オトコの別腹

中沢新一さん
「良寛堂」の笹(ささ)団子

「良寛堂」の笹(ささ)団子

「良寛堂」の笹(ささ)団子

  • 「良寛堂」の笹(ささ)団子
  • 中沢新一さん

 母が新潟の生まれで、実家近くに店がありました。今も古風な作り方で、味が変わりませんね。ヨモギを練り込んだ生地が、最近の軟らかな笹団子と違って、しゃきしゃきと歯で切れるんです。それが笹の香りと見事に合う。縛っているイグサを引いてちょっと笹をむくと裸になる、この形もいい。

 子どもの頃、5月に祖母がちまきと一緒に送ってくれて、亡くなってからは母が注文していました。母には土地との絆だったのかも。よく夏に新潟を訪れて、小遣いをもらって近くの朝市に行くのが楽しみでね。行商のおばさんたちが話す、東北弁の音の混じった濃厚な新潟弁が本当にきれいで、聞きほれました。笹団子は各家々で作られていたもので、市にも色々と出ていました。味が全て違いましたね。

 中世以降にできて、そのままの味を持っているお菓子を食べると感動を覚えます。名もない色んな人の味覚や感覚が合わさって、時間をかけて「最適」に向かったもの。これが真理だと思います。こういうのって世界各地にあって、地味でいて絶品なんです。

 

◆新潟市中央区寄居町332(TEL025・222・0429、FAX225・5175)。
 1個180円。
 午前9時~午後6時半。
 (日)(祝)休み。
 電話、ファクスで注文可(送料別)。


 なかざわ・しんいち 人類学者。
 ディレクターを務める「野生展 飼いならされない感覚と思考」が東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで10月20日から開催。

(2017年10月13日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「オトコの別腹」の新着記事 一覧を見る
「フジバンビ」の黒糖ドーナツ棒

阿部祐二さん
「フジバンビ」の黒糖ドーナツ棒

このおいしさは事件ですよ。名前はドーナツなのに、見た目はまるでかりんとう。でも食べると硬すぎずやわらかすぎず、しっとり。黒糖の蜜がじわーっと染みています。甘さもほどよく、コクがあって、口の中でとろける感じが最高。

「ファミリーマート」の北海道産小豆のこしあんまん(ごま風味)

村上虹郎さん
「ファミリーマート」の
北海道産小豆のこしあんまん(ごま風味)

「こしあんまん」は稽古場や撮影現場に行く前に買って、すぐかぶりつきます。「あっつ」て、言うくらい温かいのですが、温かい甘い食べ物っていうところがいい。

「名曲喫茶 でんえん」のミルクセーキ

タブレット純さん
「名曲喫茶 でんえん」のミルクセーキ

初めて行ったのは中学生だったから、30年ほど前です。中古レコードを集めるようになって、休みの日はいつも古本屋や中古レコード屋巡りをしていて。その時にこのお店を知りました。

「伊香保温泉 清芳亭」の湯の花饅頭

堀部圭亮さん
「伊香保温泉 清芳亭」の湯の花饅頭

群馬は母親の出身地です。お盆やお彼岸に親戚のところへ遊びに行くと、この湯の花饅頭(まんじゅう)を用意してくれています。

新着コラム 一覧を見る
岩谷圭介「ふうせん宇宙撮影」

美博ノート

岩谷圭介「ふうせん宇宙撮影」

空高く飛んだ風船が、みるみるうちに漆黒の世界へ行き着いた。上空30キロから、青い地球と太陽の光を撮影した動画の1カットだ。

新印象派【下】 ポーラ美術館

目利きのイチオシコレクション

新印象派【下】 ひろしま美術館

スーラの影響を受けて点描の技法を推し進めたのが、シニャックです。特に、珍しい初期の作品が見られるのが、ひろしま美術館。日本では数少ない新印象派の優品をそろえた貴重な美術館です。

爬虫類(はちゅうるい) THE REPTILES 田辺光彰作(さいたま市中央区)

アートリップ

爬虫類(はちゅうるい) THE REPTILES 
田辺光彰作(さいたま市中央区)

通勤客が足早に行き交う広場に突如現れたのは、全長11メートルの巨大なトカゲの彫刻。ステンレス製の銀色の姿が目をひく。

上野の森美術館

気になる一品

上野の森美術館

「恐怖」をテーマに西洋絵画や版画を集めた「怖い絵」展。ショップでは、「缶ミラー」を販売中。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。