私の描くグッとムービー

今森光彦さん(写真家)
「ミス・ポター」(2006年)

人間と生き物が風景を美しくする

 今森光彦さん(写真家)「ミス・ポター」(2006年)

 

 絵本「ピーターラビット」シリーズの原作者の人生を描いた映画です。幼少から絵を描き物語を作るのが大好きなポター。上流階級の女性が仕事をするのは難しかった20世紀初頭の英国で、作品を売り込み、絵本出版にこぎつけます。

 彼女の制作に対する姿勢に共感しますね。絵を描くときには、まず自然を見ることから始めています。本物の動物を手本にしているからこそ、ウサギが洋服を着ていても、本当に立って歩いているように見える。僕の切り紙も同じです。簡略化したデザインにするにしても、本物を見てからでないと、薄っぺらい表現になってしまうんですよ。

 物語の後半、彼女は絵本の印税を使い、幼い頃に訪れた湖水地方の農地を買います。自身が遊び、本物の動物や植物を見て絵を描いた場所を、土地開発者たちから守るためです。しかも、ただ買い取るだけではなくて、農家の人たちと一緒に集落で生きていく。そうして共存するうちに、彼女の思いも、集落に伝わっていくような気がしました。そこで生きる人間と生き物の存在が、風景をより美しくする。僕はそう思います。

 ポターと比べたら小さな規模だけれど、僕も土地を管理して、28年前から里山の保護活動をしています。今年は、晴れて農家にもなりました。昔の風景を取り戻したいんです。どんな表現手段においても「自然を守りたい」が僕の出発点。これは、ポターも同じ気持ちだったのではないかな。

聞き手・塩田麻衣子

 

  監督=クリス・ヌーナン
   製作=英・米
   出演=レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー、エミリー・ワトソンほか
いまもり・みつひこ
 1954年生まれ。切り紙作家としても活動する。近著に「Aurelian 自然と暮らす切り紙の世界」(クレヴィス)など。

(2015年8月21日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
千原徹也さん(アートディレクター) 「犬神家の一族」(1976年)

千原徹也さん(アートディレクター)
「犬神家の一族」(1976年)

頭をかくとフケが出る。下駄(げた)を履いた飄々(ひょうひょう)としたキャラクターが魅力の名探偵金田一耕助が主人公です。時代は終戦直後。信州・犬神財閥の創始者、犬神佐兵衛の遺言と遺産をめぐり、屋敷周辺で起こる一族の殺人事件を追いかけます。

村上豊さん(画家) 「用心棒」(1961年)

村上豊さん(画家)
「用心棒」(1961年)

二つの博徒の勢力が抗争を繰り返し、荒れ果てた北関東の宿場町。そこへ現れた浪人が、この悪者同士を闘わせて――。三船敏郎演じる浪人は、道に投げた木の枝の向きで行き先を決めるいい加減な男。

辻口博啓(パティシエ) 「思い出のマーニー」(2014年)

辻口博啓さん(パティシエ)
「思い出のマーニー」(2014年)

両親を亡くし、養父母に育てられている12歳の杏奈が、ぜんそくの療養で訪れた海辺の村で、謎めいた金髪の少女マーニーとひと夏を過ごす物語です。

井上涼さん(アーティスト) 「ロミー&ミッシェル」(1997年)

井上涼さん(アーティスト)
「ロミー&ミッシェル」(1997年)

いわゆるアメリカのおバカなコメディー映画です。登場人物は「つっこみ」無しの全員「ボケ役」。終始小ネタの連続で突っ走ります。

新着コラム 一覧を見る
Animal 2012-01B 三沢厚彦作(東京都千代田区)

アートリップ

Animal 2012-01B 
三沢厚彦作(東京都千代田区)

高級ブランド店やオフィスビルが立ち並ぶ東京・丸の内仲通り。大きな白トラが、四つ足を踏ん張って歩道に立つ。近寄って金色の瞳をのぞき込むと、次の瞬間襲いかかってくるようで、ドキリとした。

茶道具【上】 MOA美術館

目利きのイチオシコレクション

茶道具【上】 MOA美術館

一服の茶を通じて、人の心と心を通わす茶の湯。亭主は掛け物や花など折々の趣向を凝らして茶室を設(しつら)え、茶碗(ちゃわん)から茶杓(ちゃしゃく)まで道具を組み、客をもてなします。MOA美術館の創設者・岡田茂吉氏も茶を嗜(たしな)みました。

三菱一号館美術館

気になる一品

三菱一号館美術館

ロートレックらの版画やポスターなどが並ぶ「パリ・グラフィック」展。ショップでは、ロートレック作品の一部をほぼ原寸大でプリントしたポーチを販売中だ。

人形町志乃多寿司(しのだずし)總本店@人形町

街の十八番

人形町志乃多寿司(しのだずし)總本店@人形町

創業は1877(明治10)年。広島藩の江戸詰藩士だった初代吉益(よします)啓蔵が明治維新を機に、いなり寿司の屋台に転業。「明治座など芝居小屋周辺には飲食の屋台が並んでいたそうです」と5代目の吉益敬容(たかひろ)さん(46)。

お知らせ(更新情報)

2018年カレンダープレゼント

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。