アートリップ

階段アート「金魚とスイカ」 
福島知里作(埼玉県熊谷市)

猛暑対策 見て涼む

福島さんの好きなテーマは動物。本作は金魚のウロコの表現までこだわった=山本倫子撮影

福島さんの好きなテーマは動物。本作は金魚のウロコの表現までこだわった=山本倫子撮影

  • 福島さんの好きなテーマは動物。本作は金魚のウロコの表現までこだわった=山本倫子撮影
  • 久慈彩月さん「空のくじら」。空を泳ぐクジラが描かれている=山本倫子撮影

 汗をぬぐって見上げると、目の前にカラフルに彩られた階段が現れた。7月初旬のJR熊谷駅正面口。38段にわたって大胆に描かれているのは、水に浮かぶスイカの間をスーイスイと泳ぐ金魚だ。この日の最高気温は32・8度。一瞬汗がすっと引いた気がした。

 2007年8月、最高気温が40・9度を記録し、猛暑で一躍有名となった熊谷。この階段アートは、11年から始まり、7年目になる。市役所の若手職員が中心となった「暑さ対策プロジェクトチーム」が、視覚的に暑さを和らげようと発案した。

 応募資格を設けずに作品を募り、JR熊谷、籠原(かごはら)駅の階段に原画を拡大印刷したシートを貼り付けて再現。今年、89作品中から最優秀作品に輝いた「金魚とスイカ」の原画は、熊谷西高2年・福島知里さん(16)が手がけた。「昨年は応募しませんでしたが、約1年間毎日絵を描くうちに少しずつ自信がつき、今年は挑戦してみました。選ばれて驚いています」。また、優秀作品の中で、熊谷駅南口に展示されているのは、熊谷女子高2年・久慈彩月(あづき)さん(17)の「空のくじら」。全体が青色で統一され、雲の表情や衣服のたなびきが清涼感を誘う。「絵を見て、少しでも涼んでほしい」と、階段アートに取り組む2人の姿勢は真剣そのものだ。お陰で、今年の猛暑も何とか乗り切れそうだ。

(笹木菜々子)

 JR熊谷駅

 高崎線や新幹線が乗り入れ、1日約6万1700人が利用する。夏期は、天井からミストシャワーを噴射するなど、暑さ対策を実施。同駅と籠原駅で毎年行う階段アートは、「涼」「水」「青」がテーマ。なるべく多くの人が応募しやすいように、原画を募集する段階では縦横比を定めていないという。選ばれた原画は、階段の形に合うように、地元のアルスコンピュータ専門学校が中心となってCG加工などを行っている。作品は9月30日まで展示予定だ。


ぶらり発見

雪くま

 熊谷名物のかき氷「雪くま」は、熊谷の水を使った貫目(かんめ)氷をふわふわの雪のように削り、地元の飲食店など28店舗が独自のシロップや食材を使って味と技術を競っている。JR熊谷駅からバスで4分のいわ瀬(TEL048・522・4868)で販売中の「雪くまミルク」(写真、430円)は、練乳がたっぷりかかっていて、口溶けも抜群だ。

 7月20日~22日は、うちわ祭が開催される。駅周辺の市街地を、12台の山車(だし)・屋台が練り歩く。問い合わせは市スポーツ観光課(524・1111)。

(2017年7月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
マッテルモン 荒井良二作(大分市生石(いくし))

マッテルモン 
荒井良二作(大分市生石(いくし))

穏やかな波が打ち寄せる大分港。晴れ渡った青空に、真っ赤な門がそびえ立つ。高さ約10メートル、幅15メートル。その上には、丸いオブジェがちょこんと腰かけ、大海原を眺めている。

自転車もどきⅥ ロバート・ラウシェンバーグ作(東京都立川市)

自転車もどきⅥ 
ロバート・ラウシェンバーグ作(東京都立川市)

日が沈んだ立川のビル街に、カラフルなネオンの自転車が浮かび上がった。その前を、学生や主婦、会社員たちが、自転車を引いて通り過ぎていく。

穹(そら)を擴(ひら)く 池添博彦、池田緑、瀧川秀敏、中谷有逸、宮沢克忠作(北海道帯広市)

穹(そら)を擴(ひら)く 
池添博彦、池田緑、瀧川秀敏、中谷有逸、宮沢克忠作(北海道帯広市)

夏の日差しが残る8月下旬。とかち帯広空港から帯広駅に向かうバスの車窓からは、牧草ロールが点在する平原が見えた。道路沿いには白樺(しらかば)の並木が続いている。

湘南台文化センター 長谷川逸子作(神奈川県藤沢市)

湘南台文化センター 
長谷川逸子作(神奈川県藤沢市)

地球を模したメタリックな球体。その真下から、瓦を重ねてできた「小川」が流れる。周辺に連なる塔の群れは、生い茂る木々のようでもある。

新着コラム 一覧を見る
日本刀【下】 土浦市立博物館

目利きのイチオシコレクション

日本刀【下】 土浦市立博物館

茨城県の土浦市立博物館では毎年秋、土浦藩主土屋家ゆかりの刀剣を公開しています。土屋家の歴代当主は、江戸幕府の老中や奏者番(そうしゃばん)を務めました。

根津美術館

気になる一品

根津美術館

寺社の御朱印集めが大人気。根津美術館で開催中の企画展「ほとけを支える」に合わせて、ミュージアムショップにも「燕子花図(かきつばたず) 御朱印帳」が登場した。

ブームの卵

ブームの卵

9月15日 注目グッズ
「シリコン竿(さお)拭き Teru」など

物干しざおって雨やホコリですぐ汚れちゃうよね。「シリコン竿(さお)拭き Teru」は、物干しざおのお掃除グッズ。

瓜生太郎さん(イラストレーター) 「バスキア」(1996年)

私の描くグッとムービー

瓜生太郎さん(イラストレーター)
「バスキア」(1996年)

舞台は80年代の米ニューヨーク。この時代のリアルなアートシーンを背景に、ペンキやスプレーなどを使った「グラフィティアート」の先駆者として知られる画家ジャンミシェル・バスキアの生涯を描いた映画です。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。