気になる一品

国立科学博物館

 恐竜化石や生物標本を展示する国立科学博物館。グッズ売り場で見つけたのは、オリジナルの靴下「地層・化石ソックス」(写真、22~24センチ、全3色、各1080円)。線で時代を区分し、三葉虫やアンモナイトなど、各時代ごとに生息したとされる生物をデザインしているよ。涼しげなシースルーの生地で、夏にぴったり。他に「微生物」と「古代生物」の柄も。個性的な足元のおしゃれを楽しもう♪

◆東京都台東区上野公園7の20。午前9時~午後5時((金)(土)は8時、9月中は9時まで。入館は30分前まで)。原則(月)休み(8月は無休)。問い合わせは03・5777・8600。

(2017年8月8日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「気になる一品」の新着記事 一覧を見る
上野の森美術館

上野の森美術館

「恐怖」をテーマに西洋絵画や版画を集めた「怖い絵」展。ショップでは、「缶ミラー」を販売中。

容器文化ミュージアム

容器文化ミュージアム

容器包装の歴史をパネルや史料で紹介する容器文化ミュージアム。1917(大正6)年創立の容器専門会社、東洋製缶グループが運営する。

東京国立博物館

東京国立博物館

平安末期から鎌倉初期に活躍した天才仏師・運慶の傑作がそろう「運慶」展。同展では、通販会社フェリシモが企画した「ぼさつニットバイザー」が話題だ。

東京国立近代美術館

東京国立近代美術館

10月29日まで開催中の「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」展。ショップではパズルパーツ「プチプチタングル」が人気だ。

新着コラム 一覧を見る
岩谷圭介「ふうせん宇宙撮影」

美博ノート

岩谷圭介「ふうせん宇宙撮影」

空高く飛んだ風船が、みるみるうちに漆黒の世界へ行き着いた。上空30キロから、青い地球と太陽の光を撮影した動画の1カットだ。

新印象派【下】 ポーラ美術館

目利きのイチオシコレクション

新印象派【下】 ひろしま美術館

スーラの影響を受けて点描の技法を推し進めたのが、シニャックです。特に、珍しい初期の作品が見られるのが、ひろしま美術館。日本では数少ない新印象派の優品をそろえた貴重な美術館です。

爬虫類(はちゅうるい) THE REPTILES 田辺光彰作(さいたま市中央区)

アートリップ

爬虫類(はちゅうるい) THE REPTILES 
田辺光彰作(さいたま市中央区)

通勤客が足早に行き交う広場に突如現れたのは、全長11メートルの巨大なトカゲの彫刻。ステンレス製の銀色の姿が目をひく。

三瀬夏之介さん(画家) 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(1999年)

私の描くグッとムービー

三瀬夏之介さん(画家)
「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」
(1999年)

日本から遠く離れたカリブ海に浮かぶ小さな島国、キューバのハバナが舞台。長く忘れられた老音楽家たちが、米国人のギタリスト、ライ・クーダーに見いだされ、セッションを通して異文化交流をするドキュメンタリーです。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。