美博ノート

志賀理江子「予感と夢」

ビルディング・ロマンス 現代譚(ばなし)を紡ぐ(豊田市美術館)

志賀理江子「予感と夢」

2018年

 1組4作家の作品から、家族や土地など身近な関係性の中に潜む「現代の物語」を読み解く本展。

 写真家の志賀は、大きく引き伸ばした写真を壁一面に配したインスタレーションを見せる。写真に写るのは、貨物用エレベーターの中で眠るように目を閉じ、寄り添う人々だ。

 被写体は皆、機械産業の従事者だという。土着の物語を視覚化する作品を手がける志賀が、自動車産業の集積地、豊田の物語として選んだテーマは「機械と人」。「機械化された現代に潜む『生命のノイズ』を、志賀は見つめている」と学芸員の能勢陽子さんは話す。

 機械の無機質さと眠りから連想される「死」の感覚と、被写体の生々しい存在感とが共存する。「死と再生の物語でもあるんです」

(2018年2月13日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「大日本物産図会」

「大日本物産図会」

海からぬっと現れた巨大ダコが、舟に足をからめて襲いかかる。三代歌川広重(1842~94)によるこの錦絵は、富山県滑川が舞台。

「タコ絵馬」

「タコ絵馬」

「置くとパス(オクトパス)」。最近は受験の縁起物として、願掛けをされるタコ。日本では古くから信仰の対象になり、民話や伝承も各地に残る。

「ビック:走る、走る、ビック・ボールペンが走る」

「ビック:走る、走る、ビック・ボールペンが走る」

仏のレイモン・サヴィニャック(1907~2002)が最も多く広告を手がけた企業は、文具メーカー、ビック社。ブランドのトレードマークのボール状の頭のキャラクターもサヴィニャックの作品だ。

「ひとりでに編める ウット毛糸」

「ひとりでに編める ウット毛糸」

レイモン・サヴィニャック(1907~2002)が、仏のウット毛糸から依頼されたのは、ブランドのキャッチフレーズを広告ポスターにすること。

新着コラム 一覧を見る
銀色夏生さん(詩人)「ピクニックatハンギングロック」(1975年)

私の描くグッとムービー

銀色夏生さん(詩人)
「ピクニックatハンギングロック」(1975年)

20代の頃は1日に4本見た日もあるほど、映画はジャンルを問わず好きです。これはその頃、1986年の日本公開時に劇場で見た作品。独特の空気感が印象的で、今回ふっと頭に浮かびました。

ブームの卵

ブームの卵

8月10日 注目グッズ
「Bitatto it(ビタット イット)!」など

食事の時、うっかりお皿をひっくり返してしまったり、おかずをこぼしてしまったり……そんな悩みは、この「Bitatto it(ビタット イット)!」が解決。

金子屋@神奈川・伊勢原

街の十八番

金子屋@神奈川・伊勢原

神奈川県伊勢原市の大山(標高1252メートル)。大山阿夫利神社へ向かうこま参道の一角に金子屋がある。江戸時代中期から続く大山こまを扱う土産物店だ。

「TANTO TANTO」のあーやスペシャルパスタ

おんなのイケ麺(めん)

平原綾香さん
「TANTO TANTO」のあーやスペシャルパスタ

もう15年のお付き合いです。レコーディングの合間に、お茶で利用したのが初めですね。カモミール茶を頼んだら、なぜか生ビールが出てきたんですよ。それがきっかけで、お店の方と仲良くなりました。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。