私の描くグッとムービー

今森光彦さん(写真家)
「ミス・ポター」(2006年)

人間と生き物が風景を美しくする

 今森光彦さん(写真家)「ミス・ポター」(2006年)

 

 絵本「ピーターラビット」シリーズの原作者の人生を描いた映画です。幼少から絵を描き物語を作るのが大好きなポター。上流階級の女性が仕事をするのは難しかった20世紀初頭の英国で、作品を売り込み、絵本出版にこぎつけます。

 彼女の制作に対する姿勢に共感しますね。絵を描くときには、まず自然を見ることから始めています。本物の動物を手本にしているからこそ、ウサギが洋服を着ていても、本当に立って歩いているように見える。僕の切り紙も同じです。簡略化したデザインにするにしても、本物を見てからでないと、薄っぺらい表現になってしまうんですよ。

 物語の後半、彼女は絵本の印税を使い、幼い頃に訪れた湖水地方の農地を買います。自身が遊び、本物の動物や植物を見て絵を描いた場所を、土地開発者たちから守るためです。しかも、ただ買い取るだけではなくて、農家の人たちと一緒に集落で生きていく。そうして共存するうちに、彼女の思いも、集落に伝わっていくような気がしました。そこで生きる人間と生き物の存在が、風景をより美しくする。僕はそう思います。

 ポターと比べたら小さな規模だけれど、僕も土地を管理して、28年前から里山の保護活動をしています。今年は、晴れて農家にもなりました。昔の風景を取り戻したいんです。どんな表現手段においても「自然を守りたい」が僕の出発点。これは、ポターも同じ気持ちだったのではないかな。

聞き手・塩田麻衣子

 

  監督=クリス・ヌーナン
   製作=英・米
   出演=レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー、エミリー・ワトソンほか
いまもり・みつひこ
 1954年生まれ。切り紙作家としても活動する。近著に「Aurelian 自然と暮らす切り紙の世界」(クレヴィス)など。

(2015年8月21日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
瓜生太郎さん(イラストレーター) 「バスキア」(1996年)

瓜生太郎さん(イラストレーター)
「バスキア」(1996年)

舞台は80年代の米ニューヨーク。この時代のリアルなアートシーンを背景に、ペンキやスプレーなどを使った「グラフィティアート」の先駆者として知られる画家ジャンミシェル・バスキアの生涯を描いた映画です。

田村セツコさん(イラストレーター)「女は女である」(1961年)

田村セツコさん(イラストレーター)
「女は女である」(1961年)

20代前半の1960年代、全然仕事がなくって、街をよく歩いていたら、当時、東京・新橋にあった「飛行館」の前で、赤いタイツ姿の女の子の映画のポスターに出会ったの。

宮島達男さん(現代美術家)「生きる」(1952年)

宮島達男さん(現代美術家)
「生きる」(1952年)

市役所で事なかれ主義に生きてきた公務員の主人公。「彼は時間を潰しているだけ」「生きているとはいえない」――冒頭のナレーションに圧倒されました。

吉田照美さん(フリーアナウンサー)「グラン・トリノ」(2008年)吉田照美さん(フリーアナウンサー)「グラン・トリノ」(2008年)

吉田照美さん(フリーアナウンサー)
「グラン・トリノ」(2008年)

朝鮮戦争の帰還兵で頑固なおじいさん、ウォルトを演じるのが、監督も務めたクリント・イーストウッド。愛車グラン・トリノを盗まれそうになったことをきっかけに、不良グループの手先に使われた隣家の青年、アジア系モン族のタオや姉スーとの交流が始まる。

新着コラム 一覧を見る
日本刀【下】 土浦市立博物館

目利きのイチオシコレクション

日本刀【下】 土浦市立博物館

茨城県の土浦市立博物館では毎年秋、土浦藩主土屋家ゆかりの刀剣を公開しています。土屋家の歴代当主は、江戸幕府の老中や奏者番(そうしゃばん)を務めました。

マッテルモン 荒井良二作(大分市生石(いくし))

アートリップ

マッテルモン 
荒井良二作(大分市生石(いくし))

穏やかな波が打ち寄せる大分港。晴れ渡った青空に、真っ赤な門がそびえ立つ。高さ約10メートル、幅15メートル。その上には、丸いオブジェがちょこんと腰かけ、大海原を眺めている。

エドガー・ドガ「美術館にて」

美博ノート

エドガー・ドガ「美術館にて」

芸術の都パリ。19世紀後半になると、女性が画家やモデルなど表現者として活躍し始める。

根津美術館

気になる一品

根津美術館

寺社の御朱印集めが大人気。根津美術館で開催中の企画展「ほとけを支える」に合わせて、ミュージアムショップにも「燕子花図(かきつばたず) 御朱印帳」が登場した。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。