オトコの別腹

水道橋博士さん
「銀座鹿乃子」のふわっと焼まん

「銀座鹿乃子」のふわっと焼まん

「銀座鹿乃子」のふわっと焼まん

  • 「銀座鹿乃子」のふわっと焼まん
  • 水道橋博士さん

 僕が初めて銀座鹿乃子に行ったのはもう10年以上前。作家の故・百瀬博教さんをずっと取材してて、百瀬さんがここの「花かのこ」をよく買ってたからなんだ。そして先日、ここの社長とお話をしているうちに、改めて伝統あるお店だと分かった。

 材料に寒天を使った新商品で、あんこも皮もふんわりとした食感が長続きするんだ。

 倉敷の実家には茶室があって、お花とお茶の先生だった母がお抹茶をよくたててくれた。そのとき出してくれるお茶菓子がものすごく好きだった。この「ふわっと焼まん」は、僕にあの味を半世紀ぶりに思い出させてくれたんだ。最近は、わが家でもお抹茶をたてているよ。

 お店のあるビル4階の壹眞(かづま)珈琲店には、ビートたけしさんが描いた絵が飾ってあるの。これからは銀座に行ったらそこでコーヒーを飲んで、お土産にこれを買って帰るのもいいね。

 

◆銀座本店 東京都中央区銀座5の7の19(TEL03・3572・0013)。
 5個入り1080円。
 午前10時半~午後7時((土)と(祝)前日は8時まで)。
 東京・歌舞伎座の「お土産処 かおみせ」でも販売。


 すいどうばし・はかせ お笑い芸人で「浅草キッド」のメンバー。
 近著「はかせのはなし」(KADOKAWA)が発売中。

(2017年3月16日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「パティシェ イナムラ ショウゾウ」の上野の山のモンブラン

中村歌昇さん
「パティシェ イナムラ ショウゾウ」の上野の山のモンブラン

モンブランといえばこれ、というくらい僕の「鉄板」です。高校生くらいの時に実家が上野の方に引っ越したので、誕生日ケーキに母がよく買ってきてくれました。高校生の頃から、10年くらい毎年これでした。

「ザ・キャピトルホテル 東急『ORIGAMI』」のジャーマンアップルパンケーキ メープルシロップ、バターとともに

内藤剛志さん
「ザ・キャピトルホテル 東急『ORIGAMI』」のジャーマンアップルパンケーキ メープルシロップ、バターとともに

ドラマの撮影には、空き時間ができる「中空き」もしばしば。その時間をどう過ごそうかと共演者に相談したら、多くの方からこちらを挙げてもらったんです。

「苺(いちご)大福の専門店 苺庵(あん)」のクリーム入り粒あん

宮野真守さん
「苺(いちご)大福の専門店 苺庵(あん)」のクリーム入り粒あん

これは一口目が決め手。てっぺんからイチゴとあん、クリーム、お餅をバランス良く口に含むのがベスト。もったいないから一口で食べきらず、その調和を楽しむのが僕流です。

「銀座 菊廼舎(きくのや)」の冨貴寄(ふきよせ)

林家木久扇さん
「銀座 菊廼舎(きくのや)」の冨貴寄(ふきよせ)

缶を開けると、雲がたなびいていたり、花があったり、遊びがあって粋ですよね。らくがんや金平糖などがアクセントになっていて一つの絵にも見える。だから、缶のままお客さんに出すと喜ばれます。

新着コラム 一覧を見る
「神農の虎」

美博ノート

「神農の虎」

ユニークな表情をした動物の張り子や愛らしい土人形、色鮮やかな凧(たこ)など、日本各地に伝わる郷土玩具。本展では、戦後に作られた所蔵品から約550点が府県別に並ぶ。

中近東文化センター附属博物館

気になる一品

中近東文化センター附属博物館

エジプトやメソポタミア文明を紹介する中近東文化センター附属博物館。約4千年前にナイル川周辺で作られたガラス質のカバ像が「ルリカ」の愛称で人気だ。

一石を投じる 島袋(しまぶく)道浩作(札幌市中央区)

アートリップ

一石を投じる 
島袋(しまぶく)道浩作(札幌市中央区)

新緑の大通公園を通り抜けた先、札幌市資料館前にそびえる巨石が現れた。高さ約2・5メートル。自然石だが、れっきとしたアート作品だ。かつては北海道庁の前に置かれ、様々な意見が飛び交うなど、「波紋」を呼んだ。

陶片 出光美術館

私のイチオシコレクション

陶片 出光美術館

一見すると、いびつな陶磁器のかけら。でもこの小さな陶片には、歴史や文化をひもとく情報が詰まっています。

☆新コラム☆

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。