アートリップ

AMAMAMA 
榎忠(えのきちゅう)作(兵庫県尼崎市)

尼崎の母がつなぐ時

夕方、近所の子どもが遊びに訪れる=滝沢美穂子撮影

夕方、近所の子どもが遊びに訪れる=滝沢美穂子撮影

  • 夕方、近所の子どもが遊びに訪れる=滝沢美穂子撮影
  • 天井からぶら下がるのは、「のどちんこ」=滝沢美穂子撮影

 尼崎市記念公園に置かれた、奇妙なモニュメントの中で、子どもたちのはしゃぎ声が響く。作品は長さ25、幅8、高さ6メートルの鉄でできた管状の滑り台。記者も童心に帰って一気に滑り降りると、心臓が高鳴った。

 形のモチーフは「宇宙から来た生物」。生物の尻から入って、口から滑り出る構造だ。「近所の子どもらに相談して決めたんよ」と話すのは作者で、神戸で鉄を使った作品を作り続ける美術家の榎忠さん(72)。

 1986年、尼崎市制70周年の記念事業の一つとして市から依頼を受けて制作。名前は尼崎の母を意味し、体内で遊ぶ子どもをイメージした。色はピンクや青を要望されたが、子どもは怖いものに魅力を感じるという考えから、黒にしたという。

 しかし、設置してしばらく経つと、不良たちのたまり場や、ホームレスのすみかになり、苦情が出たため、立ち入り禁止に。榎さんが市にかけあうなどして、約5年後に誰もが遊べる状態に戻った。

 現在、中は落書きだらけだ。それでも、いたずらの証しとして消さない。「鉄だから100年、200年残る。そうやってつながっていく」と榎さん。設置当時、高校生だった南雅夫さん(46)は、25年後には二児の父として滑り台で遊んだ。「ずっとあのまま。古くならないですね」

(吉田愛)

 尼崎市のアート発信

 工業都市として発展してきた尼崎市では、現在若手作家のアートを発信する活動が進んでいる。阪神尼崎駅から徒歩15分の「あまらぶアートラボ A‐Lab」は、作品の展示やワークショップを開催。毎年、全国の大学などの新卒業生の作品が並ぶ「A‐Lab Artist Gate」も展開している。問い合わせは市都市魅力創造発信課(06・6489・6385)。

 《AMAMAMAへのアクセス》JR尼崎駅から徒歩約10分。


ぶらり発見

尼崎枡千

 阪神尼崎駅から徒歩5分の世界の貯金箱博物館(TEL06・6413・1163)は、62カ国の近現代の貯金箱約1万3千点を収蔵する。西欧のマイセン窯などの陶磁器製や、米国のからくり仕掛け、日本の福助やおかめなどユニークな貯金箱が並ぶ。午前10時~午後4時、原則(月)休み。

 お土産を買うなら江戸末期創業、尼崎枡千(ますせん、TEL6411・0695)のねりもの=写真。名物の「さんしょう天」(160円)は、さんしょうのほか歯ごたえのあるキクラゲとイカ入り。店舗では、タイミングがよければ揚げたても。午前9時~午後7時。(木)休み。ネット注文可。

(2017年2月28日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
高炉モニュメント 倉田光吾郎作(千葉市中央区)

高炉モニュメント 
倉田光吾郎作(千葉市中央区)

サッカー少年たちの声が飛び交う公園の一角に、不思議な鉄の物体が。高さは約12メートル。赤茶けた胴体にパイプが張り巡らされている。ジブリ映画の一場面に出てきそうだ。

麒麟(きりん)像 渡辺長男作(東京都中央区)

麒麟(きりん)像 
渡辺長男作(東京都中央区)

日本の道路の起点、日本橋を訪れた。橋の真ん中に、青銅の彫刻「麒麟像」が、堂々たる風格でたたずんでいる。

葛生(くずう)伝承館外壁 フレスコ画 福島恒久、戸倉英雄作(高知県四万十町)

葛生(くずう)伝承館外壁 フレスコ画 
福島恒久、戸倉英雄作(栃木県佐野市)

冷たい風が吹き付ける葛生伝承館西側の外壁に、寒さを忘れてしまうほど鮮やかな色彩が広がっていた。高さ約3メートル、幅約23メートルの壁に描かれたフレスコ画。テーマは佐野の四季だ。

岩本寺の天井画 全国の有志のみなさん作(高知県四万十町)

岩本寺の天井画 
全国の有志のみなさん作(高知県四万十町)

四国八十八カ所霊場第37番札所・岩本寺。本堂の天井一面に色とりどりの絵575枚が並ぶ。

新着コラム 一覧を見る
「天下一品」のこってり

おんなのイケ麺(めん)

滝沢カレンさん
「天下一品」のこってり

高校3年生の時、学校帰りに友だちと寄り道して入った天下一品さんで、この「こってり」を食べてから、ラーメン愛が花開きました。

「クリスピー・クリーム・ドーナツ」のオリジナル・グレーズド

オトコの別腹

増田修一朗さん
「クリスピー・クリーム・ドーナツ」の
オリジナル・グレーズド

15年前、アメリカに語学留学をしていたときに店に連れて行ってもらったのが最初です。行列に並んでいると、焼きたてを配ってくれるんですよね。まず、アツアツのドーナツに衝撃。そして軟らかい!

志賀理江子「予感と夢」

美博ノート

志賀理江子「予感と夢」

1組4作家の作品から、家族や土地など身近な関係性の中に潜む「現代の物語」を読み解く本展。

書【下】 台東区立書道博物館

目利きのイチオシコレクション

書【下】 台東区立書道博物館

書聖・王羲之(おうぎし)を学ばずして大成した書家はいません。書・画・篆刻(てんこく)の大家、呉昌碩(1844~1927)もその一人。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。