おんなのイケ麺(めん)

川田裕美さん
「オカベ」の半田手延めん オカベの麺

「オカベ」の半田手延めん オカベの麺

調理例
「オカベ」の半田手延めん オカベの麺

  • 「オカベ」の半田手延めん オカベの麺
  • 川田裕美さん

 「半田そうめん」は、徳島県つるぎ町の伝統的な手延べそうめんです。地元大阪の放送局アナウンサーだったころに初めて食べました。先輩と行った大阪市内の小料理屋で締めに出てきて、おかみさんいわく「そうめんの概念が変わる」。その通り、そうめんとうどんの間くらいの太めの麺と、しっかりしたコシに驚きました。のどごしもツルツル。あまりのおいしさにとりこになり、つるぎ町のオカベさんの乾麺を取り寄せるようになったんです。

 仕事で遅く帰ったときは、温かいおつゆで食べるのが定番。温めても麺のコシが残るところがいいですね。ショウガのすりおろし、プチプチの白ゴマ、すりゴマをたっぷり入れるのが好きです。仕事仲間や実家におすそ分けしても喜ばれますよ。

 フリーになり、上京して2年半。最近は地元に恩返しがしたいと思うようになりました。これを食べると大阪時代を思い出します。笑いの街で育った私だからこそ、アナウンサーながらも、視聴者の皆さんに笑顔を届けられるような仕事もしていきたいです。

 

◆乾麺タイプは、90グラム×3束432円(送料別)ほか。
 電話かファクスで注文可。
 問い合わせはオカベ(0120・643923、FAX0883・64・2570)。
 全国の物産展でも販売。


 かわた・ひろみ フリーアナウンサー。
 2015年に読売テレビを退社して、フリーに。「1周回って知らない話」(日テレ系)ほかに出演中。

(2018年1月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「おんなのイケ麺(めん)」の新着記事 一覧を見る
夏木マリさん 「玄」の梅たたきの水蕎麦(そば)

夏木マリさん
「玄」の梅たたきの水蕎麦(そば)

細く長く付き合いたいと思うから、昔からお近づきになりたいと思った人とは、麺料理を一緒に食べるんです。良いご縁が出来る気がして、私にとってはラッキーフード。

「そば舎(や)あお」のせいろそば

アン・サリーさん
「そば舎(や)あお」のせいろそば

自然の中を歩くことが好きで、埼玉は飯能の山もお気に入りの一つ。散策した帰りに寄ったのがきっかけで、こちらには足しげく通っています。お店は平屋の民家風。外壁は青く、白いのれんに小さく店名の「あお」と書かれています。

「チョップスティックス」の牛肉とトマトのフォー

奥村愛さん
「チョップスティックス」の
牛肉とトマトのフォー

10年ほど前、海外公演でベトナムを訪れました。現地のオーケストラと、約2週間でハノイからホーチミンまで5カ所を巡りました。それぞれの地域でしか味わえないような麺類を食べるのが楽しみでしたね。

「桂花(けいか)ラーメン」の桂花拉麺(ラーメン)

坂ノ上茜さん
「桂花(けいか)ラーメン」の
桂花拉麺(ラーメン)

私は熊本出身です。「桂花ラーメン」と言えば、地元では知らない人がいないほど、有名な熊本ラーメンのお店。初めて食べたのは小学生の頃だったかな。

新着コラム 一覧を見る
小森邦衛「真塗円盆(しんぬりまるぼん)」

美博ノート

小森邦衛「真塗円盆(しんぬりまるぼん)」

漆黒とは、艶(つや)めく黒色のことをいう。漆塗りの本作「真塗丸盆」は、まさに漆黒の奥深さが味わえる一品。

エコール・ド・パリ【下】 北海道立近代美術館

目利きのイチオシコレクション

エコール・ド・パリ【下】 北海道立近代美術館

エコール・ド・パリの画家の多くは、第1次世界大戦前後に故郷を離れ、各国から集まった異邦人でユダヤ系が中心です。戦争に翻弄(ほんろう)されながらも、自己の表現を探究しました。

太陽の橋 福田繁雄作(福岡県北九州市)

アートリップ

太陽の橋 
福田繁雄作(福岡県北九州市)

小倉駅から小倉城に向かって大通りを歩いていくと、突然色とりどりに彩られた橋が現れた。

国立歴史民俗博物館

気になる一品

国立歴史民俗博物館

国立歴史民俗博物館が所蔵する「洛中洛外図屏風(びょうぶ) 歴博甲本」(重要文化財)。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。