おんなのイケ麺(めん)

いとうあさこさん
「蕎(そば)や 月心(つきごころ)」の
冷(ひや)かけすだちそば

「蕎(そば)や 月心(つきごころ)」の冷(ひや)かけすだちそば

「蕎(そば)や 月心(つきごころ)」の冷(ひや)かけすだちそば

  • 「蕎(そば)や 月心(つきごころ)」の冷(ひや)かけすだちそば
  • いとうあさこさん

 40代に入った頃、おそば屋さんで飲むことにあこがれをもっていたんです。ここはその頃知りました。カウンター席がほとんどの小さなお店です。

 毎回つまみでそば焼酎のそば湯割りを飲んだ後、締めにおそばを頂きます。季節限定の冷たい「すだちそば」には衝撃を受けたんです。スダチの薄い輪切りが並んだ見た目のきれいさ。おだしの香りがするおつゆに、スダチの爽やかな香りと酸味。果汁だけでなく、皮ごと食べられる。「こんなおそばがあるんだ!」って。

 年を取ってきたら味はもちろんですが、お店の雰囲気も重要になってきました。お店の方の接客が過度でなく足りなくもなく穏やかな感じなので、居心地がいいんです。

 普段はほぼ外食。「おいしいね」って言いたいので、必ず誰かと行きますね。飲食の時間は唯一の幸せかもしれません。

 

◆東京都目黒区中町2の44の15(TEL03・3791・1173)。
 1200円(9月末までの季節限定)。
 午後5時半~9時半(現在、昼営業は休止中)。(水)と第3・5(火)休み。


 お笑い芸人。
 6月13日に東京・銀座の博品館劇場で、自身の誕生日会ライブ「発芽玄米 しろくなくてもいいじゃない」を開催。

(2016年5月19日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
「永福食堂」のアラビアータ

仲川希良さん
「永福食堂」のアラビアータ

初めて食べたのは昨年末。お世話になっている雑誌の忘年会での締めのパスタでした。まず黒く焦げた唐辛子に驚いて、最初に感じたのは、アラビアータってこんなだっけ?とびっくりするくらいの香ばしさとうまみ。

「日清食品」のどん兵衛 きつねうどん

森下佳子さん
「日清食品」のどん兵衛 きつねうどん

数あるカップ麺の中でも、長く親しんできた私の相方です。出合いは、1976年の発売当初。大学時代からは家に買い置きしていました。

「いたりあ小僧」のしめじいか(しょうゆ)

山口恵梨子さん
「いたりあ小僧」のしめじいか(しょうゆ)

幼稚園の頃に、初めて「おいしい!」って思った外食がこのパスタ。当時、お店の近くの英会話教室に通っていて、勉強がつらかった時に親がよく連れてきてくれたんです。

坂本真綾さん 「広島のお好み焼 鉄板焼 HIROKI」のしそ・広島ネギ(そば入り)

坂本真綾さん
「広島のお好み焼 鉄板焼 HIROKI」の
しそ・広島ネギ(そば入り)

子どもの頃、広島出身の同級生のおうちで初めて麺入りのお好み焼きを食べた時に、「麺入ってたほうが絶対おいしいじゃん!」って思ったんです。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

6月15日 注目グッズ
「目隠しセキュリティテープ 白」など

大切な書類をコピーやファクスするために、個人情報を一時的に隠したいときにおすすめなのが「目隠しセキュリティテープ 白(コピー・FAX用)」。

根古屋(ねごや)窯@栃木・益子町

街の十八番

根古屋(ねごや)窯@栃木・益子町

ぽってりとした素朴な風合いが魅力の益子焼。最古の窯元である根古屋窯は、人里から少し離れた山のふもとにある。

佐々木充彦さん(漫画家)「羊たちの沈黙」(1991年)

私の描くグッとムービー

佐々木充彦さん(漫画家)
「羊たちの沈黙」(1991年)

連続殺人犯を追うFBI実習生クラリスと、猟奇殺人鬼で元精神科医のレクター博士の奇妙な交流を描いた物語です。実は続編の「ハンニバル」を先に劇場で見て、何が面白いのか訳が分からなかったんですよ。

「パティシェ イナムラ ショウゾウ」の上野の山のモンブラン

オトコの別腹

中村歌昇さん
「パティシェ イナムラ ショウゾウ」の上野の山のモンブラン

モンブランといえばこれ、というくらい僕の「鉄板」です。高校生くらいの時に実家が上野の方に引っ越したので、誕生日ケーキに母がよく買ってきてくれました。高校生の頃から、10年くらい毎年これでした。

☆新コラム☆

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。