アートリップ

自転車もどきⅥ 
ロバート・ラウシェンバーグ作(東京都立川市)

夜を彩るネオンサイン

「立川タカシマヤ」と「パレスホテル立川」の間に置かれている=町田あさ美撮影

「立川タカシマヤ」と「パレスホテル立川」の間に置かれている=町田あさ美撮影

  • 「立川タカシマヤ」と「パレスホテル立川」の間に置かれている=町田あさ美撮影
  • 近くには、サンデー・ジャック・アクパン作「オブジェ(見知らぬ人)」が植木の中に並ぶ=谷本結利撮影

 日が沈んだ立川のビル街に、カラフルなネオンの自転車が浮かび上がった。その前を、学生や主婦、会社員たちが、自転車を引いて通り過ぎていく。

 ここは地下駐輪場の入り口。その真上に置かれた作品は日没から午前0時まで光り、駐輪場のサインにもなっている。芸術としてだけでなく機能的に人々の生活に溶け込んでいるのだ。

 作者は米国ポップアートの先駆者ロバート・ラウシェンバーグ(1925~2008)。本人が使用していた自転車に、ネオン管を取り付けたという。そして、これを駐輪場に置きサインとして使うアイデアを提案したのが、作品のある再開発地区「ファーレ立川」のアートディレクター、北川フラムさんだ。「駐輪場に明るいシンボリックな作品が合っていると思った」と北川さん。ラウシェンバーグにその意図を伝えると、本人も「それは嬉(うれ)しいね」と言い、快諾してくれたのだという。作品は、1994年10月13日、街の完成と共にこの場所にお目見えした。

 通勤で毎日この駐輪場を利用している立川市在住の女性は「当たり前のように街にあるけど、かっこいい。夜に目立ってきれいですね」と語る。

 遠くからでもすぐ分かるネオンサイン。作品は人々の日常に寄り添いながら、今夜も街を明るく彩る。

(町田あさ美)

 ファーレ立川アート

 米軍立川基地跡地にできた再開発の街「ファーレ立川」のアートプロジェクト。「まち全体が美術館」の構想のもと、ホテルや百貨店、オフィスビルなど11棟が立ち並ぶ中に、世界36カ国92人のアーティストが制作した109点のパブリックアートが置かれる。地元の小学生に向けた鑑賞教室のほか、イベントやワークショップなども実施。問い合わせは市産業文化スポーツ部地域文化課(042・523・2111)。

 《アクセス》JR立川駅北口から徒歩3分。


ぶらり発見

「the SOUND of Oldies in TACHIKAWA」シリーズのカレンダー

 立川駅南口から徒歩15分の立川印刷所(TEL042・524・3268)では、昭和時代の立川の風景写真を集めた「the SOUND of Oldies in TACHIKAWA」シリーズのカレンダー(写真、1080円)や写真集などが購入できる。立川育ちの店主・鈴木武さんが考案した。午前9時~午後5時半。(土)(日)(祝)休み。

 駅北口からバスで10分のチーズ専門店&カフェサロン・ド・テ・チーズ王国(TEL513・4101)は、手作りチーズ菓子や季節のチーズランチ(1500円、11時~2時)が楽しめる。10時~7時。(火)ほか不定休。

(2017年9月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
Animal 2012-01B 三沢厚彦作(東京都千代田区)

Animal 2012-01B 
三沢厚彦作(東京都千代田区)

高級ブランド店やオフィスビルが立ち並ぶ東京・丸の内仲通り。大きな白トラが、四つ足を踏ん張って歩道に立つ。近寄って金色の瞳をのぞき込むと、次の瞬間襲いかかってくるようで、ドキリとした。

擬音の石彫オブジェ 馬渕洋作(石川県羽咋(はくい)市)

擬音の石彫オブジェ 
馬渕洋作(石川県羽咋(はくい)市)

雲一つない青空のもと、満面の笑みで写真に納まる女子高生。ポーズをとる足元では、カタカナの塊「ジャーン!」が異彩を放っていた。

行列 三木俊治作(横浜市保土ヶ谷区)

行列 
三木俊治作(横浜市保土ヶ谷区)

オフィスが連なる横浜ビジネスパーク。ビジネスマンたちが連絡通路を絶え間なく行き来する。ふと見ると、中庭にも小さな人の列が――。

ぐんま天文台 屋外モニュメント 磯崎新アトリエ作(群馬県高山村)

ぐんま天文台 屋外モニュメント 
磯崎新アトリエ作(群馬県高山村)

満天の星の下、古代遺跡のような建造物群が闇に浮かぶ。辺りを歩くと、異世界に来たような不思議な感覚に陥った。

新着コラム 一覧を見る
茶道具【上】 MOA美術館

目利きのイチオシコレクション

茶道具【上】 MOA美術館

一服の茶を通じて、人の心と心を通わす茶の湯。亭主は掛け物や花など折々の趣向を凝らして茶室を設(しつら)え、茶碗(ちゃわん)から茶杓(ちゃしゃく)まで道具を組み、客をもてなします。MOA美術館の創設者・岡田茂吉氏も茶を嗜(たしな)みました。

三菱一号館美術館

気になる一品

三菱一号館美術館

ロートレックらの版画やポスターなどが並ぶ「パリ・グラフィック」展。ショップでは、ロートレック作品の一部をほぼ原寸大でプリントしたポーチを販売中だ。

人形町志乃多寿司(しのだずし)總本店@人形町

街の十八番

人形町志乃多寿司(しのだずし)總本店@人形町

創業は1877(明治10)年。広島藩の江戸詰藩士だった初代吉益(よします)啓蔵が明治維新を機に、いなり寿司の屋台に転業。「明治座など芝居小屋周辺には飲食の屋台が並んでいたそうです」と5代目の吉益敬容(たかひろ)さん(46)。

千原徹也さん(アートディレクター) 「犬神家の一族」(1976年)

私の描くグッとムービー

千原徹也さん(アートディレクター)
「犬神家の一族」(1976年)

頭をかくとフケが出る。下駄(げた)を履いた飄々(ひょうひょう)としたキャラクターが魅力の名探偵金田一耕助が主人公です。時代は終戦直後。信州・犬神財閥の創始者、犬神佐兵衛の遺言と遺産をめぐり、屋敷周辺で起こる一族の殺人事件を追いかけます。

お知らせ(更新情報)

2018年カレンダープレゼント

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。