ブームの卵

7月14日 注目グッズ
「地球まるごとすごろく」など

 

地球を1周できる球体すごろく☆

 

地球まるごとすごろく すごろくが球体になった「地球まるごとすごろく」(直径約50×高さ58.5センチメートル、4298円)が新登場。ビニール製のボールに空気を入れてふくらませると、約100の国と地域が描かれたすごろくの舞台が完成するよ。吸盤のコマを張り付けて遊ぶ仕組み。台座にセットして回せば地球儀みたい♪ 世界の名所を解説した51種類の「世界遺産カード」も付属。豆知識も身につけることができるの。エベレストに登頂したり、南極やヨーロッパを旅してみたり……。各地で賞金を得ながら、一番のお金持ちを目指してみてね。7月下旬発売予定。問い合わせはメガハウス(03・3847・1757)。

 


 

なでなでしたくなる一筆箋♪


おなかナデナデ香り付き一筆箋(せん) 猫 「おなかナデナデ香り付き一筆箋(せん) 猫」(3柄各7枚、縦約13.5×横約7.5センチメートル、431円)は、イラストのおなか部分をなでると、ネコのおなかのニオイがほんのりと香る一筆箋♡ ニオイは個体差があるけど、飼い主へのアンケートを参考に「焦がしバターが香るホットケーキ」のような甘いニオイを再現したんだって。我が家のネコちゃんのニオイと同じかな? 「柴犬」版もあるよ。ホームページで「9月分お届け」(8月中旬~9月中旬発送)の予約受け付け中。問い合わせはフェリシモ(0120・055820)。

(2017年7月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「ブームの卵」の新着記事 一覧を見る
ブームの卵

7月21日 注目グッズ
「タテトコ 方眼罫(けい)」など

メモを残したのに、書類の間に紛れ込んでしまって気付いてもらえないことってあるよね。「タテトコ 方眼罫(けい)」は自立するふせん。

ブームの卵

7月7日 注目グッズ
「はにわ&土偶ケシゴム」など

汚れや形崩れが味わいに変わる消しゴムが登場。「はにわ&土偶ケシゴム」は、使い込むほどに角が取れ、鉛筆の黒鉛で汚れてくると、まるで発掘現場から出土したようなリアルな姿形になっていくの☆

ブームの卵

6月30日 注目グッズ
「足ゆび楽だニャー」など

一日中歩いたり、立ちっぱなしだったりしてもう疲れた……。そんなときは「足ゆび楽だニャー(2個組)」(1382円)を履いて、リフレッシュしてみない?

ブームの卵

6月23日 注目グッズ
「レイエ ごはんのおともトング」など

つくだ煮やらっきょう、梅干しなど……なかなかつかみにくいご飯のお供ってあるよね。「レイエ ごはんのおともトング」は、小ぶりでつかみやすいんだ。

新着コラム 一覧を見る
歌川広重「名所江戸百景 浅草田圃酉(たんぼとり)の町詣(もうで)」

美博ノート

歌川広重「名所江戸百景 浅草田圃酉(たんぼとり)の町詣(もうで)」

日本では平安時代から愛玩動物としてかわいがられていた猫。本展では、江戸から明治にかけて活躍した浮世絵師が、猫を題材にした浮世絵100点を紹介する。

未来都市銀河地球鉄道 山本長実(おさみ)作(岩手県花巻市)

アートリップ

未来都市銀河地球鉄道 
山本長実(おさみ)作(岩手県花巻市)

闇の中に、青く輝く「銀河の世界」が広がる。7月初旬の午後8時ごろ。岩手県・花巻駅前の坂を下ると、道路脇にその壁画はあった。

近代西洋ガラス工芸【中】 飛騨高山美術館

目利きのイチオシコレクション

近代西洋ガラス工芸【中】 飛騨高山美術館

エミール・ガレと同時期に活躍したのが、仏のドーム兄弟です。ガレの活躍に影響された2人は、父親のガラス工場を継ぐと、新しい技法で芸術的な作品を数多く生み出しました。

弥生美術館

気になる一品

弥生美術館

大正時代の恋愛事件を資料で紹介する「命短し恋せよ乙女」展が9月24日まで開催。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。