私のイチオシコレクション

写実絵画 ホキ美術館

作家の主張が入る「リアル」

野田弘志「崇高なるもの OP.6」 2016年

野田弘志「崇高なるもの OP.6」 2016年

  • 野田弘志「崇高なるもの OP.6」 2016年
  • 原雅幸「薄氷の日」 2017年

 例えば写実画家2人が、同じレモンを描いたとします。どちらも本物そっくりですが、そこには「自分にはこう見える」という画家の主張が入り、全く違う作風になる。また、虚実を交ぜて描いても、そのリアルさから、鑑賞者に現実のものと思い込ませる力がある。そこに写実絵画の面白さがあります。

 19世紀に写真が誕生するまで、絵画は物の質感を伝える一番の手法でした。写実主義の代表といえばフランスのクールベ(1819~77)で、社会や自然を理想化せず、見たままに描きました。その後、写実の役割は写真にとって代わられますが、日本でも戦後、写実に注目する画家が出てき始めました。

 当館は日本初の写実専門美術館として2010年に開館し、現役の日本人作家を中心に約50人の480点前後を所蔵。開館に際して特別な展示室を作りたいと、複数の画家に自分の代表作と言える100号以上の大作を依頼しました。

 野田弘志の「崇高なるもの OP.6」はその一枚。ノーベル化学賞受賞者の野依良治(のよりりょうじ)さんを描いています。ただ立っているだけの姿ですが、おおらかな人間性までをまとわせるのは、画家の力だと思います。もう一枚は原雅幸の「薄氷の日」。自身が住む英国エディンバラの運河の景色です。館職員が現地に行くと、川幅も狭く、絵とは異なる印象の場所だったとか。「写実」に見えながらも、作家の見方や思いがこもった作品なのでしょう。

(聞き手・中村さやか)


 《ホキ美術館》 千葉市緑区あすみが丘東3の15(TEL043・205・1500)。午前10時~午後5時半(入館は30分前まで)。(火)休み。紹介した2作品は2020年11月中旬まで展示予定。

保木さん

館長 保木博子

 ほき・ひろこ 医療品メーカー創業者の父とともに、写実絵画を収集。年に2度、自宅で近隣住民に公開したのが、開館のきっかけ。2013年、館長に就任。

(2018年5月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私のイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
ドイツ表現主義 高知県立美術館

ドイツ表現主義 高知県立美術館

20世紀初頭のヨーロッパでは産業化への反発が高まっていました。そんな中、ドイツで自然回帰や南国への憧れを抱き、自身の「主観」を大事にする芸術集団が結成されます。これがドイツ表現主義美術の始まりです。

北斎 すみだ北斎美術館

北斎 すみだ北斎美術館

江戸の浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849)は、現在の東京都墨田区で生まれ、生涯のほとんどをその周辺で過ごしました。同区で2016年に開館した当館は、北斎とその一門の作品など約1800点を所蔵しています。

新版画 町田市立国際版画美術館

新版画 町田市立国際版画美術館

日本の版画史で、近代は一つの転換期といえます。明治になると浮世絵が衰退し、職人が分業してきた彫りや刷りの工程を1人の作家が一貫して担う創作版画が誕生。大正時代には、浮世絵の伝統と西洋の表現を兼ね備えた新版画が生まれます。

絵巻物 五島美術館

絵巻物 五島美術館

物語や伝記を詞書(ことばがき)と絵で描いた絵巻物は、平安・鎌倉期に盛んに作られました。1960年開館の五島美術館は、古写経を好んだ実業家・五島慶太のコレクションを核に、書や陶磁など約5千件を所蔵していますが、中でも目玉の一つが国宝「源氏物語絵巻」。

新着コラム 一覧を見る
「ヒナゲシの活(い)けられた花瓶」

美博ノート

「ヒナゲシの活(い)けられた花瓶」

風景画を愛好したモーリス・ド・ヴラマンク(1876~1958)だが、静物画も繰り返し描き続けている。

Locus of Time 3 田辺武作(山口県宇部市)

アートリップ

Locus of Time 3 
田辺武作(山口県宇部市)

山口宇部空港に接し、青々とした芝生が広がるふれあい公園。子どもが走って行く先に、不思議な赤い彫刻があった。

東京ステーションギャラリー

気になる一品

東京ステーションギャラリー

大正ロマンを代表する画家竹久夢二(1884~1934)の全貌に500点超の展示品で迫る「夢二繚乱」(7月1日まで)。ショップでは、代表作をパッケージに使用した入浴剤が人気。

どぜう飯田屋@浅草

街の十八番

どぜう飯田屋@浅草

下町情緒が残る浅草。雷門1丁目交差点で国際通りを東から西に横断して浅草菊水通りに入り、最初の路地を右折すると「どぜう」と書かれた看板が目に飛び込んでくる。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。