アートリップ

風の渓谷 
千住博作(東京都大田区、羽田空港)

吹き抜ける風 感じて

独特の深い青は「千住ブルー」と呼ばれる=篠塚ようこ撮影

独特の深い青は「千住ブルー」と呼ばれる=篠塚ようこ撮影

  • 独特の深い青は「千住ブルー」と呼ばれる=篠塚ようこ撮影
  • 展望デッキ前の「MOOON」は千住さんには珍しい立体作品。三日月形の角と牛の鳴き声をかけて命名した=篠塚ようこ撮影

 羽田空港、第2旅客ターミナルの出発ロビー。キャリーバッグを手に足早に行き交う人々を、天井からつるされた絵が見下ろす。手がけたのはニューヨーク在住の日本画家、千住博さん(59)。空港ターミナルのアートディレクターを務める。

 「空港は、緊張感のある人工的な空間。僕はそこに風を生みだしたかった」。2010年、ビルの拡張に合わせて制作した。設置場所は、1階から5階までを貫く吹き抜け部分。その広い空間を、千住さんは巨大な谷に見立てた。

 ラピスラズリを砕いた青で、谷間に吹く風を描き、その絵をファブリック製のパネル11枚に拡大印刷した。パネルはそれぞれ縦6×幅1.7メートル。分割して掛け軸のようにつり下げたのは、風の揺らぎを表現するためだ。「風が完全にやんだ状態というのは、とても非人間的。風を感じることは、生命にとって救いにつながると思うんです」

 「アートは自然と人間をつなぐもの」が持論だ。滝や湖などをモチーフに、公共アートを多く手がけるが、過度な自己主張はせず、空間に溶け込むような作品を心がける。着彩も自然に存在するような色合いにした。

 搭乗前に、ソファでくつろいでいた都内在住の坂野知恵さん(56)が作品を見上げた。「山の中に来たみたい。なんだか深呼吸したくなりますね」

(中村茉莉花)

 第2旅客ターミナル

 2004年12月にオープン。設計は米国の建築家、シーザー・ペリ。敷地内には、他にも四つの千住作品が設置されている。吹き抜け部分の作品は、退色のため数年おきに新しいものに取りかえ、「風の渓谷」は3代目。作品があるショップ・レストラン街には、千住さんの弟で作曲家の明さんが作曲し、妹でバイオリニストの真理子さんが演奏したBGMが流れる。

 《作品へのアクセス》京急線羽田空港国内線ターミナル駅から徒歩5分。


ぶらり発見

金子みすゞ記念館

 旅の土産にぴったりなのが、羽田空港限定のどら焼き「羽雲(はねぐも)」(写真、5個入り1080円~)。和菓子屋「叶 匠壽庵(かのうしょうじゅあん)」とのコラボ商品で、北海道産小豆のつぶあんを柔らかな生地が包む。第2旅客ターミナル2階東京食賓館ほか、空港内各所で販売。

 第1旅客ターミナル1階には、1963年建立の羽田航空神社が。本宮は新橋の航空神社。搭乗前に旅の安全を祈願する人も。

(2017年4月18日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
一石を投じる 島袋(しまぶく)道浩作(札幌市中央区)

一石を投じる 
島袋(しまぶく)道浩作(札幌市中央区)

新緑の大通公園を通り抜けた先、札幌市資料館前にそびえる巨石が現れた。高さ約2・5メートル。自然石だが、れっきとしたアート作品だ。かつては北海道庁の前に置かれ、様々な意見が飛び交うなど、「波紋」を呼んだ。

風媒銀乱 伊原通夫作(東京都中央区)

風媒銀乱 
伊原通夫作(東京都中央区)

夕闇迫る東京湾。海の玄関口晴海客船ターミナルで、カメラを持った人々に行き会った。レンズを向けるのは、ターミナルの先にあるオブジェと、その向こうに広がる湾岸の景色だ。

湖を見るヴォワイヤン 今井祝雄(のりお)作(滋賀県大津市)

湖を見るヴォワイヤン 
今井祝雄(のりお)作(滋賀県大津市)

青々とした芝生と木々の向こうに琵琶湖が一望できる成安造形大のキャンパス。そこに、ひときわ目を引くカラフルな7体の彫像がある。美術家で同大名誉教授の今井祝雄さん(72)の作品だ。

森(しん)呼吸(家族) 向井勝實(かつみ)作(青森市浅虫)

森(しん)呼吸(家族) 
向井勝實(かつみ)作(青森市浅虫)

浅虫温泉街からほど近い浅虫ダム。川音に混じる木々のざわめき、カエルの鳴き声が心地良い緑の中、駐車場横の小さな丘の上に、ノミ跡の残る最大高さ8メートルの木像が3体立つ。

新着コラム 一覧を見る
「神農の虎」

美博ノート

「神農の虎」

ユニークな表情をした動物の張り子や愛らしい土人形、色鮮やかな凧(たこ)など、日本各地に伝わる郷土玩具。本展では、戦後に作られた所蔵品から約550点が府県別に並ぶ。

中近東文化センター附属博物館

気になる一品

中近東文化センター附属博物館

エジプトやメソポタミア文明を紹介する中近東文化センター附属博物館。約4千年前にナイル川周辺で作られたガラス質のカバ像が「ルリカ」の愛称で人気だ。

陶片 出光美術館

私のイチオシコレクション

陶片 出光美術館

一見すると、いびつな陶磁器のかけら。でもこの小さな陶片には、歴史や文化をひもとく情報が詰まっています。

ブームの卵

ブームの卵

6月15日 注目グッズ
「目隠しセキュリティテープ 白」など

大切な書類をコピーやファクスするために、個人情報を一時的に隠したいときにおすすめなのが「目隠しセキュリティテープ 白(コピー・FAX用)」。

☆新コラム☆

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。