私の描くグッとムービー

ヴァンサン・ルフランソワさん(イラストレーター)
「カッコーの巣の上で」(1975年)

マクマーフィが力をくれる

 初めて見た時は19歳。パリの大学で美術を学んでいました。なじみのある娯楽的な映画とはまったく違って、大ショック。思わず震えました。

 刑務所に収監されていたマクマーフィは労役から逃れるため所内で暴力を働き、精神科病院へ送られます。そこでは厳格なラチェッド看護婦長の下、患者たちは無気力な生活を送っていたのです。

 マクマーフィは自分の欲求のままにふるまい、それが患者たちを勇気づけていきます。ある日、彼は「町へ出て野球を見る」と宣言し、給水器で窓を壊して脱出しようと試みます。しかし重くて持ち上げられなかった。その時の言葉が私の心に響きました。「でも努力はしたぜ。チャレンジした」。後悔をしないためには、挑戦してみないといけません。

 俳優それぞれの演技が素晴らしかった。好きな俳優であるジャック・ニコルソンは、すぐにマクマーフィとしか見られなくなりました。登場人物を平等な視点で、丁寧に描いているのも特徴です。患者たちの個性や魅力が伝わってくるので、どんな歴史でここに来ているのか知りたくなるし、映画の場面のように一緒にトランプをしてみたいとすら思いました。

 私の作業場にはマクマーフィのブロマイドが飾ってあります。19歳の時から、何度も彼の生き方に勇気をもらいました。あの映画のように、誰かの心を大きく動かす漫画を描きたい。ずっと目標にしているんです。

聞き手・西村和美

 

  監督=ミロス・フォアマン
  製作=米
  出演=ジャック・ニコルソン、ルイーズ・フレッチャーほか
 1966年仏ルーアン生まれ。福岡在住。バンド・デシネ(仏語圏の漫画)作家として活動する。ウェブサイト http://www.atelierdecale.net

(2017年3月17日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
岩本ナオさん(漫画家)「落下の王国」(2006年)

岩本ナオさん(漫画家)
「落下の王国」(2006年)

舞台は1915年、ロサンゼルスの病院。主人公で映画スタントマンのロイは、撮影中の事故で半身不随になったうえ、恋人をスター俳優に奪われ自暴自棄になっていました。

伊藤桃子さん(イラストレーター)「ストレイト・ストーリー」(1999年)

伊藤桃子さん(イラストレーター)
「ストレイト・ストーリー」(1999年)

73歳のアルヴィンが、時速8キロのトラクターで約560キロ離れた兄の元に会いに行った実話を基にした物語です。特に派手な事件が起きるわけではなく、ゆっくりと進んでいく。そのスピードが心地良いんです。

中原昌也さん(作家・ミュージシャン)「遊星よりの物体X」(1951年)

中原昌也さん(作家・ミュージシャン)
「遊星よりの物体X」(1951年)

北極が舞台のSF映画です。飛行物体が墜落し、軍と博士たちは謎の生物が乗った円盤を発見。近くの研究所に持ち帰るが、蘇生した生物が大暴れして、姿を消してしまいます。

田村由美さん(漫画家)「ジョーズ」(1975年)

田村由美さん(漫画家)
「ジョーズ」(1975年)

アメリカのある平和な海岸に人食いザメが現れて、唯一の観光資源になっている海水浴場を守るために警察署長や学者、「サメハンター」が立ち上がるというお話です。

新着コラム 一覧を見る
緑のラブレター 高橋政行作(相模原市緑区)

アートリップ

緑のラブレター 
高橋政行作(相模原市緑区)

JR中央線が藤野駅に近づくと、山の中腹に巨大なラブレターが現れた。

「Floating Ⅱ」

美博ノート

「Floating Ⅱ」

ひざを抱えるようにして座り、柔らかな表情を浮かべる女性。夢を見ているのだろうか。それとも、鼻歌を口ずさんでいるのだろうか。

国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

「大英自然史博物館展」(6月11日まで)の見どころのひとつは、最古の鳥類化石「始祖鳥」。

ブームの卵

ブームの卵

3月17日 注目グッズ
「Dreami(ドリーミ)ピローノートブック」など

仕事や勉強に行き詰まったら、「Dreami(ドリーミ)ピローノートブック」(縦19×横14×厚さ2.5センチメートル、3240円)でちょっとひと眠り。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。

お知らせ(更新情報)

【携帯(フィーチャーフォン)サイト終了のお知らせ】

→詳しくはこちら