気になる一品

東京都写真美術館

 先月の改装オープンを記念して販売を始めた紙製の「TOP MUSEUM ピンホールカメラ」(1400円)。自分で組み立て、35ミリフィルム(別売り)を入れて使う=写真上。編集部でも実際に試してみた。ファインダーがないので、被写体との距離感をつかむのが難しいが、ややピンぼけのほんわかした写真が撮れた=同下


 ◆東京都目黒区三田1の13の3(TEL03・3280・0099)。午前10時~午後6時((木)(金)は8時まで。入館は30分前まで)。(月)((祝)の場合は翌日)休み。

(2016年10月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「気になる一品」の新着記事 一覧を見る
印刷博物館

印刷博物館

印刷技術の歴史などを紹介する印刷博物館。蔵する金属活字をもとにした、活版印刷の可愛らしいグッズ「花形装飾活字コースター」を販売中だ。

東京国立近代美術館

東京国立近代美術館

日本画家横山大観の全長40メートル超の大作画巻「生々流転」がまるごとマスキングテープ!同作品は、万物の移り変わりを水の一生で表現した水墨画で、国の重要文化財。

東洋文庫ミュージアム

東洋文庫ミュージアム

東洋学の研究図書館としては、国内最古の歴史と最大の所蔵数100万冊を誇る同館。

東京国立博物館

東京国立博物館

東京国立博物館は、所蔵する埴輪(はにわ)「踊る人々」をモチーフにした約80種のグッズを展開。

新着コラム 一覧を見る
スーザン・ヒラー「Lost and Found」

美博ノート

スーザン・ヒラー
「Lost and Found」

文化人類学者から美術家に転身したスーザン・ヒラー。本作は、世界各地で収集された、23の少数言語の音声で構成された映像作品だ。

Cloud レアンドロ・エルリッヒ作(東京都千代田区)

アートリップ

Cloud 
レアンドロ・エルリッヒ作(東京都千代田区)

南岸低気圧の影響で肌を刺すような風が吹く。飯野海運の本社ビル「飯野ビルディング」1階ピロティの防風スクリーンは、ガラス面にぽっかりと白い雲を浮き立たせながら、強いビル風を和らげていた。

肖像写真【上】 東京都写真美術館

目利きのイチオシコレクション

肖像写真【上】 東京都写真美術館

19世紀前半に写真が発明されると、庶民の間でも肖像写真を撮る習慣が生まれました。大衆化する一方で、写真は記録なのか芸術なのかという議論が起こります。

ブームの卵

ブームの卵

2月16日 注目グッズ
「ちいさい花カード」など

かわいいお花のカードを開くと中からメッセージが……。「ちいさい花カード」は、カードを折り目に沿って折ると、まるで小さな花がパッと咲いたみたい♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。