私の描くグッとムービー

浅生ハルミンさん(イラストレーター・エッセイスト)
「狩人の夜」(1955年)

怖さと美しさ 迫る映像

 浅生ハルミンさん(イラストレーター・エッセイスト)「狩人の夜」(1955年)

 

 モノクロの映像が本当に美しくて、怖いけれど見入ってしまう作品です。

 アメリカの田舎町に暮らす男が、銀行強盗で奪った1万ドルを幼い息子と娘に預けます。その後、男は死刑になりますが、男と牢獄で一緒だった、ロバート・ミッチャム扮するハリーという偽伝道師が、お金を狙ってやってくる。ハリーはハンサムで言葉が巧み。皆だまされ、子どもたちの母親は彼と結婚します。しかし殺されてしまう。兄妹は、川を小舟で下って逃げていきます。

 川下りの場面は童話のよう。夜、星がきらめいて、月明かりが照らす中を舟が行くと、川辺にいろんな植物や小さな動物が現れます。影絵や工作のようで、どこかたどたどしく、手づくりの魅力があります。でも、追いつめられる恐怖感がスリリング。しかも、男の子は自分だけハリーが悪人と見抜いていて、周りの大人は誰も味方にならない。悪夢ですよ。

 兄妹は、保護した孤児たちと生活する、厳しいけれど善良な女性、リリアン・ギッシュ演じるレイチェルの家にたどり着きます。追ってきたハリーが家の外に潜み、レイチェルが猟銃を持って窓際で見張る終盤の場面。そこでハリーが、「leaning(身をゆだねる)」と繰り返す一節がある、黒人霊歌を口ずさむ。すると、レイチェルも声を重ねるように歌うんです。2人とも、自分が正しいと強く思っている人物です。善と悪の両極ですが、私には、2人が表裏一体に見えました。

聞き手・小寺美保子

 

  監督=チャールズ・ロートン
   製作=米
   出演=ロバート・ミッチャム、シェリー・ウィンタース、リリアン・ギッシュほか
あさお・はるみん
 1966年生まれ。著書に「三時のわたし」など。自身のエッセー「私は猫ストーカー」が、2009年に映画化。

(2015年11月20日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
谷川晃一さん(画家) 「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年)

谷川晃一さん(画家)
「ウォルター少年と、夏の休日」(2003年)

レンタルDVDで見て気に入り、DVDを購入した一本です。1960年代初頭の米テキサス州。14歳の孤独な少年ウォルターは、夏休みに2人の大伯父、ハブとガースの元に預けられます。

押切もえさん(モデル・作家) 「プラダを着た悪魔」(2006年)

押切もえさん(モデル・作家)
「プラダを着た悪魔」(2006年)

ニューヨークの一流ファッション雑誌編集部で働くことになったジャーナリスト志望のアンディ。編集長ミランダが命じる無理難題に応えながら、恋愛や夢に悩みます。同じ業界で働く女性として共感しましたね。

海老塚耕一さん(美術家) 「我輩はカモである」(1933年)

海老塚耕一さん(美術家)
「我輩はカモである」(1933年)

子どもの頃から喜劇が大好き。でもチャプリンや日本の笑いでは物足りなくて。笑いとはもっと過激なものじゃないかと思っていたんです。

やまだないとさん(漫画家)「ホーリー・モーターズ」(2012年)

やまだないとさん(漫画家)
「ホーリー・モーターズ」(2012年)

レオス・カラックス監督の13年ぶりの作品だったので、心待ちにしていました。主人公のオスカーは、何らかの機関に依頼を受け、指定された人物に変装し、時間刻みにあるシーンを演じていきます。

新着コラム 一覧を見る
富田染工芸@新宿

街の十八番

富田染工芸@新宿

神田川沿いでは、江戸時代から染色産業が栄え、新宿区の落合・中井地区の地場産業として根付いた。

ブームの卵

ブームの卵

4月21日 注目グッズ
「トビイシ ステッピングストーン」など

宅配便やお客さんが来た時、玄関で靴を履くのってもどかしい……。そんなあなたは、「トビイシ ステッピングストーン」(直径15×高さ2.5センチメートル、1944円)を使ってみては?

「オッティ」のしらすとブロッコリーとフルーツトマトのガーリックオイル パクチーのせ

おんなのイケ麺(めん)

有森也実さん
「オッティ」のしらすとブロッコリーとフルーツトマトのガーリックオイル パクチーのせ

パクチーをのせたパスタって珍しくないですか?ここはパスタの具材の組み合わせが独創的でおもしろいイタリアンのお店です。

「やまり菓子舗」の芋ようかん

オトコの別腹

奥山清行さん
「やまり菓子舗」の芋ようかん

母と妹も芋ようかんが好きで、昔から各地に行くたびにお土産にすると喜んでくれて。なかでも、このようかんは飛び抜けておいしいんです。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)

【携帯(フィーチャーフォン)サイト終了のお知らせ】

→詳しくはこちら