アートリップ

出会い 
ウィリアム・マクエルチュラン作(静岡市葵区)

「おまち」での再会見守る

高さ約2メートル。見る角度によって顔の表情が違って見える=谷本結利撮影

高さ約2メートル。見る角度によって顔の表情が違って見える=谷本結利撮影

  • 高さ約2メートル。見る角度によって顔の表情が違って見える=谷本結利撮影
  • ベルナール・ジトン作の噴水「ZEN」=谷本結利撮影

 「久しぶり!」「元気?」。静岡市街の中心を貫く青葉シンボルロードを進むと、そんな会話が聞こえてきそうな彫刻に出会った。作者のカナダ人作家、ウィリアム・マクエルチュランは、恰幅(かっぷく)のよいスーツ姿の男性をモチーフにした作品で知られる。驚きと喜びの交ざった表情と、体を反らせた姿が、何ともユーモラス。「静岡が人と人の出会いの場になるようにという願いを感じます」と言うのは、静岡の文化活動に詳しい佐野勝美・エフエムしみず取締役(67)だ。

 徳川家康の居城、駿府城の城下町として栄えた静岡市。県庁周辺は呉服町、七間町などの商店街が連なり、地元では「おまち」と呼ばれる。大火や空襲をくぐり抜け、戦後は屋台が立ち並ぶ駐車場になっていた地域を、市民の憩いの場として整備したのは、1992年のことだ。緑地を設け、風や水を意識したアート作品7点を配置した。「大道芸ワールドカップ」や「ストリートフェスティバル」など年間約100件のイベントも開催され、まさに「出会いの場」として活用されている。

 「出会い」の前で読書をしていた渡辺楯雄(たてお)さん(74)は、「彼らは飲む約束をして別れるんじゃないかな」と話す。想像を膨らませる渡辺さんの前を、知人が通りかかった。語り合う姿は、「出会い」の像のようだった。

(下島智子)

 青葉シンボルロード(青葉緑地)

 静岡市役所から常磐公園をつなぐ街路。長さ525メートル、幅36メートル(中央帯、車道、歩道含む)。同市の「顔」として、情報発信やうるおいの場となるよう再整備し、1992年に完成した。光、イベント、安らぎ、水の4ゾーンで構成。「出会い」のほかに、水遊びが楽しめる池のアート「水辺の遊び」や、石柱から水が流れ落ちる「天使の虹の階段」などがある。同年、第4回全国街路事業コンクールで同事業促進協議会長賞、93年、手づくり郷土(ふるさと)賞を受賞。

 《アクセス》静岡駅から徒歩10分。


ぶらり発見

静岡おでん

 シンボルロードの近くには、かつての屋台が姿を変えた「青葉おでん街」「青葉横丁」がある。串に刺した黒はんぺんなどの具を、しょうゆのきいた出汁(だし)で煮た静岡おでんの専門店が並ぶ。問い合わせはするが企画観光局(054・251・5880)。

 作品から徒歩5分。徳川幕府最後の将軍・慶喜が余生を過ごした屋敷跡に建てられた料亭が浮月楼(ふげつろう)(TEL252・0131)。2100坪の広さを誇る日本庭園には、慶喜が船遊びを楽しんだといわれる池もある。

(2018年7月10日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「アートリップ」の新着記事 一覧を見る
「ムクドリの飛行のように」 ダニエル・ビュレン作(東京都中央区)

「ムクドリの飛行のように」 
ダニエル・ビュレン作(東京都中央区)

見上げると、赤と青の対比が目に飛び込んできた。複合商業施設GINZA SIXの店舗中央を貫く吹き抜け空間に、2種のストライプの旗約1500枚がずらりと並ぶ。

ショータイム レッド・グルームス作(名古屋市千種区今池)

ショータイム 
レッド・グルームス作(名古屋市千種区今池)

車と人が行き交う、今池の大通り。交差点を挟んで、二つのモニュメントが立っている。

Something Else is Possible/なにか他にできる トビアス・レーベルガー作(石川県珠洲市)

Something Else is Possible/なにか他にできる 
トビアス・レーベルガー作(石川県珠洲市)

途切れた線路の先に、トンネル状のオブジェが大きく口を開ける。本作は、昨秋開催された「奥能登国際芸術祭」でドイツ人作家が制作した。

一石を投じる 島袋(しまぶく)道浩作(札幌市中央区)

一石を投じる 
島袋(しまぶく)道浩作(札幌市中央区)

新緑の大通公園を通り抜けた先、札幌市資料館前にそびえる巨石が現れた。高さ約2・5メートル。自然石だが、れっきとしたアート作品だ。かつては北海道庁の前に置かれ、様々な意見が飛び交うなど、「波紋」を呼んだ。

新着コラム 一覧を見る
「スガキヤ」の特製ラーメン

おんなのイケ麺(めん)

渡辺美奈代さん
「スガキヤ」の特製ラーメン

名古屋圏では有名で、愛知県出身の私にとっては、ソウルフードのひとつ。和風とんこつのあっさりしたスープ、ツルリとしたのどごしのいい麺、そして、子どものお小遣いで食べに行ける価格帯。この三拍子が魅力です。

「BAKE CHEESE TART」の焼きたてチーズタルト

オトコの別腹

藤田貴大さん
「BAKE CHEESE TART」の焼きたてチーズタルト

僕は、小さい頃から本当に偏食で、甘い物やケーキも苦手。だけど最近、実は甘い物が好きなのかもしれない、と気づき始めたところなんです。

「ひとりでに編める ウット毛糸」

美博ノート

「ひとりでに編める ウット毛糸」

レイモン・サヴィニャック(1907~2002)が、仏のウット毛糸から依頼されたのは、ブランドのキャッチフレーズを広告ポスターにすること。

樂焼 樂美術館

私のイチオシコレクション

樂焼 樂美術館

華やかな模様や色、形の変化をそぎ落とした、静かで端正な「樂茶碗(らくちゃわん)」。安土桃山時代、千利休に見いだされた樂家の初代長次郎(?~1589)が作り出しました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。