私の描くグッとムービー

ヴァンサン・ルフランソワさん(イラストレーター)
「カッコーの巣の上で」(1975年)

マクマーフィが力をくれる

 初めて見た時は19歳。パリの大学で美術を学んでいました。なじみのある娯楽的な映画とはまったく違って、大ショック。思わず震えました。

 刑務所に収監されていたマクマーフィは労役から逃れるため所内で暴力を働き、精神科病院へ送られます。そこでは厳格なラチェッド看護婦長の下、患者たちは無気力な生活を送っていたのです。

 マクマーフィは自分の欲求のままにふるまい、それが患者たちを勇気づけていきます。ある日、彼は「町へ出て野球を見る」と宣言し、給水器で窓を壊して脱出しようと試みます。しかし重くて持ち上げられなかった。その時の言葉が私の心に響きました。「でも努力はしたぜ。チャレンジした」。後悔をしないためには、挑戦してみないといけません。

 俳優それぞれの演技が素晴らしかった。好きな俳優であるジャック・ニコルソンは、すぐにマクマーフィとしか見られなくなりました。登場人物を平等な視点で、丁寧に描いているのも特徴です。患者たちの個性や魅力が伝わってくるので、どんな歴史でここに来ているのか知りたくなるし、映画の場面のように一緒にトランプをしてみたいとすら思いました。

 私の作業場にはマクマーフィのブロマイドが飾ってあります。19歳の時から、何度も彼の生き方に勇気をもらいました。あの映画のように、誰かの心を大きく動かす漫画を描きたい。ずっと目標にしているんです。

聞き手・西村和美

 

  監督=ミロス・フォアマン
  製作=米
  出演=ジャック・ニコルソン、ルイーズ・フレッチャーほか
 1966年仏ルーアン生まれ。福岡在住。バンド・デシネ(仏語圏の漫画)作家として活動する。ウェブサイト http://www.atelierdecale.net

(2017年3月17日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
瓜生太郎さん(イラストレーター) 「バスキア」(1996年)

瓜生太郎さん(イラストレーター)
「バスキア」(1996年)

舞台は80年代の米ニューヨーク。この時代のリアルなアートシーンを背景に、ペンキやスプレーなどを使った「グラフィティアート」の先駆者として知られる画家ジャンミシェル・バスキアの生涯を描いた映画です。

田村セツコさん(イラストレーター)「女は女である」(1961年)

田村セツコさん(イラストレーター)
「女は女である」(1961年)

20代前半の1960年代、全然仕事がなくって、街をよく歩いていたら、当時、東京・新橋にあった「飛行館」の前で、赤いタイツ姿の女の子の映画のポスターに出会ったの。

宮島達男さん(現代美術家)「生きる」(1952年)

宮島達男さん(現代美術家)
「生きる」(1952年)

市役所で事なかれ主義に生きてきた公務員の主人公。「彼は時間を潰しているだけ」「生きているとはいえない」――冒頭のナレーションに圧倒されました。

吉田照美さん(フリーアナウンサー)「グラン・トリノ」(2008年)吉田照美さん(フリーアナウンサー)「グラン・トリノ」(2008年)

吉田照美さん(フリーアナウンサー)
「グラン・トリノ」(2008年)

朝鮮戦争の帰還兵で頑固なおじいさん、ウォルトを演じるのが、監督も務めたクリント・イーストウッド。愛車グラン・トリノを盗まれそうになったことをきっかけに、不良グループの手先に使われた隣家の青年、アジア系モン族のタオや姉スーとの交流が始まる。

新着コラム 一覧を見る
日本刀【下】 土浦市立博物館

目利きのイチオシコレクション

日本刀【下】 土浦市立博物館

茨城県の土浦市立博物館では毎年秋、土浦藩主土屋家ゆかりの刀剣を公開しています。土屋家の歴代当主は、江戸幕府の老中や奏者番(そうしゃばん)を務めました。

マッテルモン 荒井良二作(大分市生石(いくし))

アートリップ

マッテルモン 
荒井良二作(大分市生石(いくし))

穏やかな波が打ち寄せる大分港。晴れ渡った青空に、真っ赤な門がそびえ立つ。高さ約10メートル、幅15メートル。その上には、丸いオブジェがちょこんと腰かけ、大海原を眺めている。

エドガー・ドガ「美術館にて」

美博ノート

エドガー・ドガ「美術館にて」

芸術の都パリ。19世紀後半になると、女性が画家やモデルなど表現者として活躍し始める。

根津美術館

気になる一品

根津美術館

寺社の御朱印集めが大人気。根津美術館で開催中の企画展「ほとけを支える」に合わせて、ミュージアムショップにも「燕子花図(かきつばたず) 御朱印帳」が登場した。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。