美博ノート

歌川芳藤「五拾三次之内猫之怪」

浮世絵ねこの世界展(豊橋市二川宿本陣資料館)

1847(弘化4)年 大判錦絵

1847(弘化4)年 大判錦絵

 目を見開き、今にも襲いかかってきそうな形相の化け猫。よく見ると、大小様々な猫を集めた「寄せ絵」になっている。さながら、花や野菜を組み合わせて肖像画を描いた、16世紀の画家アルチンボルドのようだ。

 作者は歌川国芳の門弟、芳藤(よしふじ)(1828~87)。子ども向けの浮世絵「おもちゃ絵」を得意とした。

 本作は、47年に上演された歌舞伎「尾上梅寿一代噺(おのえきくごろういちだいばなし)」に登場する化け猫がモチーフ。御簾(みす)から出てくる化け猫の顔は、目は鈴、舌は首輪のひもと、全てが猫にちなんだもので構成されていて、芳藤の遊び心がうかがえる。

 鼻部分の猫は「蹲踞(そんきょ)した力士の後ろ姿のようにも見え、怖さの中にもユーモアを感じます」と学芸員の和田実さん。

(2017年8月8日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
岩谷圭介「ふうせん宇宙撮影」

岩谷圭介「ふうせん宇宙撮影」

空高く飛んだ風船が、みるみるうちに漆黒の世界へ行き着いた。上空30キロから、青い地球と太陽の光を撮影した動画の1カットだ。

「Such Such Such」

「Such Such Such」

絵筆や指輪、瓶、メガネ――来館者が思い思いに描いた絵が並ぶ。

日比野克彦「PRESENT AIRPLANE」

日比野克彦「PRESENT AIRPLANE」

岐阜県美術館開館35周年を記念した特別展。本展では、1980年代に商業メディアを通して展開したアートを振り返り、2020年代の未来のアートの役割を考える。

ゲアダ・ヴィーイナ「『ジュルナル・デ・ダム・エ・デ・モード』より、プレート158」

ゲアダ・ヴィーイナ「『ジュルナル・デ・ダム・エ・デ・モード』より、プレート158」

パリジェンヌといえばセンスの光るファッション。すそがすぼまっている「ホブルスカート」は、1910年代に流行した。

新着コラム 一覧を見る
新印象派【下】 ポーラ美術館

目利きのイチオシコレクション

新印象派【下】 ひろしま美術館

スーラの影響を受けて点描の技法を推し進めたのが、シニャックです。特に、珍しい初期の作品が見られるのが、ひろしま美術館。日本では数少ない新印象派の優品をそろえた貴重な美術館です。

爬虫類(はちゅうるい) THE REPTILES 田辺光彰作(さいたま市中央区)

アートリップ

爬虫類(はちゅうるい) THE REPTILES 
田辺光彰作(さいたま市中央区)

通勤客が足早に行き交う広場に突如現れたのは、全長11メートルの巨大なトカゲの彫刻。ステンレス製の銀色の姿が目をひく。

上野の森美術館

気になる一品

上野の森美術館

「恐怖」をテーマに西洋絵画や版画を集めた「怖い絵」展。ショップでは、「缶ミラー」を販売中。

三瀬夏之介さん(画家) 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(1999年)

私の描くグッとムービー

三瀬夏之介さん(画家)
「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」
(1999年)

日本から遠く離れたカリブ海に浮かぶ小さな島国、キューバのハバナが舞台。長く忘れられた老音楽家たちが、米国人のギタリスト、ライ・クーダーに見いだされ、セッションを通して異文化交流をするドキュメンタリーです。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。