美博ノート

歌川芳藤「五拾三次之内猫之怪」

浮世絵ねこの世界展(豊橋市二川宿本陣資料館)

1847(弘化4)年 大判錦絵

1847(弘化4)年 大判錦絵

 目を見開き、今にも襲いかかってきそうな形相の化け猫。よく見ると、大小様々な猫を集めた「寄せ絵」になっている。さながら、花や野菜を組み合わせて肖像画を描いた、16世紀の画家アルチンボルドのようだ。

 作者は歌川国芳の門弟、芳藤(よしふじ)(1828~87)。子ども向けの浮世絵「おもちゃ絵」を得意とした。

 本作は、47年に上演された歌舞伎「尾上梅寿一代噺(おのえきくごろういちだいばなし)」に登場する化け猫がモチーフ。御簾(みす)から出てくる化け猫の顔は、目は鈴、舌は首輪のひもと、全てが猫にちなんだもので構成されていて、芳藤の遊び心がうかがえる。

 鼻部分の猫は「蹲踞(そんきょ)した力士の後ろ姿のようにも見え、怖さの中にもユーモアを感じます」と学芸員の和田実さん。

(2017年8月8日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
1844(弘化元)年頃 団扇絵判錦絵

歌川国芳「鏡面シリーズ 猫と遊ぶ娘」

猫好きとして知られる歌川国芳(1797~1861)。家では十数匹の猫を飼い、懐にも子猫を入れていたという。

歌川広重「名所江戸百景 浅草田圃酉(たんぼとり)の町詣(もうで)」

歌川広重「名所江戸百景 浅草田圃酉(たんぼとり)の町詣(もうで)」

日本では平安時代から愛玩動物としてかわいがられていた猫。本展では、江戸から明治にかけて活躍した浮世絵師が、猫を題材にした浮世絵100点を紹介する。

ジョルジュ・ルフェーブル「青いストッキングをはいた女流詩人」

ジョルジュ・ルフェーブル「青いストッキングをはいた女流詩人」

片ひじをついて横たわる女性。腰部分だけをふくらませた「バッスルスタイル」は、細身のシルエットが特徴だ。

エリザベト・ルイーズ・ビジェ・ルブラン「リラを弾く女性」

エリザベト・ルイーズ・ビジェ・ルブラン「リラを弾く女性」

1789年のフランス革命の前後には、ファッションにも変革がもたらされた。華美で人工的なロココ文化に息苦しさを覚えた人々は、シンプルで古典的なスタイルを追い求めるように。

新着コラム 一覧を見る
国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

恐竜化石や生物標本を展示する国立科学博物館。グッズ売り場で見つけたのは、オリジナルの靴下「地層・化石ソックス」。

水面への回廊、琵琶湖 井上武吉作(滋賀県大津市)

アートリップ

水面への回廊、琵琶湖 
井上武吉作(滋賀県大津市)

浜大津駅から琵琶湖の方へ歩いていくと、正面に石柱の列が見えてくる。大津港の公園「シンボル緑地」にある、彫刻家井上武吉(1930~97)の遺作「水面への回廊、琵琶湖」だ。

名作椅子【上】 武蔵野美術大学美術館・図書館

目利きのイチオシコレクション

名作椅子【上】 武蔵野美術大学美術館・図書館

用と美を兼ね備え、半世紀以上にわたり製造販売されている名作椅子に、近年注目が集まっています。武蔵野美術大学美術館・図書館は、主に20世紀の欧米と日本の椅子を所蔵しており、中でもデンマークの椅子は一見に値します。

「KURA」のトマト味のパスタ 茄子とベーコン

おんなのイケ麺(めん)

野呂佳代さん
「KURA」の
トマト味のパスタ 茄子とベーコン

7、8年前、友達と何げなく入ったお店で頼んだパスタだったのですが、一口食べて、全然違う!と思いました。とにかく麺がモチモチなんです。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。