美博ノート

三代歌川豊国「両国夕景一ツ目千金」

天然黒ぐろ 鉄と炭素のものがたり(INAXライブミュージアム)

三代歌川豊国「両国夕景一ツ目千金」

部分、1855年

 夕闇を背に立つ女と顔をしかめる男。隅田川沿いの料理屋を描いた浮世絵だ。1枚の絵の中に濃淡のある黒が存在する。

 煤(すす)を膠(にわか)で練り固めて作られる墨には、松の煤「松煙墨(しょうえんぼく)」と植物油の煤「油煙墨(ゆえんぼく)」の2種がある。松煙墨は粒子が粗くふぞろいで、青みを帯びた透明感のある黒になる。本作では外の暗闇に松煙墨を使っているようだ。一方、油煙墨は、粒子が細かくそろっていて、赤みのあるはっきりした黒になる。男の着物の濃い黒は、藍を刷った上からこの油煙墨を使ったと思われる。

 煤の種類や膠の量による墨の違いに加え、墨と紙、水質との相性、濃淡、ぼかし、にじみなどの技法で、無限の表現方法を生む。学芸員の水野慶子さんは「水墨画などを鑑賞する時にそこに注目すると、より楽しめます」と話す。

(2018年1月9日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
小森邦衛「真塗円盆(しんぬりまるぼん)」

小森邦衛「真塗円盆(しんぬりまるぼん)」

漆黒とは、艶(つや)めく黒色のことをいう。漆塗りの本作「真塗丸盆」は、まさに漆黒の奥深さが味わえる一品。

「黒織部茶碗(わん)」

「黒織部茶碗(わん)」

力強さや権威、シックなど様々なイメージを持つ黒。本展では、「黒」とその色素となる炭素と鉄に注目。

「藤花菊唐草文飾壺(かざりつぼ)」

「藤花菊唐草文飾壺(かざりつぼ)」

最盛期、並河の工場には多くの見学客が訪れた。芳名帳に残る名前は、外国客だけでも3千人を超える。

下図「御紋付雀山咲図壺(ごもんつきすずめやまぶきずつぼ)台座付」

下図「御紋付雀山咲図壺(ごもんつきすずめやまぶきずつぼ)台座付」

黒の背景地に咲き誇る黄色いヤマブキ。飛び交うスズメからは、さえずりが聞こえてきそうだ。頸部(けいぶ)の菊紋は、皇室関係からの注文品という証しだろう。

新着コラム 一覧を見る
エコール・ド・パリ【下】 北海道立近代美術館

目利きのイチオシコレクション

エコール・ド・パリ【下】 北海道立近代美術館

エコール・ド・パリの画家の多くは、第1次世界大戦前後に故郷を離れ、各国から集まった異邦人でユダヤ系が中心です。戦争に翻弄(ほんろう)されながらも、自己の表現を探究しました。

太陽の橋 福田繁雄作(福岡県北九州市)

アートリップ

太陽の橋 
福田繁雄作(福岡県北九州市)

小倉駅から小倉城に向かって大通りを歩いていくと、突然色とりどりに彩られた橋が現れた。

国立歴史民俗博物館

気になる一品

国立歴史民俗博物館

国立歴史民俗博物館が所蔵する「洛中洛外図屏風(びょうぶ) 歴博甲本」(重要文化財)。

ブームの卵

ブームの卵

1月12日 注目グッズ
「ママの手 ラップ用アーム」など

「ママの手 ラップ用アーム」(幅13.5×奥行き5×高さ16センチメートル、3個入り)は、料理の形を崩すことなくラップ保存できるキッチングッズ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。