アートリップ

AMAMAMA 
榎忠(えのきちゅう)作(兵庫県尼崎市)

尼崎の母がつなぐ時

夕方、近所の子どもが遊びに訪れる=滝沢美穂子撮影

夕方、近所の子どもが遊びに訪れる=滝沢美穂子撮影

  • 夕方、近所の子どもが遊びに訪れる=滝沢美穂子撮影
  • 天井からぶら下がるのは、「のどちんこ」=滝沢美穂子撮影

 尼崎市記念公園に置かれた、奇妙なモニュメントの中で、子どもたちのはしゃぎ声が響く。作品は長さ25、幅8、高さ6メートルの鉄でできた管状の滑り台。記者も童心に帰って一気に滑り降りると、心臓が高鳴った。

 形のモチーフは「宇宙から来た生物」。生物の尻から入って、口から滑り出る構造だ。「近所の子どもらに相談して決めたんよ」と話すのは作者で、神戸で鉄を使った作品を作り続ける美術家の榎忠さん(72)。

 1986年、尼崎市制70周年の記念事業の一つとして市から依頼を受けて制作。名前は尼崎の母を意味し、体内で遊ぶ子どもをイメージした。色はピンクや青を要望されたが、子どもは怖いものに魅力を感じるという考えから、黒にしたという。

 しかし、設置してしばらく経つと、不良たちのたまり場や、ホームレスのすみかになり、苦情が出たため、立ち入り禁止に。榎さんが市にかけあうなどして、約5年後に誰もが遊べる状態に戻った。

 現在、中は落書きだらけだ。それでも、いたずらの証しとして消さない。「鉄だから100年、200年残る。そうやってつながっていく」と榎さん。設置当時、高校生だった南雅夫さん(46)は、25年後には二児の父として滑り台で遊んだ。「ずっとあのまま。古くならないですね」

(吉田愛)

 尼崎市のアート発信

 工業都市として発展してきた尼崎市では、現在若手作家のアートを発信する活動が進んでいる。阪神尼崎駅から徒歩15分の「あまらぶアートラボ A‐Lab」は、作品の展示やワークショップを開催。毎年、全国の大学などの新卒業生の作品が並ぶ「A‐Lab Artist Gate」も展開している。問い合わせは市都市魅力創造発信課(06・6489・6385)。

 《AMAMAMAへのアクセス》JR尼崎駅から徒歩約10分。


ぶらり発見

尼崎枡千

 阪神尼崎駅から徒歩5分の世界の貯金箱博物館(TEL06・6413・1163)は、62カ国の近現代の貯金箱約1万3千点を収蔵する。西欧のマイセン窯などの陶磁器製や、米国のからくり仕掛け、日本の福助やおかめなどユニークな貯金箱が並ぶ。午前10時~午後4時、原則(月)休み。

 お土産を買うなら江戸末期創業、尼崎枡千(ますせん、TEL6411・0695)のねりもの=写真。名物の「さんしょう天」(160円)は、さんしょうのほか歯ごたえのあるキクラゲとイカ入り。店舗では、タイミングがよければ揚げたても。午前9時~午後7時。(木)休み。ネット注文可。

(2017年2月28日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
直島パヴィリオン 藤本壮介作(香川県直島町)

直島パヴィリオン 
藤本壮介作(香川県直島町)

「本船はまもなく、宮浦港に入港いたします」。船内アナウンスに顔を上げた。

WEB FRAME 渡辺誠作(東京都文京区、飯田橋駅)

WEB FRAME 
渡辺誠作(東京都文京区、飯田橋駅)

地下空間の頭上に、鮮やかな緑の「網」が広がった。都営地下鉄大江戸線の飯田橋駅。

杜(もり)のうた ジョージ・ツタカワ作(仙台市宮城野区)

杜(もり)のうた 
ジョージ・ツタカワ作(仙台市宮城野区)

「ジョージ・ツタカワ」。仙台市・榴岡(つつじがおか)公園で噴水彫刻を撮影していた男女の言葉に、思わず振り返った。

Mother 風の門 原田ミドー作(北海道江別市)

Mother 風の門 
原田ミドー作(北海道江別市)

春の匂いを含んだ風がれんがの門を通り抜けていく。江別市セラミックアートセンターの裏庭に「Mother 風の門」は立つ。

新着コラム 一覧を見る
「京うどん 葵(あおい)」の葵うどん

おんなのイケ麺(めん)

杉本彩さん
「京うどん 葵(あおい)」の葵うどん

出会ったのは15年以上前でしょうか。以前は東京都世田谷区に住んでいて、行動範囲だったんですね。別の区に引っ越して、京都と東京を行き来する生活になった今でも足を運ぶぐらい大好きなお店です。

「チョコレートショップ」の博多の石畳

オトコの別腹

小久保裕紀さん
「チョコレートショップ」の博多の石畳

20年くらい前かな。僕の誕生日に、知人がこのケーキにデコレーションを施してプレゼントしてくれたんです。

バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

目利きのイチオシコレクション

バルビゾン派【上】 山梨県立美術館

パリから南東へ約60キロメートルの、風光明媚(めいび)なフォンテーヌブローの森。1820年代から19世紀半ば、森に近いバルビゾン村に滞在・移住して、自然や農村を描いた画家たちがいました。

「ハレドール」

美博ノート

「ハレドール」

白い地に輝く金彩や細やかな絵柄、美しいフォルムが特徴の、ナカヤマの洋食器。14年前に本格的な生産を終えたため、「幻のナカヤマ」とも呼ばれる。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)
6月1日からはがき代が52円から62円に、往復はがき代が104円から124円になりますのでご注意下さい。