オトコの別腹

タブレット純さん
「名曲喫茶 でんえん」のミルクセーキ

「名曲喫茶 でんえん」のミルクセーキ

「名曲喫茶 でんえん」のミルクセーキ

  • 「名曲喫茶 でんえん」のミルクセーキ
  • タブレット純さん

 初めて行ったのは中学生だったから、30年ほど前です。中古レコードを集めるようになって、休みの日はいつも古本屋や中古レコード屋巡りをしていて。その時にこのお店を知りました。ロシア民謡のレコードジャケットにあしらわれた山小屋っぽい雰囲気が気に入りました。今も国分寺のレコード屋に行くときは必ず寄りますね。

 市販や家で作るミルクセーキは甘ったるい印象でしたが、ここのは全然違うと思いました。甘過ぎなくて、バニラの香りが良いですよね。卵の黄身と、ほんの少し白身の味もして、手作りな感じが好きです。お店を切り盛りしている、童話に出てくるような奥様に会えるのも楽しみ。昔、帝国ホテル総料理長だった村上信夫さんから教わったミルクセーキなんですって。

 和田弘とマヒナスターズのボーカルを経て、今は「ムード歌謡漫談」を披露する芸人ではありますが、古いレコードを紹介する機会も増えています。中古レコード屋などに通い詰めていた経験が、今のお仕事につながっているんだと感じます。

 

◆東京都国分寺市本町2の8の7(TEL042・321・2431)。
 500円。
 午後1時~7時。
 (木)休み。


 たぶれっと・じゅん 歌手、芸人。
 文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」((火)午後1時~3時半)、ラジオ日本「タブレット純 音楽の黄金時代」((土)午後5時55分~8時)などに出演中。

(2017年9月22日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「ゴディバ」のトリュフ デリース

中村太地さん
「ゴディバ」のトリュフ デリース

小学校低学年の頃、学校でバレンタインチョコをもらえず寂しく帰宅した僕に母と姉がくれたのが、ゴディバでした。こんなにおいしい物があるんだ!って感動したのを覚えています。

「成城アルプス」のフィナンシェ

三浦貴大さん
「成城アルプス」のフィナンシェ

昔から甘い物が大好きで、子どもの頃はスティックシュガーをお皿に出して食べたりしていました。作るのも好きで、4時間かけて粒あんを作ったこともあるんです。

「かきもち処 はやしや」のザラ丹

本橋成一さん
「かきもち処 はやしや」のザラ丹

砂糖の「甘い」っていう感覚が好きなんです。ぼくは敗戦時に5歳で、空襲も体験しました。その時代は砂糖に飢えていた。配給に行列して並んで、もらえる砂糖はほんの少し。あこがれの対象でした。

「いちょうの木」のピーカンパイ

岩井勇気さん
「いちょうの木」のピーカンパイ

これは……めしですね。昼食にしてもいいくらい。食感のいいパイとピーカンナッツでボリュームがある。別腹って言っていますけど。男の別腹はでかいぞ、っていうね。

新着コラム 一覧を見る
「チョップスティックス」の牛肉とトマトのフォー

おんなのイケ麺(めん)

奥村愛さん
「チョップスティックス」の
牛肉とトマトのフォー

10年ほど前、海外公演でベトナムを訪れました。現地のオーケストラと、約2週間でハノイからホーチミンまで5カ所を巡りました。それぞれの地域でしか味わえないような麺類を食べるのが楽しみでしたね。

下図「御紋付雀山咲図壺(ごもんつきすずめやまぶきずつぼ)台座付」

美博ノート

下図「御紋付雀山咲図壺(ごもんつきすずめやまぶきずつぼ)台座付」

黒の背景地に咲き誇る黄色いヤマブキ。飛び交うスズメからは、さえずりが聞こえてきそうだ。頸部(けいぶ)の菊紋は、皇室関係からの注文品という証しだろう。

日本近代洋画【下】 東京都現代美術館

目利きのイチオシコレクション

日本近代洋画【下】 東京都現代美術館

東京都現代美術館は、1995年の開館に合わせ、東京都美術館の所蔵品を移管されました。

長崎県美術館

気になる一品

長崎県美術館

長崎ゆかりの作家やスペイン美術など約6500点を収蔵する長崎県美術館。ショップでは紙製の「1/100建築模型用添景(てんけい)セット 長崎県美術館編」を販売中。

お知らせ(更新情報)

2018年カレンダープレゼント

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。