オトコの別腹

中沢新一さん
「良寛堂」の笹(ささ)団子

「良寛堂」の笹(ささ)団子

「良寛堂」の笹(ささ)団子

  • 「良寛堂」の笹(ささ)団子
  • 中沢新一さん

 母が新潟の生まれで、実家近くに店がありました。今も古風な作り方で、味が変わりませんね。ヨモギを練り込んだ生地が、最近の軟らかな笹団子と違って、しゃきしゃきと歯で切れるんです。それが笹の香りと見事に合う。縛っているイグサを引いてちょっと笹をむくと裸になる、この形もいい。

 子どもの頃、5月に祖母がちまきと一緒に送ってくれて、亡くなってからは母が注文していました。母には土地との絆だったのかも。よく夏に新潟を訪れて、小遣いをもらって近くの朝市に行くのが楽しみでね。行商のおばさんたちが話す、東北弁の音の混じった濃厚な新潟弁が本当にきれいで、聞きほれました。笹団子は各家々で作られていたもので、市にも色々と出ていました。味が全て違いましたね。

 中世以降にできて、そのままの味を持っているお菓子を食べると感動を覚えます。名もない色んな人の味覚や感覚が合わさって、時間をかけて「最適」に向かったもの。これが真理だと思います。こういうのって世界各地にあって、地味でいて絶品なんです。

 

◆新潟市中央区寄居町332(TEL025・222・0429、FAX225・5175)。
 1個180円。
 午前9時~午後6時半。
 (日)(祝)休み。
 電話、ファクスで注文可(送料別)。


 なかざわ・しんいち 人類学者。
 ディレクターを務める「野生展 飼いならされない感覚と思考」が東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで10月20日から開催。

(2017年10月13日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「BAKE CHEESE TART」の焼きたてチーズタルト

藤田貴大さん
「BAKE CHEESE TART」の焼きたてチーズタルト

僕は、小さい頃から本当に偏食で、甘い物やケーキも苦手。だけど最近、実は甘い物が好きなのかもしれない、と気づき始めたところなんです。

「神楽坂 紀の善」の抹茶ババロア

藤間勘十郎さん
「神楽坂 紀の善」の抹茶ババロア

実はあんこが大の苦手なんですが、これは別格。子どものころから食べていて、今もお稽古の時に差し入れで頂くと、まず自分の分を確保します。

「ジャン フランソワ」のキャロットブレッド

金森穣さん
「ジャン フランソワ」のキャロットブレッド

新潟市民芸術文化会館の専属ダンスカンパニーNoism(ノイズム)を立ち上げて14年。朝稽古の後、コーヒーと甘い物をとるのが恒例です。

「竹下製菓」のブラックモンブラン

鈴木浩介さん
「竹下製菓」のブラックモンブラン

正直言うと、スイーツにこだわりはないです。お酒を飲んだ後にアイスとかチョコとか手軽に買えるものを食べるのが好きですね。「ブラックモンブラン」は子どもの頃から食べていたアイスで、九州ではとてもメジャーです。

新着コラム 一覧を見る
「スガキヤ」の特製ラーメン

おんなのイケ麺(めん)

渡辺美奈代さん
「スガキヤ」の特製ラーメン

名古屋圏では有名で、愛知県出身の私にとっては、ソウルフードのひとつ。和風とんこつのあっさりしたスープ、ツルリとしたのどごしのいい麺、そして、子どものお小遣いで食べに行ける価格帯。この三拍子が魅力です。

「ひとりでに編める ウット毛糸」

美博ノート

「ひとりでに編める ウット毛糸」

レイモン・サヴィニャック(1907~2002)が、仏のウット毛糸から依頼されたのは、ブランドのキャッチフレーズを広告ポスターにすること。

「ムクドリの飛行のように」 ダニエル・ビュレン作(東京都中央区)

アートリップ

「ムクドリの飛行のように」 
ダニエル・ビュレン作(東京都中央区)

見上げると、赤と青の対比が目に飛び込んできた。複合商業施設GINZA SIXの店舗中央を貫く吹き抜け空間に、2種のストライプの旗約1500枚がずらりと並ぶ。

樂焼 樂美術館

私のイチオシコレクション

樂焼 樂美術館

華やかな模様や色、形の変化をそぎ落とした、静かで端正な「樂茶碗(らくちゃわん)」。安土桃山時代、千利休に見いだされた樂家の初代長次郎(?~1589)が作り出しました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。