美博ノート

「百年海図巻 アニメーションのジオラマ」

チームラボアイランド 
踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地
(名古屋市科学館)

 


美博ノート

 

 高さ2.5メートル、全長18メートルの壁に映し出される大海原。波が幾重にも重なり、うごめく様を見つめていると、自分が海にのみこまれるような感覚を覚える。

 本作は、今後100年間で上昇していく海の様子を映像化したデジタルアート。世界自然保護基金が2009年に発表した予測に基づき、チームラボが演算した実際の時間軸で上映している。

 現在を刻む作品でありながら、どこか懐かしい昔話を思わせる日本画調で描かれる。「昔の日本画には、自己を自然の一部と捉えていた日本人特有の空間認識が表れている」とチームラボ担当者。作品を通じて、近現代人が失った世界観を提示している。

(2017年1月10日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
エドガー・ドガ「美術館にて」

エドガー・ドガ「美術館にて」

芸術の都パリ。19世紀後半になると、女性が画家やモデルなど表現者として活躍し始める。

伝マルタン・ベルト「ティーセット 箱付」

伝マルタン・ベルト「ティーセット 箱付」

パリジェンヌはいつの時代も女性の憧れ。本展では、18~20世紀の絵画やファッション、写真などを通してパリに生きる女性の魅力に迫る。

堀尾実「斧」

堀尾実「斧」

堀尾実(1910~73)は、日本画による抽象絵画を追求した画家。20世紀初めのフランスで起こった美術運動のキュービスムに影響を受けた。

青田真也「untitled」

青田真也「untitled」

まん丸な目と鼻の穴に、歯が抜けたような口元。間の抜けた表情だが、ついじっと見てしまう。

新着コラム 一覧を見る
日本刀【下】 土浦市立博物館

目利きのイチオシコレクション

日本刀【下】 土浦市立博物館

茨城県の土浦市立博物館では毎年秋、土浦藩主土屋家ゆかりの刀剣を公開しています。土屋家の歴代当主は、江戸幕府の老中や奏者番(そうしゃばん)を務めました。

マッテルモン 荒井良二作(大分市生石(いくし))

アートリップ

マッテルモン 
荒井良二作(大分市生石(いくし))

穏やかな波が打ち寄せる大分港。晴れ渡った青空に、真っ赤な門がそびえ立つ。高さ約10メートル、幅15メートル。その上には、丸いオブジェがちょこんと腰かけ、大海原を眺めている。

根津美術館

気になる一品

根津美術館

寺社の御朱印集めが大人気。根津美術館で開催中の企画展「ほとけを支える」に合わせて、ミュージアムショップにも「燕子花図(かきつばたず) 御朱印帳」が登場した。

ブームの卵

ブームの卵

9月15日 注目グッズ
「シリコン竿(さお)拭き Teru」など

物干しざおって雨やホコリですぐ汚れちゃうよね。「シリコン竿(さお)拭き Teru」は、物干しざおのお掃除グッズ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。