私の描くグッとムービー

村上豊さん(画家)
「用心棒」(1961年)

女たちの踊り 強烈な印象

 二つの博徒の勢力が抗争を繰り返し、荒れ果てた北関東の宿場町。そこへ現れた浪人が、この悪者同士を闘わせて――。三船敏郎演じる浪人は、道に投げた木の枝の向きで行き先を決めるいい加減な男。名前を聞かれると、広がる桑畑を見て「桑畑三十郎」「そろそろ四十郎だがな」と言う。なんともいえないユーモアだね。黒澤監督は、作るのが面白くてしょうがないんだな、と感じます。

 娯楽作品ですが、暮らしの切実さも見える。飯屋のじいさん、棺おけ屋、人物それぞれに味わいがある。三船自身の粗野なところも生きています。公開時に見てからもう何回見たかな。とくに好きなのが、三十郎が用心棒として売り込んでいた組で歓待される場面。交渉事の最後に突然、大柄な遊女が出てきてチャンチャカ踊る。田舎っぽくてね。強烈で印象的です。あまり重要でない場面をわざわざ持ってきて、異質な空気をポンと差し込む。黒澤監督のにくいところです。

 絵描きのせいか、映画は人物がいる「風景」なんです。ストーリーや役者よりも、作品世界に興味が行く。挿絵の仕事では、まず作家が何を言いたいのかを考えます。でも、文章と同じものを描いて、説明する必要はないんです。雰囲気が分かればいい。見えない部分に何があるか、僕なりに表現してきました。映画にはありませんが、遊女の踊りを見た三十郎は「げー」っとなって、ひっくりかえるんじゃないかな。これはそんな想像です。

聞き手・小寺美保子

 

  監督・共同脚本=黒澤明
  出演=三船敏郎、仲代達矢、東野英治郎、山田五十鈴ほか
むらかみ・ゆたか 
 向田邦子、五木寛之ら多くの文筆家の挿絵や装丁を手掛ける。来秋、東京・銀座の和光ホールで個展を予定。

(2017年11月10日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
千原徹也さん(アートディレクター) 「犬神家の一族」(1976年)

千原徹也さん(アートディレクター)
「犬神家の一族」(1976年)

頭をかくとフケが出る。下駄(げた)を履いた飄々(ひょうひょう)としたキャラクターが魅力の名探偵金田一耕助が主人公です。時代は終戦直後。信州・犬神財閥の創始者、犬神佐兵衛の遺言と遺産をめぐり、屋敷周辺で起こる一族の殺人事件を追いかけます。

辻口博啓(パティシエ) 「思い出のマーニー」(2014年)

辻口博啓さん(パティシエ)
「思い出のマーニー」(2014年)

両親を亡くし、養父母に育てられている12歳の杏奈が、ぜんそくの療養で訪れた海辺の村で、謎めいた金髪の少女マーニーとひと夏を過ごす物語です。

井上涼さん(アーティスト) 「ロミー&ミッシェル」(1997年)

井上涼さん(アーティスト)
「ロミー&ミッシェル」(1997年)

いわゆるアメリカのおバカなコメディー映画です。登場人物は「つっこみ」無しの全員「ボケ役」。終始小ネタの連続で突っ走ります。

三瀬夏之介さん(画家) 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(1999年)

三瀬夏之介さん(画家)
「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」
(1999年)

日本から遠く離れたカリブ海に浮かぶ小さな島国、キューバのハバナが舞台。長く忘れられた老音楽家たちが、米国人のギタリスト、ライ・クーダーに見いだされ、セッションを通して異文化交流をするドキュメンタリーです。

新着コラム 一覧を見る
Animal 2012-01B 三沢厚彦作(東京都千代田区)

アートリップ

Animal 2012-01B 
三沢厚彦作(東京都千代田区)

高級ブランド店やオフィスビルが立ち並ぶ東京・丸の内仲通り。大きな白トラが、四つ足を踏ん張って歩道に立つ。近寄って金色の瞳をのぞき込むと、次の瞬間襲いかかってくるようで、ドキリとした。

茶道具【上】 MOA美術館

目利きのイチオシコレクション

茶道具【上】 MOA美術館

一服の茶を通じて、人の心と心を通わす茶の湯。亭主は掛け物や花など折々の趣向を凝らして茶室を設(しつら)え、茶碗(ちゃわん)から茶杓(ちゃしゃく)まで道具を組み、客をもてなします。MOA美術館の創設者・岡田茂吉氏も茶を嗜(たしな)みました。

三菱一号館美術館

気になる一品

三菱一号館美術館

ロートレックらの版画やポスターなどが並ぶ「パリ・グラフィック」展。ショップでは、ロートレック作品の一部をほぼ原寸大でプリントしたポーチを販売中だ。

人形町志乃多寿司(しのだずし)總本店@人形町

街の十八番

人形町志乃多寿司(しのだずし)總本店@人形町

創業は1877(明治10)年。広島藩の江戸詰藩士だった初代吉益(よします)啓蔵が明治維新を機に、いなり寿司の屋台に転業。「明治座など芝居小屋周辺には飲食の屋台が並んでいたそうです」と5代目の吉益敬容(たかひろ)さん(46)。

お知らせ(更新情報)

2018年カレンダープレゼント

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。