美博ノート

渡辺泰幸「土の音」

世界とつながる本当の方法(岐阜県現代陶芸美術館)

 


美博ノート
渡辺泰幸「土の音」

 

 「みて・きいて・かんじる陶芸」との今展サブタイトル通りの作品がある。

 展示室の床に無造作に置かれた陶の球――直径約10~26センチの大小約100個の土鈴だ。鑑賞者はそれらをスティックでたたいたり、振ったり、転がしたりして、「土の音」を楽しめる。

 音を創作のテーマとする美術家・渡辺泰幸が手がけた本作は、20年来続くシリーズのひとつだ。作品に触れて音を楽しむことを通して、人と人、人と作品のコミュニケーションの場を作るのが狙いだという。

 学芸員の山口敦子さんは、作品から出る音を「人間の眠っていた本能を刺激するよう」と表現する。鈍く鳴る低い音、乾いた高い音。鑑賞者それぞれが、作品に触れ、さまざまな音を響かせていた。

(2015年1月21日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「Floating Ⅱ」

「Floating Ⅱ」

ひざを抱えるようにして座り、柔らかな表情を浮かべる女性。夢を見ているのだろうか。それとも、鼻歌を口ずさんでいるのだろうか。

「千歳山の蟇(ひき)図」

「千歳山の蟇(ひき)図」

陶芸だけでなく書画にも親しんだ半泥子(はんでいし)。本作はヒキガエルを描いた最晩年の作品で、自画像だという。

「呼継茶碗(よびつぎぢゃわん) 銘 ねこなんちゅ」

「呼継茶碗(よびつぎぢゃわん) 銘 ねこなんちゅ」

上からのぞくと、黄褐色の皿が見える。拾ってきた古瀬戸の欠けた小皿に、自邸があった津市の千歳山の土を使って上部を継ぎ足した本作。

「高麗手茶碗 銘 雅茶子」

「高麗手茶碗 銘 雅茶子」

「閑(か)く恋慕(れんぼ)」「猿のしり」「ぼたもち」など、親しみやすい銘(作品の名前)が付いた茶碗(ちゃわん)が並ぶ。

新着コラム 一覧を見る
緑のラブレター 高橋政行作(相模原市緑区)

アートリップ

緑のラブレター 
高橋政行作(相模原市緑区)

JR中央線が藤野駅に近づくと、山の中腹に巨大なラブレターが現れた。

国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

「大英自然史博物館展」(6月11日まで)の見どころのひとつは、最古の鳥類化石「始祖鳥」。

ブームの卵

ブームの卵

3月17日 注目グッズ
「Dreami(ドリーミ)ピローノートブック」など

仕事や勉強に行き詰まったら、「Dreami(ドリーミ)ピローノートブック」(縦19×横14×厚さ2.5センチメートル、3240円)でちょっとひと眠り。

ヴァンサン・ルフランソワさん(イラストレーター)「カッコーの巣の上で」(1975年)

私の描くグッとムービー

ヴァンサン・ルフランソワさん(イラストレーター)
「カッコーの巣の上で」(1975年)

初めて見た時は19歳。パリの大学で美術を学んでいました。なじみのある娯楽的な映画とはまったく違って、大ショック。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)

【携帯(フィーチャーフォン)サイト終了のお知らせ】

→詳しくはこちら