私の描くグッとムービー

浅生ハルミンさん(イラストレーター・エッセイスト)
「狩人の夜」(1955年)

怖さと美しさ 迫る映像

 浅生ハルミンさん(イラストレーター・エッセイスト)「狩人の夜」(1955年)

 

 モノクロの映像が本当に美しくて、怖いけれど見入ってしまう作品です。

 アメリカの田舎町に暮らす男が、銀行強盗で奪った1万ドルを幼い息子と娘に預けます。その後、男は死刑になりますが、男と牢獄で一緒だった、ロバート・ミッチャム扮するハリーという偽伝道師が、お金を狙ってやってくる。ハリーはハンサムで言葉が巧み。皆だまされ、子どもたちの母親は彼と結婚します。しかし殺されてしまう。兄妹は、川を小舟で下って逃げていきます。

 川下りの場面は童話のよう。夜、星がきらめいて、月明かりが照らす中を舟が行くと、川辺にいろんな植物や小さな動物が現れます。影絵や工作のようで、どこかたどたどしく、手づくりの魅力があります。でも、追いつめられる恐怖感がスリリング。しかも、男の子は自分だけハリーが悪人と見抜いていて、周りの大人は誰も味方にならない。悪夢ですよ。

 兄妹は、保護した孤児たちと生活する、厳しいけれど善良な女性、リリアン・ギッシュ演じるレイチェルの家にたどり着きます。追ってきたハリーが家の外に潜み、レイチェルが猟銃を持って窓際で見張る終盤の場面。そこでハリーが、「leaning(身をゆだねる)」と繰り返す一節がある、黒人霊歌を口ずさむ。すると、レイチェルも声を重ねるように歌うんです。2人とも、自分が正しいと強く思っている人物です。善と悪の両極ですが、私には、2人が表裏一体に見えました。

聞き手・小寺美保子

 

  監督=チャールズ・ロートン
   製作=米
   出演=ロバート・ミッチャム、シェリー・ウィンタース、リリアン・ギッシュほか
あさお・はるみん
 1966年生まれ。著書に「三時のわたし」など。自身のエッセー「私は猫ストーカー」が、2009年に映画化。

(2015年11月20日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
瓜生太郎さん(イラストレーター) 「バスキア」(1996年)

瓜生太郎さん(イラストレーター)
「バスキア」(1996年)

舞台は80年代の米ニューヨーク。この時代のリアルなアートシーンを背景に、ペンキやスプレーなどを使った「グラフィティアート」の先駆者として知られる画家ジャンミシェル・バスキアの生涯を描いた映画です。

田村セツコさん(イラストレーター)「女は女である」(1961年)

田村セツコさん(イラストレーター)
「女は女である」(1961年)

20代前半の1960年代、全然仕事がなくって、街をよく歩いていたら、当時、東京・新橋にあった「飛行館」の前で、赤いタイツ姿の女の子の映画のポスターに出会ったの。

宮島達男さん(現代美術家)「生きる」(1952年)

宮島達男さん(現代美術家)
「生きる」(1952年)

市役所で事なかれ主義に生きてきた公務員の主人公。「彼は時間を潰しているだけ」「生きているとはいえない」――冒頭のナレーションに圧倒されました。

吉田照美さん(フリーアナウンサー)「グラン・トリノ」(2008年)吉田照美さん(フリーアナウンサー)「グラン・トリノ」(2008年)

吉田照美さん(フリーアナウンサー)
「グラン・トリノ」(2008年)

朝鮮戦争の帰還兵で頑固なおじいさん、ウォルトを演じるのが、監督も務めたクリント・イーストウッド。愛車グラン・トリノを盗まれそうになったことをきっかけに、不良グループの手先に使われた隣家の青年、アジア系モン族のタオや姉スーとの交流が始まる。

新着コラム 一覧を見る
日本刀【下】 土浦市立博物館

目利きのイチオシコレクション

日本刀【下】 土浦市立博物館

茨城県の土浦市立博物館では毎年秋、土浦藩主土屋家ゆかりの刀剣を公開しています。土屋家の歴代当主は、江戸幕府の老中や奏者番(そうしゃばん)を務めました。

マッテルモン 荒井良二作(大分市生石(いくし))

アートリップ

マッテルモン 
荒井良二作(大分市生石(いくし))

穏やかな波が打ち寄せる大分港。晴れ渡った青空に、真っ赤な門がそびえ立つ。高さ約10メートル、幅15メートル。その上には、丸いオブジェがちょこんと腰かけ、大海原を眺めている。

エドガー・ドガ「美術館にて」

美博ノート

エドガー・ドガ「美術館にて」

芸術の都パリ。19世紀後半になると、女性が画家やモデルなど表現者として活躍し始める。

根津美術館

気になる一品

根津美術館

寺社の御朱印集めが大人気。根津美術館で開催中の企画展「ほとけを支える」に合わせて、ミュージアムショップにも「燕子花図(かきつばたず) 御朱印帳」が登場した。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。