美博ノート

渡辺泰幸「土の音」

世界とつながる本当の方法(岐阜県現代陶芸美術館)

 


美博ノート
渡辺泰幸「土の音」

 

 「みて・きいて・かんじる陶芸」との今展サブタイトル通りの作品がある。

 展示室の床に無造作に置かれた陶の球――直径約10~26センチの大小約100個の土鈴だ。鑑賞者はそれらをスティックでたたいたり、振ったり、転がしたりして、「土の音」を楽しめる。

 音を創作のテーマとする美術家・渡辺泰幸が手がけた本作は、20年来続くシリーズのひとつだ。作品に触れて音を楽しむことを通して、人と人、人と作品のコミュニケーションの場を作るのが狙いだという。

 学芸員の山口敦子さんは、作品から出る音を「人間の眠っていた本能を刺激するよう」と表現する。鈍く鳴る低い音、乾いた高い音。鑑賞者それぞれが、作品に触れ、さまざまな音を響かせていた。

(2015年1月21日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
エドガー・ドガ「美術館にて」

エドガー・ドガ「美術館にて」

芸術の都パリ。19世紀後半になると、女性が画家やモデルなど表現者として活躍し始める。

伝マルタン・ベルト「ティーセット 箱付」

伝マルタン・ベルト「ティーセット 箱付」

パリジェンヌはいつの時代も女性の憧れ。本展では、18~20世紀の絵画やファッション、写真などを通してパリに生きる女性の魅力に迫る。

堀尾実「斧」

堀尾実「斧」

堀尾実(1910~73)は、日本画による抽象絵画を追求した画家。20世紀初めのフランスで起こった美術運動のキュービスムに影響を受けた。

青田真也「untitled」

青田真也「untitled」

まん丸な目と鼻の穴に、歯が抜けたような口元。間の抜けた表情だが、ついじっと見てしまう。

新着コラム 一覧を見る
日本刀【下】 土浦市立博物館

目利きのイチオシコレクション

日本刀【下】 土浦市立博物館

茨城県の土浦市立博物館では毎年秋、土浦藩主土屋家ゆかりの刀剣を公開しています。土屋家の歴代当主は、江戸幕府の老中や奏者番(そうしゃばん)を務めました。

マッテルモン 荒井良二作(大分市生石(いくし))

アートリップ

マッテルモン 
荒井良二作(大分市生石(いくし))

穏やかな波が打ち寄せる大分港。晴れ渡った青空に、真っ赤な門がそびえ立つ。高さ約10メートル、幅15メートル。その上には、丸いオブジェがちょこんと腰かけ、大海原を眺めている。

根津美術館

気になる一品

根津美術館

寺社の御朱印集めが大人気。根津美術館で開催中の企画展「ほとけを支える」に合わせて、ミュージアムショップにも「燕子花図(かきつばたず) 御朱印帳」が登場した。

ブームの卵

ブームの卵

9月15日 注目グッズ
「シリコン竿(さお)拭き Teru」など

物干しざおって雨やホコリですぐ汚れちゃうよね。「シリコン竿(さお)拭き Teru」は、物干しざおのお掃除グッズ。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。