オトコの別腹

金原瑞人さん
「古見屋羊羹」の高瀬舟羊羹

「古見屋羊羹」の高瀬舟羊羹

「古見屋羊羹」の高瀬舟羊羹

  • 「古見屋羊羹」の高瀬舟羊羹
  • 金原瑞人さん

 出身の岡山の銘菓なので、小さい頃からそばにあったのですが、特別意識することもありませんでした。初めて意識したのは、東京で働くようになり、帰省してお土産はどうしようかと考えたとき。岡山のお土産と言えば「きびだんご」「大手まんぢゅう」「むらすゞめ」などが定番ですが、駅のキヨスクでふと目についたのが素朴な雰囲気の「高瀬舟羊羹(ようかん)」でした。

 亡くなった母がたまに食べていたんです。羊羹をしばらく放っておくと糖分が固まり表面がカリカリになる。これがまたおいしいんだと言って。当時のぼくにはピンとこなかったんですが、今はわかる気がします。

 高瀬舟は軽い感じのシンプルな羊羹ですが、小豆の味と香りがしっかりと舌に残る。僕はお茶党で、最近は自分で淹(い)れた台湾紅茶や中国茶と一緒にいただいています。上がカリカリになったこの羊羹、香りの強いお茶と合うんです。仕事の合間や終わりに飲む日本酒のお供にすることも。「ああ、最近食べてないなぁ」と、思い立って取り寄せるたび、母を思い出す羊羹です。

 

◆本店 岡山県真庭市落合垂水199(TEL0867・52・0005)。
 7個入り330円。
 午前8時半~午後5時。
 (日)休み。
 全国発送可。


 かねはら・みずひと 翻訳家・法政大社会学部教授。
 近訳書に「文学効能事典」(フィルムアート社)、「英国諜報(ちょうほう)員アシェンデン」(新潮文庫)、「ガラスの封筒と海と」(求龍堂)など。

(2017年8月25日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「クリスピー・クリーム・ドーナツ」のオリジナル・グレーズド

増田修一朗さん
「クリスピー・クリーム・ドーナツ」の
オリジナル・グレーズド

15年前、アメリカに語学留学をしていたときに店に連れて行ってもらったのが最初です。行列に並んでいると、焼きたてを配ってくれるんですよね。まず、アツアツのドーナツに衝撃。そして軟らかい!

「トロワシャンブル」のチーズケーキ・レア

島田大介さん
「トロワシャンブル」のチーズケーキ・レア

昭和55年創業の下北沢の喫茶店です。20代の頃はバンド仲間や芝居をやっている友だちと、安い居酒屋で飲んだ後に行くこともありました。その後一度離れた街でしたが、事務所を構えたことがきっかけでまた通うようになったんです。

「大判焼き しゃるむ」の小倉あん

木根尚登さん
「大判焼 しゃるむ」の小倉あん

店主は、この街の名物おじさん。ちっさいお店で、暑い日も寒い日も365日、1人で焼いている。怖い顔でね。いい人だと思うんですけど。ここに越してきた約30年前、仕事の帰り道に行列を見て買ったのが懐かしい。

「木野養蜂場」の蜂蜜

中原丈雄さん
「木野養蜂場」の蜂蜜

僕は熊本県人吉市出身ですが、20年ほど前、親が県内の球磨郡湯前(ゆのまえ)町に移り住みました。ある時、その家に行ったらこのハチミツがあったんですよ。近くの養蜂場のだって言うから、母と一緒に行ってみたんです。

新着コラム 一覧を見る
スーザン・ヒラー「Lost and Found」

美博ノート

スーザン・ヒラー
「Lost and Found」

文化人類学者から美術家に転身したスーザン・ヒラー。本作は、世界各地で収集された、23の少数言語の音声で構成された映像作品だ。

Cloud レアンドロ・エルリッヒ作(東京都千代田区)

アートリップ

Cloud 
レアンドロ・エルリッヒ作(東京都千代田区)

南岸低気圧の影響で肌を刺すような風が吹く。飯野海運の本社ビル「飯野ビルディング」1階ピロティの防風スクリーンは、ガラス面にぽっかりと白い雲を浮き立たせながら、強いビル風を和らげていた。

肖像写真【上】 東京都写真美術館

目利きのイチオシコレクション

肖像写真【上】 東京都写真美術館

19世紀前半に写真が発明されると、庶民の間でも肖像写真を撮る習慣が生まれました。大衆化する一方で、写真は記録なのか芸術なのかという議論が起こります。

印刷博物館

気になる一品

印刷博物館

印刷技術の歴史などを紹介する印刷博物館。蔵する金属活字をもとにした、活版印刷の可愛らしいグッズ「花形装飾活字コースター」を販売中だ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。