アートリップ

階段アート「金魚とスイカ」 
福島知里作(埼玉県熊谷市)

猛暑対策 見て涼む

福島さんの好きなテーマは動物。本作は金魚のウロコの表現までこだわった=山本倫子撮影

福島さんの好きなテーマは動物。本作は金魚のウロコの表現までこだわった=山本倫子撮影

  • 福島さんの好きなテーマは動物。本作は金魚のウロコの表現までこだわった=山本倫子撮影
  • 久慈彩月さん「空のくじら」。空を泳ぐクジラが描かれている=山本倫子撮影

 汗をぬぐって見上げると、目の前にカラフルに彩られた階段が現れた。7月初旬のJR熊谷駅正面口。38段にわたって大胆に描かれているのは、水に浮かぶスイカの間をスーイスイと泳ぐ金魚だ。この日の最高気温は32・8度。一瞬汗がすっと引いた気がした。

 2007年8月、最高気温が40・9度を記録し、猛暑で一躍有名となった熊谷。この階段アートは、11年から始まり、7年目になる。市役所の若手職員が中心となった「暑さ対策プロジェクトチーム」が、視覚的に暑さを和らげようと発案した。

 応募資格を設けずに作品を募り、JR熊谷、籠原(かごはら)駅の階段に原画を拡大印刷したシートを貼り付けて再現。今年、89作品中から最優秀作品に輝いた「金魚とスイカ」の原画は、熊谷西高2年・福島知里さん(16)が手がけた。「昨年は応募しませんでしたが、約1年間毎日絵を描くうちに少しずつ自信がつき、今年は挑戦してみました。選ばれて驚いています」。また、優秀作品の中で、熊谷駅南口に展示されているのは、熊谷女子高2年・久慈彩月(あづき)さん(17)の「空のくじら」。全体が青色で統一され、雲の表情や衣服のたなびきが清涼感を誘う。「絵を見て、少しでも涼んでほしい」と、階段アートに取り組む2人の姿勢は真剣そのものだ。お陰で、今年の猛暑も何とか乗り切れそうだ。

(笹木菜々子)

 JR熊谷駅

 高崎線や新幹線が乗り入れ、1日約6万1700人が利用する。夏期は、天井からミストシャワーを噴射するなど、暑さ対策を実施。同駅と籠原駅で毎年行う階段アートは、「涼」「水」「青」がテーマ。なるべく多くの人が応募しやすいように、原画を募集する段階では縦横比を定めていないという。選ばれた原画は、階段の形に合うように、地元のアルスコンピュータ専門学校が中心となってCG加工などを行っている。作品は9月30日まで展示予定だ。


ぶらり発見

雪くま

 熊谷名物のかき氷「雪くま」は、熊谷の水を使った貫目(かんめ)氷をふわふわの雪のように削り、地元の飲食店など28店舗が独自のシロップや食材を使って味と技術を競っている。JR熊谷駅からバスで4分のいわ瀬(TEL048・522・4868)で販売中の「雪くまミルク」(写真、430円)は、練乳がたっぷりかかっていて、口溶けも抜群だ。

 7月20日~22日は、うちわ祭が開催される。駅周辺の市街地を、12台の山車(だし)・屋台が練り歩く。問い合わせは市スポーツ観光課(524・1111)。

(2017年7月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
Animal 2012-01B 三沢厚彦作(東京都千代田区)

Animal 2012-01B 
三沢厚彦作(東京都千代田区)

高級ブランド店やオフィスビルが立ち並ぶ東京・丸の内仲通り。大きな白トラが、四つ足を踏ん張って歩道に立つ。近寄って金色の瞳をのぞき込むと、次の瞬間襲いかかってくるようで、ドキリとした。

擬音の石彫オブジェ 馬渕洋作(石川県羽咋(はくい)市)

擬音の石彫オブジェ 
馬渕洋作(石川県羽咋(はくい)市)

雲一つない青空のもと、満面の笑みで写真に納まる女子高生。ポーズをとる足元では、カタカナの塊「ジャーン!」が異彩を放っていた。

行列 三木俊治作(横浜市保土ヶ谷区)

行列 
三木俊治作(横浜市保土ヶ谷区)

オフィスが連なる横浜ビジネスパーク。ビジネスマンたちが連絡通路を絶え間なく行き来する。ふと見ると、中庭にも小さな人の列が――。

ぐんま天文台 屋外モニュメント 磯崎新アトリエ作(群馬県高山村)

ぐんま天文台 屋外モニュメント 
磯崎新アトリエ作(群馬県高山村)

満天の星の下、古代遺跡のような建造物群が闇に浮かぶ。辺りを歩くと、異世界に来たような不思議な感覚に陥った。

新着コラム 一覧を見る
茶道具【上】 MOA美術館

目利きのイチオシコレクション

茶道具【上】 MOA美術館

一服の茶を通じて、人の心と心を通わす茶の湯。亭主は掛け物や花など折々の趣向を凝らして茶室を設(しつら)え、茶碗(ちゃわん)から茶杓(ちゃしゃく)まで道具を組み、客をもてなします。MOA美術館の創設者・岡田茂吉氏も茶を嗜(たしな)みました。

三菱一号館美術館

気になる一品

三菱一号館美術館

ロートレックらの版画やポスターなどが並ぶ「パリ・グラフィック」展。ショップでは、ロートレック作品の一部をほぼ原寸大でプリントしたポーチを販売中だ。

人形町志乃多寿司(しのだずし)總本店@人形町

街の十八番

人形町志乃多寿司(しのだずし)總本店@人形町

創業は1877(明治10)年。広島藩の江戸詰藩士だった初代吉益(よします)啓蔵が明治維新を機に、いなり寿司の屋台に転業。「明治座など芝居小屋周辺には飲食の屋台が並んでいたそうです」と5代目の吉益敬容(たかひろ)さん(46)。

千原徹也さん(アートディレクター) 「犬神家の一族」(1976年)

私の描くグッとムービー

千原徹也さん(アートディレクター)
「犬神家の一族」(1976年)

頭をかくとフケが出る。下駄(げた)を履いた飄々(ひょうひょう)としたキャラクターが魅力の名探偵金田一耕助が主人公です。時代は終戦直後。信州・犬神財閥の創始者、犬神佐兵衛の遺言と遺産をめぐり、屋敷周辺で起こる一族の殺人事件を追いかけます。

お知らせ(更新情報)

2018年カレンダープレゼント

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。