アートリップ

自転車もどきⅥ 
ロバート・ラウシェンバーグ作(東京都立川市)

夜を彩るネオンサイン

「立川タカシマヤ」と「パレスホテル立川」の間に置かれている=町田あさ美撮影

「立川タカシマヤ」と「パレスホテル立川」の間に置かれている=町田あさ美撮影

  • 「立川タカシマヤ」と「パレスホテル立川」の間に置かれている=町田あさ美撮影
  • 近くには、サンデー・ジャック・アクパン作「オブジェ(見知らぬ人)」が植木の中に並ぶ=谷本結利撮影

 日が沈んだ立川のビル街に、カラフルなネオンの自転車が浮かび上がった。その前を、学生や主婦、会社員たちが、自転車を引いて通り過ぎていく。

 ここは地下駐輪場の入り口。その真上に置かれた作品は日没から午前0時まで光り、駐輪場のサインにもなっている。芸術としてだけでなく機能的に人々の生活に溶け込んでいるのだ。

 作者は米国ポップアートの先駆者ロバート・ラウシェンバーグ(1925~2008)。本人が使用していた自転車に、ネオン管を取り付けたという。そして、これを駐輪場に置きサインとして使うアイデアを提案したのが、作品のある再開発地区「ファーレ立川」のアートディレクター、北川フラムさんだ。「駐輪場に明るいシンボリックな作品が合っていると思った」と北川さん。ラウシェンバーグにその意図を伝えると、本人も「それは嬉(うれ)しいね」と言い、快諾してくれたのだという。作品は、1994年10月13日、街の完成と共にこの場所にお目見えした。

 通勤で毎日この駐輪場を利用している立川市在住の女性は「当たり前のように街にあるけど、かっこいい。夜に目立ってきれいですね」と語る。

 遠くからでもすぐ分かるネオンサイン。作品は人々の日常に寄り添いながら、今夜も街を明るく彩る。

(町田あさ美)

 ファーレ立川アート

 米軍立川基地跡地にできた再開発の街「ファーレ立川」のアートプロジェクト。「まち全体が美術館」の構想のもと、ホテルや百貨店、オフィスビルなど11棟が立ち並ぶ中に、世界36カ国92人のアーティストが制作した109点のパブリックアートが置かれる。地元の小学生に向けた鑑賞教室のほか、イベントやワークショップなども実施。問い合わせは市産業文化スポーツ部地域文化課(042・523・2111)。

 《アクセス》JR立川駅北口から徒歩3分。


ぶらり発見

「the SOUND of Oldies in TACHIKAWA」シリーズのカレンダー

 立川駅南口から徒歩15分の立川印刷所(TEL042・524・3268)では、昭和時代の立川の風景写真を集めた「the SOUND of Oldies in TACHIKAWA」シリーズのカレンダー(写真、1080円)や写真集などが購入できる。立川育ちの店主・鈴木武さんが考案した。午前9時~午後5時半。(土)(日)(祝)休み。

 駅北口からバスで10分のチーズ専門店&カフェサロン・ド・テ・チーズ王国(TEL513・4101)は、手作りチーズ菓子や季節のチーズランチ(1500円、11時~2時)が楽しめる。10時~7時。(火)ほか不定休。

(2017年9月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
マッテルモン 荒井良二作(大分市生石(いくし))

マッテルモン 
荒井良二作(大分市生石(いくし))

穏やかな波が打ち寄せる大分港。晴れ渡った青空に、真っ赤な門がそびえ立つ。高さ約10メートル、幅15メートル。その上には、丸いオブジェがちょこんと腰かけ、大海原を眺めている。

穹(そら)を擴(ひら)く 池添博彦、池田緑、瀧川秀敏、中谷有逸、宮沢克忠作(北海道帯広市)

穹(そら)を擴(ひら)く 
池添博彦、池田緑、瀧川秀敏、中谷有逸、宮沢克忠作(北海道帯広市)

夏の日差しが残る8月下旬。とかち帯広空港から帯広駅に向かうバスの車窓からは、牧草ロールが点在する平原が見えた。道路沿いには白樺(しらかば)の並木が続いている。

湘南台文化センター 長谷川逸子作(神奈川県藤沢市)

湘南台文化センター 
長谷川逸子作(神奈川県藤沢市)

地球を模したメタリックな球体。その真下から、瓦を重ねてできた「小川」が流れる。周辺に連なる塔の群れは、生い茂る木々のようでもある。

聖フィリッポ西坂教会 今井兼次作(長崎市西坂町)

聖フィリッポ西坂教会 
今井兼次作(長崎市西坂町)

急な坂道を上っていくと、赤や黄色に彩られた二つの塔が現れた。西坂の丘に立つ聖フィリッポ西坂教会。背後の山には墓地が広がり、振り向けば長崎の街が見下ろせる。

新着コラム 一覧を見る
日本刀【下】 土浦市立博物館

目利きのイチオシコレクション

日本刀【下】 土浦市立博物館

茨城県の土浦市立博物館では毎年秋、土浦藩主土屋家ゆかりの刀剣を公開しています。土屋家の歴代当主は、江戸幕府の老中や奏者番(そうしゃばん)を務めました。

エドガー・ドガ「美術館にて」

美博ノート

エドガー・ドガ「美術館にて」

芸術の都パリ。19世紀後半になると、女性が画家やモデルなど表現者として活躍し始める。

根津美術館

気になる一品

根津美術館

寺社の御朱印集めが大人気。根津美術館で開催中の企画展「ほとけを支える」に合わせて、ミュージアムショップにも「燕子花図(かきつばたず) 御朱印帳」が登場した。

ブームの卵

ブームの卵

9月15日 注目グッズ
「シリコン竿(さお)拭き Teru」など

物干しざおって雨やホコリですぐ汚れちゃうよね。「シリコン竿(さお)拭き Teru」は、物干しざおのお掃除グッズ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。