美博ノート

渡辺泰幸「土の音」

世界とつながる本当の方法(岐阜県現代陶芸美術館)

 


美博ノート
渡辺泰幸「土の音」

 

 「みて・きいて・かんじる陶芸」との今展サブタイトル通りの作品がある。

 展示室の床に無造作に置かれた陶の球――直径約10~26センチの大小約100個の土鈴だ。鑑賞者はそれらをスティックでたたいたり、振ったり、転がしたりして、「土の音」を楽しめる。

 音を創作のテーマとする美術家・渡辺泰幸が手がけた本作は、20年来続くシリーズのひとつだ。作品に触れて音を楽しむことを通して、人と人、人と作品のコミュニケーションの場を作るのが狙いだという。

 学芸員の山口敦子さんは、作品から出る音を「人間の眠っていた本能を刺激するよう」と表現する。鈍く鳴る低い音、乾いた高い音。鑑賞者それぞれが、作品に触れ、さまざまな音を響かせていた。

(2015年1月21日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
歌川広重「名所江戸百景 浅草田圃酉(たんぼとり)の町詣(もうで)」

歌川広重「名所江戸百景 浅草田圃酉(たんぼとり)の町詣(もうで)」

日本では平安時代から愛玩動物としてかわいがられていた猫。本展では、江戸から明治にかけて活躍した浮世絵師が、猫を題材にした浮世絵100点を紹介する。

ジョルジュ・ルフェーブル「青いストッキングをはいた女流詩人」

ジョルジュ・ルフェーブル「青いストッキングをはいた女流詩人」

片ひじをついて横たわる女性。腰部分だけをふくらませた「バッスルスタイル」は、細身のシルエットが特徴だ。

エリザベト・ルイーズ・ビジェ・ルブラン「リラを弾く女性」

エリザベト・ルイーズ・ビジェ・ルブラン「リラを弾く女性」

1789年のフランス革命の前後には、ファッションにも変革がもたらされた。華美で人工的なロココ文化に息苦しさを覚えた人々は、シンプルで古典的なスタイルを追い求めるように。

「ロココ時代の宮廷衣装」

「ロココ時代の宮廷衣装」

ファッションは時代を映す鏡だ――。本展では、そんな「装い」に着目しながら、17世紀後半~20世紀初頭のフランス絵画を関連資料とともに紹介する。

新着コラム 一覧を見る
未来都市銀河地球鉄道 山本長実(おさみ)作(岩手県花巻市)

アートリップ

未来都市銀河地球鉄道 
山本長実(おさみ)作(岩手県花巻市)

闇の中に、青く輝く「銀河の世界」が広がる。7月初旬の午後8時ごろ。岩手県・花巻駅前の坂を下ると、道路脇にその壁画はあった。

近代西洋ガラス工芸【中】 飛騨高山美術館

目利きのイチオシコレクション

近代西洋ガラス工芸【中】 飛騨高山美術館

エミール・ガレと同時期に活躍したのが、仏のドーム兄弟です。ガレの活躍に影響された2人は、父親のガラス工場を継ぐと、新しい技法で芸術的な作品を数多く生み出しました。

弥生美術館

気になる一品

弥生美術館

大正時代の恋愛事件を資料で紹介する「命短し恋せよ乙女」展が9月24日まで開催。

わかやま紀州館

アンテナショップ@東京

わかやま紀州館

有楽町駅からすぐの東京交通会館はアンテナショップの名所で、日本各地の物産や観光情報を手に入れられる。その地下1階にある「わかやま紀州館」の店先には、和歌山県の旬の農産物がずらり。人々が足を止めて品定めする。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。