アートリップ

風の渓谷 
千住博作(東京都大田区、羽田空港)

吹き抜ける風 感じて

独特の深い青は「千住ブルー」と呼ばれる=篠塚ようこ撮影

独特の深い青は「千住ブルー」と呼ばれる=篠塚ようこ撮影

  • 独特の深い青は「千住ブルー」と呼ばれる=篠塚ようこ撮影
  • 展望デッキ前の「MOOON」は千住さんには珍しい立体作品。三日月形の角と牛の鳴き声をかけて命名した=篠塚ようこ撮影

 羽田空港、第2旅客ターミナルの出発ロビー。キャリーバッグを手に足早に行き交う人々を、天井からつるされた絵が見下ろす。手がけたのはニューヨーク在住の日本画家、千住博さん(59)。空港ターミナルのアートディレクターを務める。

 「空港は、緊張感のある人工的な空間。僕はそこに風を生みだしたかった」。2010年、ビルの拡張に合わせて制作した。設置場所は、1階から5階までを貫く吹き抜け部分。その広い空間を、千住さんは巨大な谷に見立てた。

 ラピスラズリを砕いた青で、谷間に吹く風を描き、その絵をファブリック製のパネル11枚に拡大印刷した。パネルはそれぞれ縦6×幅1.7メートル。分割して掛け軸のようにつり下げたのは、風の揺らぎを表現するためだ。「風が完全にやんだ状態というのは、とても非人間的。風を感じることは、生命にとって救いにつながると思うんです」

 「アートは自然と人間をつなぐもの」が持論だ。滝や湖などをモチーフに、公共アートを多く手がけるが、過度な自己主張はせず、空間に溶け込むような作品を心がける。着彩も自然に存在するような色合いにした。

 搭乗前に、ソファでくつろいでいた都内在住の坂野知恵さん(56)が作品を見上げた。「山の中に来たみたい。なんだか深呼吸したくなりますね」

(中村茉莉花)

 第2旅客ターミナル

 2004年12月にオープン。設計は米国の建築家、シーザー・ペリ。敷地内には、他にも四つの千住作品が設置されている。吹き抜け部分の作品は、退色のため数年おきに新しいものに取りかえ、「風の渓谷」は3代目。作品があるショップ・レストラン街には、千住さんの弟で作曲家の明さんが作曲し、妹でバイオリニストの真理子さんが演奏したBGMが流れる。

 《作品へのアクセス》京急線羽田空港国内線ターミナル駅から徒歩5分。


ぶらり発見

金子みすゞ記念館

 旅の土産にぴったりなのが、羽田空港限定のどら焼き「羽雲(はねぐも)」(写真、5個入り1080円~)。和菓子屋「叶 匠壽庵(かのうしょうじゅあん)」とのコラボ商品で、北海道産小豆のつぶあんを柔らかな生地が包む。第2旅客ターミナル2階東京食賓館ほか、空港内各所で販売。

 第1旅客ターミナル1階には、1963年建立の羽田航空神社が。本宮は新橋の航空神社。搭乗前に旅の安全を祈願する人も。

(2017年4月18日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
マッテルモン 荒井良二作(大分市生石(いくし))

マッテルモン 
荒井良二作(大分市生石(いくし))

穏やかな波が打ち寄せる大分港。晴れ渡った青空に、真っ赤な門がそびえ立つ。高さ約10メートル、幅15メートル。その上には、丸いオブジェがちょこんと腰かけ、大海原を眺めている。

自転車もどきⅥ ロバート・ラウシェンバーグ作(東京都立川市)

自転車もどきⅥ 
ロバート・ラウシェンバーグ作(東京都立川市)

日が沈んだ立川のビル街に、カラフルなネオンの自転車が浮かび上がった。その前を、学生や主婦、会社員たちが、自転車を引いて通り過ぎていく。

穹(そら)を擴(ひら)く 池添博彦、池田緑、瀧川秀敏、中谷有逸、宮沢克忠作(北海道帯広市)

穹(そら)を擴(ひら)く 
池添博彦、池田緑、瀧川秀敏、中谷有逸、宮沢克忠作(北海道帯広市)

夏の日差しが残る8月下旬。とかち帯広空港から帯広駅に向かうバスの車窓からは、牧草ロールが点在する平原が見えた。道路沿いには白樺(しらかば)の並木が続いている。

湘南台文化センター 長谷川逸子作(神奈川県藤沢市)

湘南台文化センター 
長谷川逸子作(神奈川県藤沢市)

地球を模したメタリックな球体。その真下から、瓦を重ねてできた「小川」が流れる。周辺に連なる塔の群れは、生い茂る木々のようでもある。

新着コラム 一覧を見る
日本刀【下】 土浦市立博物館

目利きのイチオシコレクション

日本刀【下】 土浦市立博物館

茨城県の土浦市立博物館では毎年秋、土浦藩主土屋家ゆかりの刀剣を公開しています。土屋家の歴代当主は、江戸幕府の老中や奏者番(そうしゃばん)を務めました。

エドガー・ドガ「美術館にて」

美博ノート

エドガー・ドガ「美術館にて」

芸術の都パリ。19世紀後半になると、女性が画家やモデルなど表現者として活躍し始める。

根津美術館

気になる一品

根津美術館

寺社の御朱印集めが大人気。根津美術館で開催中の企画展「ほとけを支える」に合わせて、ミュージアムショップにも「燕子花図(かきつばたず) 御朱印帳」が登場した。

ブームの卵

ブームの卵

9月15日 注目グッズ
「シリコン竿(さお)拭き Teru」など

物干しざおって雨やホコリですぐ汚れちゃうよね。「シリコン竿(さお)拭き Teru」は、物干しざおのお掃除グッズ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。