美博ノート

「百年海図巻 アニメーションのジオラマ」

チームラボアイランド 
踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地
(名古屋市科学館)

 


美博ノート

 

 高さ2.5メートル、全長18メートルの壁に映し出される大海原。波が幾重にも重なり、うごめく様を見つめていると、自分が海にのみこまれるような感覚を覚える。

 本作は、今後100年間で上昇していく海の様子を映像化したデジタルアート。世界自然保護基金が2009年に発表した予測に基づき、チームラボが演算した実際の時間軸で上映している。

 現在を刻む作品でありながら、どこか懐かしい昔話を思わせる日本画調で描かれる。「昔の日本画には、自己を自然の一部と捉えていた日本人特有の空間認識が表れている」とチームラボ担当者。作品を通じて、近現代人が失った世界観を提示している。

(2017年1月10日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「大笹穂槍(やり) 銘 藤原正真(まさざね)作/号 蜻蛉切(とんぼきり)」

「大笹穂槍(やり) 銘 藤原正真(まさざね)作/号 蜻蛉切(とんぼきり)」

大河ドラマや、名刀を擬人化したキャラクターが活躍するゲーム「刀剣乱舞」などの影響か、刀剣ブームが巻き起こっている。

「花と人、コントロールできないけれども、共に生きる」

「花と人、コントロールできないけれども、共に生きる」

色とりどりの花の映像が、60平方メートルの暗い室内一面に広がる。見る人がじっとしていると花は咲き乱れ、壁に触れたり、室内を走り回ったりすると散る。

「クリスタル ユニバース」

「クリスタル ユニバース」

プログラマーや建築家、音楽家など、多分野の専門家で構成される集団、チームラボ。テクノロジーを駆使したデジタルアート作品を通じて、アートと人との新たな関係性を追究している。

「Stairs」

「Stairs」

油彩でキャンバスに描くことに変わりはないが、現代アートと呼ばれる絵画は果たして「洋画」?

新着コラム 一覧を見る
「東京土山人」のすだちそば

おんなのイケ麺(めん)

堀田茜さん
「東京土山人」のすだちそば

2年ほど前、アパレルの広報で仲良しのお姉さんに連れていってもらったのが出会いです。

「不二家」のミルキー

オトコの別腹

渡辺達生さん
「不二家」のミルキー

僕は1949年生まれ。ちょうど母のおっぱいを飲んでいた頃にミルキーが生まれました。

浅草絵巻 平山郁夫原画監修(東京都台東区)

アートリップ

浅草絵巻 
平山郁夫原画監修(東京都台東区)

年間約3千万人の観光客でにぎわう浅草・仲見世通り。午後8時過ぎ、店が閉まった静かな参道にその絵巻は現れる。

紙の博物館

気になる一品

紙の博物館

紙の博物館で販売するオリジナルの「かみ頼み」「KAMI POWER」ストラップ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)
【「マリオン・モバイル」終了のお知らせ】

→詳しくはこちら