オトコの別腹

タブレット純さん
「名曲喫茶 でんえん」のミルクセーキ

「名曲喫茶 でんえん」のミルクセーキ

「名曲喫茶 でんえん」のミルクセーキ

  • 「名曲喫茶 でんえん」のミルクセーキ
  • タブレット純さん

 初めて行ったのは中学生だったから、30年ほど前です。中古レコードを集めるようになって、休みの日はいつも古本屋や中古レコード屋巡りをしていて。その時にこのお店を知りました。ロシア民謡のレコードジャケットにあしらわれた山小屋っぽい雰囲気が気に入りました。今も国分寺のレコード屋に行くときは必ず寄りますね。

 市販や家で作るミルクセーキは甘ったるい印象でしたが、ここのは全然違うと思いました。甘過ぎなくて、バニラの香りが良いですよね。卵の黄身と、ほんの少し白身の味もして、手作りな感じが好きです。お店を切り盛りしている、童話に出てくるような奥様に会えるのも楽しみ。昔、帝国ホテル総料理長だった村上信夫さんから教わったミルクセーキなんですって。

 和田弘とマヒナスターズのボーカルを経て、今は「ムード歌謡漫談」を披露する芸人ではありますが、古いレコードを紹介する機会も増えています。中古レコード屋などに通い詰めていた経験が、今のお仕事につながっているんだと感じます。

 

◆東京都国分寺市本町2の8の7(TEL042・321・2431)。
 500円。
 午後1時~7時。
 (木)休み。


 たぶれっと・じゅん 歌手、芸人。
 文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」((火)午後1時~3時半)、ラジオ日本「タブレット純 音楽の黄金時代」((土)午後5時55分~8時)などに出演中。

(2017年9月22日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「BAKE CHEESE TART」の焼きたてチーズタルト

藤田貴大さん
「BAKE CHEESE TART」の焼きたてチーズタルト

僕は、小さい頃から本当に偏食で、甘い物やケーキも苦手。だけど最近、実は甘い物が好きなのかもしれない、と気づき始めたところなんです。

「神楽坂 紀の善」の抹茶ババロア

藤間勘十郎さん
「神楽坂 紀の善」の抹茶ババロア

実はあんこが大の苦手なんですが、これは別格。子どものころから食べていて、今もお稽古の時に差し入れで頂くと、まず自分の分を確保します。

「ジャン フランソワ」のキャロットブレッド

金森穣さん
「ジャン フランソワ」のキャロットブレッド

新潟市民芸術文化会館の専属ダンスカンパニーNoism(ノイズム)を立ち上げて14年。朝稽古の後、コーヒーと甘い物をとるのが恒例です。

「竹下製菓」のブラックモンブラン

鈴木浩介さん
「竹下製菓」のブラックモンブラン

正直言うと、スイーツにこだわりはないです。お酒を飲んだ後にアイスとかチョコとか手軽に買えるものを食べるのが好きですね。「ブラックモンブラン」は子どもの頃から食べていたアイスで、九州ではとてもメジャーです。

新着コラム 一覧を見る
「スガキヤ」の特製ラーメン

おんなのイケ麺(めん)

渡辺美奈代さん
「スガキヤ」の特製ラーメン

名古屋圏では有名で、愛知県出身の私にとっては、ソウルフードのひとつ。和風とんこつのあっさりしたスープ、ツルリとしたのどごしのいい麺、そして、子どものお小遣いで食べに行ける価格帯。この三拍子が魅力です。

「ひとりでに編める ウット毛糸」

美博ノート

「ひとりでに編める ウット毛糸」

レイモン・サヴィニャック(1907~2002)が、仏のウット毛糸から依頼されたのは、ブランドのキャッチフレーズを広告ポスターにすること。

「ムクドリの飛行のように」 ダニエル・ビュレン作(東京都中央区)

アートリップ

「ムクドリの飛行のように」 
ダニエル・ビュレン作(東京都中央区)

見上げると、赤と青の対比が目に飛び込んできた。複合商業施設GINZA SIXの店舗中央を貫く吹き抜け空間に、2種のストライプの旗約1500枚がずらりと並ぶ。

樂焼 樂美術館

私のイチオシコレクション

樂焼 樂美術館

華やかな模様や色、形の変化をそぎ落とした、静かで端正な「樂茶碗(らくちゃわん)」。安土桃山時代、千利休に見いだされた樂家の初代長次郎(?~1589)が作り出しました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。