1日からはがき代が52円から62円に、往復はがき代が104円から124円になりますのでご注意下さい。